良いカウンセラーの見つけ方

カウンセリングを受けてみたいと思った時、どのような点でカウンセラーを見極めれば良いのでしょうか。
このページでは、プロカウンセラーがカウンセラー探しののためのカウンセラーを見極めるポイントについて説明しています。
ホームページを見る時、下記のようなポイントを確認して下さい。

カウンセラーの口コミや評判と人気という記事では、カウンセリングは口コミや評判が生じにくいため、ある程度はカウンセラーの質を見極めることができることが望ましいということを書きました。

このページに書いてあることは、カウンセラーを見つける判断基準にして頂ければと思っています。

カウンセラー探しのポイント

  • カウンセリング実績
  • プロフィール
  • 考え方
  • 専門的な知識

カウンセリング実績

実績は、確実なものを確認するのは難しいのですが、カウンセラーの中にはホームページにしっかりとカウンセリングルームの概要があり、そこに開業した年月日を掲載しています。
そこからある程度はカウンセリングを行ってきた期間を判断できます。
ただ、他の仕事をしながらカウンセリングルームを維持しているカウンセラーもいるので、臨床数がどれくらいかは明確に調べることは難しいです。
カウンセリングの件数が多くて忙しいカウンセラーであれば週に5〜6には営業しているでしょう。

何年もカウンセリングルームを運営していて、毎日予約が途切れないカウンセラーなら1年間だけでも少なくても500件ほどの臨床経験を積むことができると思います。
臨床経験とは、実際にプロとしてカウンセリングを行ってきた経験です。

臨床経験が多く、その中でクライエントの悩みを解決した回数が多いほど、多くの事例とそれに対する対処の方法を知っている可能性があります。
同じ知識を持っているカウンセラーであれば、より臨床経験の多いカウンセラーを選ぶ方が安心ではないかと思います。

ただ、カウンセリングルームを長くやっているからといって臨床経験が豊富だとは限りません。
ホームページに書いてある臨床経験も本当であるとは限らないので、カウンセラーの本当の臨床経験を明確に知る方法はないのですが、ホームページやブログを読み、掛かれている文章の内容から本当に実績がありそうか判断して下さい。

プロフィール

プロフィールは、まず写真を見て下さい。
写真を見た印象である程度は判断してもらっていいかと思います。
カウンセラーは心理学を学んでいるので、どのような写真を掲載することがカウンセリングを求める人に安心して頂けるのかを考えています。
そこを考えずに写りの悪い写真を掲載したり、写真を掲載しないというのはカウンセリングを受ける方の立場を考慮していないと言えます。
事情があって写真を掲載しない方もおられるかもしれませんが、写真を掲載しているカウンセラーの方がプロとしてやっていく覚悟は高い場合が多いのではないかと思います。

プロフィールの内容に関しては、自分の個人的なことではなくカウンセラーとしての専門性や実績など、カウンセラーを選ぶ人の手掛かりとなることをしっかりと書かれているかどうかを判断して下さい。
自分の過去や性格のことがたくさん掛かれている場合はあまりお勧めしません。

人間性

実は、カウンセラーの人間性は、カウンセラーを選ぶ基準としてとても重要です。
しかし、人間性を把握してカウンセラーを選ぶことは難しいと思うので、下記のような視点でカウンセラーの人間性について推測してもらうと良いのではないかと思います。

少なくとも一定の知識を得るために勉強を継続できる、プロとして多くの人に必要とされているという点は、専門知識と臨床経験で測れます。
そのため、専門知識と臨床経験を高める努力ができるという点で、カウンセラーの人間性に対してある程度の信頼ができると考えられます。

カウンセリングを行う上で人間性はかなり重要なので、カウンセリングを受けた時にカウンセラーの人間性に疑問を感じたら、他のカウンセラーを探すという選択肢を持って頂いた方が良いかと思います。

