カウンセラーに知識が必要な理由

カウンセラーは、どのような学校でカウンセリングを学んだとしても、プロとして
活動するためにはある程度の知識が必要となります。
カウンセラーに知識が必要な理由は、カウンセリングの安全性と専門性が知識に
よって高められるからです。

カウンセリングと安全性

安全性は、カウンセラーの知識によって、人の心理の仕組み、心理的負荷とは、
性格の違い、ストレスレベル、病状、などに配慮して行われることで保たれ
ます。
カウンセラーが無知である場合、不適切な言葉を使ったり、内容は良くても
心に負荷を与えるタイミングでアドバイスをしたり、病状に合った提案が
できないということが起きてしまいます。

人間の心の状態は、アプローチによって一瞬で状態が変わることもあるので、
人の悩みの相談を受けるカウンセラーは、さまざまな角度からクライエント
の心に配慮するための知識が必要となります。
カウンセリングで安全性を保つことは、悩みを改善する以上に大切です。

カウンセラーの専門性

専門性は、心理学、精神医学、性格学、脳科学などに関して学術的な知識
を得ること、カウンセリングを含め多くの人の話を聴くこと、悩みの改善
の経過に関わること得られる知識によって高まります。

クライエントの話に対して感情的を受け止め、肯定的、共感的に対応する
だけでなく、自分の頭の中にある学術的、経験的な知識と照らし合わせて
クライエントのことを理解していくことが必要です。

カウンセリングでは、家族や友達、職場の同僚などには話せない、話を
しても解決につながらないと思える話を聴くことになるので、その内容
を深く理解するための知識は必要不可欠です。

 

学術的な知識、経験的な知識

カウンセラーに必要な知識を大きく分けると学術的な知識と経験的な
知識に分けることができると考えています。
その2つは学術的な知識経験的な知識です。
どちらの知識も必要で、その重要性をしっかりと理解しているからこそ
良いカウンセリングができるのです。
しかし、知識が足りない場合、カウンセリングに偏りが出てきます。

下記では、知識が足りない場合はどんなカウンセリングになる恐れが
あるかについて説明しています。
条件としては、どちらかの知識は欠けているが、一方の知識はプロと
しての条件を満たしているレベルであると認識して読んでみて下さい。

学術的な知識が足りない場合のカウンセリング

学術的な知識が足りなければ、カウンセラーが自分自身の人生経験
や過去のカウンセリングの経験によってカウンセリングを進めて
しまいがちになります。

さらにカウンセリングに関する重要な知識が不十分だと、話を聴く
ことによってクライエントに表れる効果を信頼できず、話の重要な
部分に触れる前にアドバイスをしてしまい、クライエントを気づき
や洞察に導けないカウンセリングになってしまいます。

また、心の病についての知識が乏しいと、病院に行くことを勧める
必要があるクライエントに対して、カウンセリングだけで改善に
導こうとして状態を悪化させてしまう可能性もあります。

いくら話を聴くことが上手くても、これまでにいろんな人の相談に
対応してきたとしても、カウンセリングは経験によって得た知識
だけでできるものではないことをカウンセラーはよく理解しておか
なければなりません。

経験的な知識が足りない場合のカウンセリング

経験的な知識が足りない場合も偏った対応のカウンセリングに
なってしまう点は学術的な知識が足りない場合と変わりません。
クライエントの話を学術的な知識とだけ照らし合わせてしまう、
その結果、そのクライエント特有の事情を確認できていないまま
学術的な観点からのアドバイスをしてしまうということが起こり
ます。

クライエントが抱えている症状や状態は、学術的な名称に当て
はめることはできたとしても、現状に至るまでの経緯や理由は
クライエント個人が抱えている特有のものです。
その事情をしっかりと確認しないままアドバイスをすると的外れ
なアドバイスになる可能性があります。
また、クライエントは、しっかりと話を聴いてくれるからこそ
カウンセラーを信頼することができるので、信頼できていない
段階でいくら正しいアドバイスを提供しても受け入れてくれない
ということもカウンセラーは知っておくことが重要です。

また、カウンセリングは、模範的なカウンセリングをすることに
よって悩みの改善に導くことができることもありますが、性格や
体質、育った環境、人間関係など、クライエントは特有の事情を
抱えてカウンセリングに来られているので、柔軟なアプローチが
求められることもあります。
カウンセリングの中で柔軟なアプローチができるかどうかは、
経験の差が影響します。
経験的な知識が多いということは、カウンセリング技術の幅が
広いということでもあるのです。

まとめ

カウンセラーにとって知識は重要ですが、急に知識が豊富になる
わけではありません。
多くのカウンセラーは、学術的にも経験的にも最低限の知識で
プロとしてのキャリアをスタートします。

そこで重要なことは、自分は現在どの知識なら豊富で、どの知識
が不十分かを知っておくことです。
それが丁寧なカウンセリングを行うための自分に関する知識でも
あります。
カウンセリングは、丁寧なカウンセリングを行おうと心掛けている
カウンセラーに依頼することが望ましいと思います。

カウンセラーは、『自分が何を知っていないかを知る』ということ
も1つの知識なので、その知識を持ってカウンセリングをすること
を心掛けることが重要だと思っています。

 

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA