カウンセリングの卒業

カウンセリングを終えるタイミング

カウンセリングを受けるにあたって、いつまで通う必要があるのかということは
気になる点だと思います。
実際に、予約の際に質問を受けることも多いのですが、具体的な話を聴かせて
いただいていない段階ではカウンセリングを終える目安をお伝えすることは
難しいのです。

そのためこのページでは、カウンセリングの経過についていくつかのパターン
を取り上げてみました。

実際のカウンセリングの経過一例

  • 悩みが解決したのでカウンセリングを卒業する
  • 定期的に来談することは終えるが、必要な時に利用する
  • 悩みは解決したが、カウンセリングを受けるメリットがあるので続ける
  • 当初の悩みは解決したが、他に相談したいことがあるので通う

 

主に上記の4つが、カウンセリングがある程度順調に進んだ上での経過の
パターンです。

 

カウンセリングに通い続ける必要はない

カウンセリングを受ける目的は人によって違うので、自分にとって目的が
果たされたと感じたのであれば通い続ける必要はありません。
自分なりにカウンセリングを卒業するタイミングだと気づいたら、遠慮
なくカウンセラーに伝えましょう。

カウンセラーも同じ気持ちなら卒業することを同意してくれます。
ただ、もう少し通った方がいい、こういう状態になるまで通った方が
良いと思っていたら、プロとして意見をお伝えします。

カウンセリングは止めなくても良い

カウンセリングを受けている方の中には、受け続けていると心理状態、
体調が良いという理由や仕事が上手くできて収入が上がったという
理由、時々自分のことを話す時間を持つことは大切だと感じたという
ことでカウンセリングの継続を希望される方もおられます。

それについても意思を尊重して、継続して来ていただくようにして
います。
カウンセリングは、自分に対する時間とお金の投資でもあるので、
自分がその必要性を感じたのであれば、活用して頂けると嬉しく思い
ます。書いてあることを参考に
して下さい。

カウンセリングは必要な時に使えばいい

カウンセリングは、卒業しても良いし、受け続けてもいい、その上
一旦卒業しても必要だと感じたら利用していただければ良いと考え
ています。

実際、AXIAには、過去に通っておられた方が何年かぶりに相談
に来られることも多々あります。
自分の人生の節目で上手にカウンセリングを利用されているのです。

人間の悩みや課題には、誰かにサポートを受けた方が解決の時間が
ずいぶん短縮できる場合があります。
カウンセラーに相談することでスムーズに進みそうなことがあれば、
いつでもご連絡下さい。

 

 

カウンセリングとは何か  ・カウンセリングのルール       ・カウンセリングの効果
カウンセリングの副作用  ・病院とカウンセリングルームの違い  ・カウンセリングの卒業
無料カウンセリング

カウンセリングオフィスAXIAのトップページへ

カウンセリングの予約