なぜ対人恐怖症になるのか

対人恐怖症という心の病は、人間自体が怖いのではなく、他人に嫌われることが怖い
と感じて、それが日常生活に影響を及ぼすレベルである状態です。

対人恐怖症になってしまうのは、人間の意識は思春期を境に社会の中で関わる人を
親しく安心できる人、話はするがあまり親しくない人、お互いに認知しているが
ほとんど話さない人、知らない人という感じで、分類するようになります。
このような分類が生じると、他人の視線、他人の評価というものが大なり小なり
気になり始めます。

そして、その上で幼少期からの体験で自尊心が十分に育っていなかった場合、
気になってしまう他人の視線や評価を自分に対して否定的なものだと決めつけ
やすくなってしまいます。
幼少期から、自分に自信を持つことができていなかったことが、思春期に起きる
他者意識の分化に伴って、自分は他人から否定的な視線や評価を受けるものだと
結論付けられてしまうのです。
その結果、人前で話ができない、何気ない会話ができない、人の視線が怖いと
いう感覚を持つようになってしまうのが対人恐怖症なのです。

対人恐怖症になることは珍しいことではない

自分が対人恐怖症であることを自覚している人、自覚していない人を合わせると
世の中の7人に1人程度は対人恐怖症になると言われています。

人によって程度は違いますが、対人恐怖症の心理的特徴を抱えていて、それが
生活を送る上で支障をきたす人たちと対人恐怖症の特徴を持っているが生活に
支障が出るほど困っていないという人を合わせると7人に1人くらいになるそう
です。
その中で自分は対人恐怖症だと自覚し、病院に治療を受けに行く、カウンセラー
に相談に行くという人は、対人恐怖症に該当する人の1割以下だそうです。

このページを見ておられる方も、自分自身が、周囲の友人が、家族が対人恐怖症
だという方かも知れません。
もし、あなたや周囲の人が対人恐怖症の可能性があり、生活の中で困っている
のであればカウンセリングを検討して下さい。

対人恐怖症のカウンセリング

対人不安、対人恐怖を抱えた方のカウンセリングでは、まずはどのような感覚を
持っておられるのかについてよく話を聴かせていただきます。

その中で、自分がどのような思いで人を見ているのか、何を怖がっているのか、
対人不安や対人恐怖を克服できれば、どうしたいと思っているのかなどについて
話してもらったり、考えていただきます。

また、対人不安や対人恐怖という感覚が生まれる理由、人との関係性の作り方、
コミュニケーションの技術、などに関して、聴かせていただいた話をもとに、
その人に必要な情報、アドバイスを提供させていただきます。

一言に対人不安、対人恐怖症と言っても、自覚できる状態だけでも上記のような
種類があり、それが生じた理由などを合わせるとかなり個人で事情がかわって
来るので、しっかりと話を聴かせていただくことを念頭にカウンセリングを行って
います。

カウンセリングをご希望の方へ

料金設定
※料金はすべて税込み価格です

面談カウンセリング
代表が担当
・60分コース  10000  ・90分コース  13000
スタッフが担当
・60分コース  8000   ・90分コース  11000

カウンセリングの時間超過について10分 1000円(税込)の延長料金をいただいて
おります。
詳しくはこちら

電話カウンセリング
代表が担当
・30分コース  7000  ・60分コース  10000
スタッフが担当
・30分コース  5000  ・60分コース  8000

カウンセリングの延長はできません。
詳しくはこちら