ストレスが生み出す3つの異常と心の病

ストレスがあると、下記のような3タイプの異常が表れます。
どれが表れやすいかは個人差がありますが、どの異状もストレスにより心の働きが
不安定になっているということは共通しています。
ただ、その不安定さが心に出る場合もあれば、不安定さに気づかなかったり、我慢
をしていると身体や行動に異常が現れることもあります。

精神の異常
うつ、不安障害、パニック発作、不眠、ヒステリー、物忘れ、記憶の錯誤、イライラ、
孤独感 無力感、など

身体の異常
胃痛、アトピー、喘息、頭痛、手足の痺れ、円形脱毛症、自律神経失調症、食欲不振、
めまい など

行動の異常
摂食障害、パチンコ依存、買い物依存、痴漢、万引き、不登校、出社拒否、暴力、
爪噛み、抜毛、 など

誰にでも心の病になる可能性がある

誰もが大なり小なりストレスを抱えて生活しているので、ストレスは解消しながら
生活をして、ストレスをため込まないということが大切です。

心の病であるとわかっていてもカウンセリングに行くことも、精神科や心療内科に
行く抵抗を感じている人もおられますが、心が不安定、不健康なまま生活している
のはもったいないことです。
限りある時間を有効に、有意義に過ごすためにも、自分の心を健康かつ健全に保つ
ことが大切で、そのためにカウンセリングを活用していただければと思います。