専門的な知識

カウンセラーは話を聴くことが重要で、話を聴くこと自体が悩みの解決につながることもありますが、時には専門性な知識に基づくアドバイスをする必要があります。
じっくりと話を聴いてくれたとしても、知識なしで聴くのと知識を持って聴くのとでは大違いです。
カウンセラーの知識の有無もホームページやブログからある程度は確認できます。

弊社では、話を聴くことは当然大切にしていますが、クライエントによって必要な知識を提供できるよう研鑽を積むことをカウンセラーに求めています。
実際に適切な知識を得ることは、心の病の改善に有益だという研究結果もありますし、私達も日々のカウンセリングの中で実感しています。

カウンセラーの資格

カウンセラーがどのような資格を持っているかは、気にされる方もおられるので、資格についても説明しておきます。
はっきりと言えることは、どんな資格を取ったとしてもプロとして活動するには資格取得以降にどれだけ勉強をするかということが重要です。
また、試験に合格するために必要な知識と実際のカウンセリングの現場に必要な知識はイコールではありません。
そのため、プロのカウンセラーとしての専門知識と臨床経験がカウンセラーを選ぶ判断基準として優先順位が高いと考えています。

臨床心理士や公認心理師を取得するには、一定の勉強量が必要ですが、さまざまなカウンセリングスクールが発行しているカウンセラー資格については、必要な勉強量はかなり違いがあるので、資格で選ぶというのはあまり参考になりません。
臨床心理士や公認心理師なら大ハズレはないと言いたいことろですが、その根拠も乏しいです。

弊社には、複数の公認心理師が在籍していますが、資格を持っていることに甘えず勉強を続けるように指導しています。
どんな資格を持っていたとしても、臨床経験の中で学ぶ必要が出てきたことを学ぶ姿勢を持ち続ける人にしかカウンセラーは務まらないと考えています。

悪いカウンセラーを選ばないために

カウンセラーを選ぶポイントを踏まえて、悪いカウンセラーを選ばないためのポイントを説明したいと思います。

悪いカウンセラーの特徴

悪いカウンセラーは、まず不誠実です。
ホームページに実績や経験など、嘘ばかり書いています。
さらに無料カウンセリングを行って、その際にカウンセリングの回数券を売りつけたり、カウンセリングとは関係のないものをカウンセリングの中で売りつけようとしたりします。

あとホームページに自分のことばかり書いているカウンセラーは注意した方が良いのは、自己愛が強すぎる傾向が見て取れるからです。
カウンセリングを受ける人に自分のことを知っておいてもらった方が良いという点はありますが、読んでいて疑問に思う自己アピールが書いてある場合は
気を付けて欲しいと思います。

知識のないカウンセラーも問題です。
カウンセリングには、精神病の方やストレスによって体の不調が出ている方も来られるので、精神医学や脳科学の知識は必要です。
あと人の成長をサポートする上では、性格と脳の関係についての知識も必要です。
あとは、さまざまな相談内容に関してそれぞれの知識と持っていないとカウンセリングはできません。
年間数冊しか本を読まないというようではカウンセラーは務まりません。
しっかりと知識を持ったカウンセラーを探して下さい。

まとめ

カウンセリングを受けたいと思った時、良いカウンセラーを見つけるためにはこのページに書いてある基準を参考にして下さい。
基準を持った上でカウンセリングルームのホームページを見るとある程度の見極めはできるようになると思います。
全てがホームページから判断できるわけではありませんが、何の基準もなく判断するよりは良いカウンセラーを選ぶことができる確率は上がるでしょう。

反対にカウンセリングルームに対する口コミや評判がネット上に書いてあっても、自作していたり、口コミを各専門業者が書いたものであることも多いので、参考にする時は注意が必要です。
また、クライエントの声については、守秘義務を考えると載せるべきものではないので、あまり判断基準にしない方が良いと思います。

カウンセリングルームを探す時は、少し労力は必要ですが自分の目でホームページをよく読み、自分の感覚で判断することをお勧めします。


カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA