お昼休みにの食事が苦痛という方へ

会社のお昼休みに、同僚や部下と食事をするとなると、何を話していいのかわから
ないので昼休みが辛くて苦痛だという人がいます。

仕事中であれば話す内容は明確で、仕事の依頼をしたり、依頼を受けたり、報告を
するなど、他人と共通の内容の話が多いのですが、お昼休みになると自由に話をして
良いことは頭では理解していますが、どんな話題が適切かを考えると何を話していい
のかわからなくなるようです。
相手が上司なら、仕事の話をしてくれるので多少面倒だと思っても聴いてさえいれば
終わると思うと気が楽です。
しかし、同僚や部下となると何を話していいのかわからないのです。

トイレに逃げ込む人もいる

お昼休みに雑談をしながら昼食をとるのが苦手な人の中には、トイレに逃げ込むこと
によって誰かと食事をすることを回避する人もいるそうです。

普通はトイレで食事をする方が抵抗を感じると思いますが、雑談をすることが苦手
な人にとっては、誰かと食事をするよりもトイレで食事をする方がましなようです。
それほど昼休みの食事の時間に同僚と何気ない会話をすることが苦痛なのです。

トイレに逃げ込むことがおかしいということではなく、それほど辛いことだと周囲
には簡単に理解してもらえない点もつらいと思います。

雑談恐怖症かもしれない

人と会話をすることが苦手だという自覚をがある上に、それを避けるために本来は
誰もが嫌がりそうな状況を選択してまで、お昼休みの同僚や部下との食事を避ける
のは、雑談恐怖症であるからかもしれません。

雑談恐怖症は、対人恐怖症の一種であり、本当は雑談をすること自体に恐怖を感じて
いるのではなく、人に受け入れられるかどうかという強い不安を持っている人が、
受け入れられないことへの恐怖を持っている状態です。

これは家族や親しい友人に対してよりも、職場の同僚や部下といった自分のことを
認知しているが、特別親しいというわけではない関係の相手に対して抱く感覚です。

雑談恐怖症の人の特徴

雑談恐怖症の人は、他人といると何を話すことが正しいのか悩んでいるうちに何も
話せなくなってしまうという特徴があり、自分が話したいことではなく、他人が
何を聴きたいのだろうかということを考えてしまっています。

本来、雑談というのは適当なことを話しているようで、話をしながら他人がどんな
話をしたいのかを感じ取り聞き手に回ったり、自分の話に興味を持っているよう
なら話し手に回ったりと、無意識に話をする主導権を譲りあっているのですが、
雑談恐怖症の人は話をしながら話す内容が決まって行くという感覚を持っていません。
人が望む話をしなければと考え、それがわからないからこそ話し出し辛くなって
しまっています。

また、沈黙を気まずく感じる人が多く、少しでも沈黙になると相手が自分との会話
を面白くないと思っているのではないかと、頭の中が不安でいっぱいになります。
そのため、実際はほんのわずかな間の沈黙でも長く感じてしまう傾向があります。

沈黙しても話したいことがあれば相手が話し出すので、その場合は聴き役になれば
いいとは考えられていないようです。

雑談恐怖症の克服とカウンセリング

雑談恐怖症の克服は、決して雑談が上手くなることではありません。
雑談恐怖症を克服するには、まず自分の心の中にある人に嫌われるのではないか
という不安、他人に受け入れられたいという思いを自覚することが大切です。
自分の中にそういう気持ちがあることを受容して、その上で他人との会話について
考えていく必要があります。

コミュニケーションには、テクニックというものもあり、それを知ることも必要
ですが、まず知るべきは自分の本心であり、望みです。
他人に嫌われたくない、実は人とと仲良くしたい、友達が欲しいという思いがある
ことは、決して恥ずかしいことではありません。

カウンセリングは、カウンセラーと対話をする機会ですが、実は雑談恐怖症の方
もたくさん相談に来られています。
そして、カウンセリングの中ではたくさん話をして下さいます。
さらにその話は結構面白かったりもします。

雑談恐怖症の方は、本人が思っているほど話が下手でもないし、つまらない話を
しているわけでもないのですが、自分の素を見せることに抵抗があるばかりに
うまく会話ができなくなっているケースが多いように感じます。

カウンセリングでは、自分の知らない一面に気づき、雑談恐怖症を克服できる
ようにカウンセラーが話を聴かせていただきます。

対人恐怖症に関するコンテンツ

対人恐怖症のカウンセリング|大阪のAXIA