病院に行くべきか、カウンセリングルームに行くべきか

精神科、心療内科、カウンセリングルームの違い

心の病や悩みが生じた時、改善のために自分がどんなサポートを受けることが適切
なのかを知っておくことはとても大切です。
対処が違えば、改善できるものも改善できないということになってしまうからです。

しかし、心の病や心の悩みを抱えている状態で、相談すべきところを間違っていると
いう方は少なくありません。
本来は、悩みを抱えた方は専門知識があるわけではないので、間違って相談にいって
しまうのです。

このページでは、自分が心の病や悩みを改善するために相談するところを間違わない
ための情報を掲載しています。

 

精神科と心療内科の違い

まずは、心の病に関係する精神科と心療内科の違いです。

精神科

精神科とは、精神科の専門医がいある病院であり、統合失調症、躁うつ病、うつ病
といった精神病の治療から、アルコールや薬物依存といった依存症の治療を行って
いる病院です。
体の臓器でいうと、脳の働きを薬や習慣改善によって整え、心が健康になるように
助けてくれるお医者さんがいる病院です。

心療内科

心療内科は、主にストレスの影響で神経や内臓の働きが悪くなったものを薬に
よって改善してくれる病院です。
例えば、他の病院に行って異常はないと言われた症状なら、原因がストレスで
ある可能性があるので、そんな時に掛かる病院が心療内科です。

精神科と心療内科は、まったく違う治療をしているというわけではなく、そこに
通っている患者さんは同じような症状を持った人たちですが、その症状が生じて
いる原因によって通うところが違ってくると考えて下さい。

自分が抱えている症状はストレスだなと感じたら心療内科に行って下さい。
特にストレスになるようなことはないのに不安、抑うつ、不眠、イライラが
続いている、幻覚、幻聴、妄想があるという場合は精神科に行った方が良いで
しょう。

 

心の病の病院とカウンセリングルームの違い

心の病の病院は精神科と心療内科で、医師資格を持ったお医者さんがいます。
カウンセリングルームは、カウンセラーがいます。
心の病の病院とカウンセリングルームの違いは、医者とカウンセラーの違いを
説明するとわかりやすいと思います。

病気の診断に関する違い

精神科医とカウンセラーの大きな違いとして、まず医者は病気の診断を下すこと
ができますが、カウンセラーはできません。
心の病に対しては精神障害者手帳と自立支援医療とい制度があり、これを受ける
ためには医師に診断が必要となります。
また、職場を心の病で休職する際の手配、傷病手当の手続きにも、医師の診断が
必要となります。

薬の処方に関する違い

医者は薬を処方できますが、カウンセラーはできません。
心の病は、薬によって症状をコントロールする必要がある場合がありますので、
そのような場合は、通院が必要となります。
お医者さんの一番重要な役割は、心の病に対する対応として脳という臓器を視点
を置き、症状に合わせて適切な薬を適切な量出すことです。

話を聴く目的の違い

お医者さんが話を聴くのは、正しい診断を行うため、そして症状が改善させる
ために適切な種類、適切な量の薬を出すためです。
感情を受け止め、ストレスを緩和し、孤独感を和らげ、気づきを促すという
目的で話を聴いてくれるわけではありません。
その点を期待して病院に行くと、期待外れに感じてしまいます。

自分の現状や心境はカウンセラーに話して下さい。
カウンセラーは、心理的なアプローチによってクライエントの悩みが改善する
ためにサポートをする仕事なので、話をじっくりと聴いてもらえます。

 

カウンセリングルームを活用する理由

上記のことを踏まえて、カウンセリングルームは下記のような理由で活用
していただければと思います。

  • 自分は病院に行くべきか、カウンセリングを継続するべきか知りたい
  • 感情や生い立ち、今置かれている環境について話を聴いてほしい
  • ストレスで症状が出ているけど薬はできるだけ飲みたくない
  • やってはいけない行動を止めることができない
  • 人間関係で悩み続けていて、ストレスを抱えている
  • 自分の性格や行動を変えて、人生をより良くしていきたい
  • 子供、夫、妻、両親など家族のことで悩んでいる

 

心の病かもしれないと感じたら、このページに書いてあることを参考に
して下さい。

カウンセリングとは何か  ・カウンセリングのルール       ・カウンセリングの効果
カウンセリングの副作用  ・病院とカウンセリングルームの違い  ・カウンセリングの卒業
無料カウンセリング

カウンセリングオフィスAXIAのトップページへ

カウンセリングの予約