サービス・料金一覧|カウンセリングは大阪のAXIAへ(大阪 南森町)

「ありのままでいい」が許されない社会をどう生きていくか

メンタルヘルス対策支援サービス

公認心理師によるメンタルヘルス対策


2015年に労働安全衛生法が改正され、50名以上の労働者を抱える企業のストレスチェックが義務化され、労働者が50名以下の企業は努力義務となりました。
これは企業、法人がメンタルヘルス対策を定着させ、労働者の心の健康を守っていくことの必要性が示されているということでもあります。

株式会社AXIAでは公認心理師によるメンタルヘルス対策推進のサポートを行っております。
豊富なカウンセリング、コーチングの実績をもとにメンタル不全のケアから心の成長までを視野に入れたメンタルヘルス対策を行っています。

※メンタルヘルス、コミュニケーション、新人研修などの研修も行っています。
       ↓
【法人向け研修、講演の講師依頼はこちら】

メンタルヘルス対策の3つの目的

  • 心の健康維持と促進
  • 労働者が安心して働ける環境作り
  • 企業防衛

労働者の心の健康を維持促進することは、働くための活力を維持促進することにもつながるので、組織の活力を高めていくことにもなります。
仕組みの面でも意識の統一という面でも、労働者が安心して働くことができる対策を行っていくことが企業の力を維持してくれるのです。

メンタル不調をきたしても適切な対応と復職の機会や仕組みがあるということ、ハラスメントを無くそうという意識が組織内にあるということが、労働者が安心して働くことができる環境作りにつながります。

労働者が安心して働けるということは組織への不満が生まれにくいということでもあり、メンタル不全者に掛る経費、訴訟などのリスクを軽減することにもつながります。

AXIAのメンタルヘルス対策の強み


私達は心の悩みに対するカウンセリングから、心の成長のためのコーチングまで幅広く対応してきた実績があります。
心の悩みは、うつ病、不安症、依存症などの心の病や家庭や職場などの人間関係の悩みなどの相談を受けています。
心の成長は、心の悩みで相談に来た方が良い状態を維持するためのカウンセリング、アスリートやビジネスマンのコーチングという形で支援をしています。

企業のメンタルヘルス対策は、心の悩みの中の心の病だけに焦点が当たっている場合が多いのですが、その背景にある家庭や職場の問題、復職後の状態を支える心の成長という点へのアプローチが不十分だと上手く機能しないと思うのです。
私達は、このようなメンタルヘルス対策の課題を踏まえた上でサービスを提供することを意識しています。

日常で行っているカウンセリングやコーチングの経験から、心の悩みから心の成長までアプローチできるという点が私達の強みであり、弊社のメンタルヘルス対策の特徴です。

メンタルヘルス対策は企業成長の土台


メンタルヘルス対策は、企業を成長させるために必要な土台を作る取り組みでもあります。 なぜなら、人間は自分の力を発揮するためには心理的安全性というものが確保されていることが条件になるからです。
心理的安全性とは、組織の中で安心して自分の気持ちを伝えたり、行動することができるための要素です。
企業の中では、下記のような理由によって心理的安全性が脅かされ、それが企業の成長を止め、悪い場合は衰退することにもつながっていきます。
  • メンタル不全への理解度が低い
  • パワハラ、セクハラなどハラスメントが横行している
  • 前例に囚われて挑戦することができない


メンタル不全への理解が低い職場


メンタル不全への理解が低い職場では、限定的な価値観で従業員の取り組み方を評価してしまうので、過度なプレッシャーによって従業員がメンタル不全を引き起こす可能性が上がります。
また、メンタル不全から回復した従業員が、職場復帰をする際に周囲からの反応を気にしすぎてしまい復帰することに不安を感じたり、復帰してから負い目を感じて働くことで、再度調子が悪くなってしまうということが起きやすくなります。

ストレス耐性には個人差があり、メンタル不全の状態にも個人差があるので、メンタル不全への理解が進むことが働きやすい職場づくりにつながります。

ハラスメントが横行している職場


ハラスメントが横行している職場は、従業員が安心して働くことができません。
また人材が流出する理由にもなります。

ハラスメントの問題は、パワハラやセクハラをしている人にあまり自覚がないという点が問題点の1つです。
ハラスメントをしている側に自覚がないし、ハラスメントを受けている側にも正しい知識がないので、自分が強いられている状態を受け入れてしまうこともあります。

ハラスメント研修では、ハラスメントの知識を身に着けて自分達で気づいて改善できる力を身に着けて頂くような話をしています。

前例に囚われて挑戦することができない職場


ある程度の権限を持つ従業員が、自分の判断で結果が悪くなるというリスクをとること、新しい試みへの提案があっても、その提案を評価するための知識がない場合に挑戦することが抑止されてしまいます。

挑戦する気持ちは仕事の楽しみを高めてくれるのですが、挑戦することが望まれない職場だと決められたことを繰り返すだけで仕事へのモチベーションが低下しやすくなります。
このようなケースは、管理職の研修によって部下への関わり方や評価の仕方、責任の所在の明確化の必要性などを学ぶことが望ましいと言えます。


弊社では、メンタル不全だけでなく、従業員のパフォーマンス低下を防ぐことを目的としたメンタルヘルス対策を行っています。


メンタルヘルス対策の内容と料金

カウンセリング料金とルール

社員研修


料金   2時間  50000円~


研修は、内容、人数、場所などにより料金が異なります。
詳しい料金は、打ち合わせの後見積もりを提出させて頂きます。
消費税、交通費は別途頂いております。

訪問によるカウンセリング・コーチング


料金 滞在時間 × 13000円


決められた日時に訪問し、希望者のカウンセリング、コーチングを行います。
1名の相談時間は約50分です。

カウンセリング、コーチングは、経営者や人事担当者から の相談にも対応しています。
自身のメンタル面や仕事のこと はもちろん、従業員のメンタル不全、ハラスメント、人材の育成や活用、メンタルヘルスや人材育成の仕組み作りなどの相談も可能です。

消費税、交通費は別途頂いております。
月末に請求書を発行。

カウンセリング実績があるからこそできるメンタルヘルス


弊社は、年間2000件ほどのカウンセリングを行っています。
そのため、職場のメンタルヘルスに関する相談だけでもさまざまな事例に対応してきた実績があります。
弊社のカウンセラーの臨床経験は、日本全国のカウンセラーの中でも多い方だと思います。
その実績は、企業のメンタルヘルス対策においても活かされると自負しています。

うつ病だけでも、薬と休養が改善に有効なケースもあれば、ストレス原因をなくすことが有効なケースがあります。
それらを話を聴くことで見極めてアドバイスを行うことができます。

個別の事例にも柔軟に対応できるメンタルヘルス対策を提供できますので、メンタルヘルス対策を確立していきたいとお考えの場合は一度お問い合わせ下さい。