小児性愛が原因の犯罪を繰り返さないために

弊社では、小児性愛という性嗜好を持った人が犯罪を犯した後に、再犯をしないためにカウンセリングを利用されています。
また、小児性愛という性嗜好があることを自覚して、犯罪を犯す前にカウンセリングを受け始める方もおられます。

性嗜好がどうしても未成年に向いてしまうが、犯罪を犯すわけにはいかないという方は、カウンセリングを通じて自分の衝動を抑止する力を高めていくことが必要となります。

小児性愛という性嗜好自体が罪ではなく、小児性愛者だからと言ってカウンセリングを受ける必要があるわけではありません。
自分は小児性愛者であるという自覚がある人でカウンセリングを受ける必要のある人は、小児性愛から生まれる衝動によって犯罪を犯すかもしれないと悩んでいる方、そして犯罪を犯してしまった方です。

小児性愛(ペドフィリア)という性嗜好

精神疾患の診断基準として、『小児性愛とは、13歳未満の幼児や小児に対して、5歳以上年長の者が性嗜好を継続的に抱くこと』と定められています。
小児性愛による衝動が繰り返し生じることで苦痛を感じていたり、犯罪を犯したことがあるという基準も定められている。
ただ、上記はあくまで医学的な基準であり、犯罪として規定される年齢とは異なります。

小児性愛者=ロリコンと思う人が多いと思いかもしれませんが、精神医学では小児性愛はペドフィリアとも呼ばれています。
小児性愛だからと言ってどの程度が病気と言えるかは難しいですが、小児性愛は医学的な診断名であると言えます。

小児性愛による衝動に苦しんでいる、小児性愛を満たすために不適切な行動をしてしまうという状態なら病気と捉えて改善を試みる必要があります。

小児性愛は生まれつき持っている性嗜好なのか

小児性愛には、子供にしか性的興味を示さない純粋型と大人に興味が向くので近い世代と恋愛関係になることもあるが、性的欲求は子供に対して強いという非純粋型があり、純粋型は遺伝的要因が高いのではないかと言われています。

実際にカウンセリングをしていても、性的な関心が高まる中学生の頃に同級生よりも小学生や幼稚園児に興味があったという話を聴くことがありますが、その話からも遺伝的要素が関係している可能性を感じます。

小児性愛者の割合は諸説あるが、約5%ほどだという意見が多いようです。
性別でみると、男性の小児性愛者の方が圧倒的に多いようですが、女性の中にも小児性愛の強い人はいて犯罪に繋がることもあります。

小児性愛が犯罪につながるのは認知の歪み

小児性愛者と言っても欲求の強さや対象、どんな衝動が生じるのかという点には個人差があり、小児性愛者なら犯罪をするというわけではありません。

小児性愛者で犯罪を犯す人の特徴として顕著なのは、認知の歪みがあるという点です。
カウンセリングをしている中で小児性愛者が持っていると感じる認知に歪みには以下のようなものがあります。

小児性愛者の認知の歪み
  • 子供なら黙っているように伝えたら人に言わない
  • 子供だから大きなショックにならずに済む
  • 子供なら自分のことを否定せずに受け入れてくれる
  • 本や動画を見て自分にもできると思った
  • 子供が自分に好意を持っていると感じていた
  • 子供に性教育を教えているつもりだった

このような認知の歪みによって衝動を行動に移すことを正当化している傾向があり、一度逮捕されても犯罪を繰り返す人ほど認知の歪みが強いと言えます。

女性も小児性愛で悩んでいる人がいる

小児性愛者には女性もいて、その中には犯罪行為につながる衝動がある人、犯罪行為をしてしまった人もいます。
大阪のカウンセリングオフィスAXIAでは、自分中にある小児性愛に悩んでいる女性の相談にも応じています。
女性のカウンセラーも在籍しているので、安心して話をしていただくことができます。

自分の中にある小児性愛を犯罪につなげることはできないと考えているけど、衝動を抑えることが難しい、いつ衝動が行動化するか不安だという女性はカウンセリングをご利用ください。

性嗜好を犯罪につなげないためのカウンセリング

小児性愛者向けのカウンセリングでは、大きく分けると2つのアプローチを行っています。
1つ目のアプローチが認知の歪みの改善、もう1つのアプローチが衝動をコントロールする力を高めることです。

カウンセリングで認知の歪みを改善

認知の歪みを改善しなければ衝動を行動化する可能性が高くなります。
そのため、話をしながら認知の歪みを自覚してもらい、新しい認知に修正するということを繰り返します。
認知の歪みが強い人いにとっては、自分の認知の歪みと行動の問題点を自覚することは辛いので、カウンセリングを中途半端な段階で投げ出してしまう人も多いと言えます。

カウンセリングでは、自分の認知の歪みや問題行動を包み隠さずに話す人ほど良い改善の傾向があると言えます。
カウンセラーに自分の衝動やこれまでの行動について正直に話すことが、過ちを犯さないために必要な取り組みであると言えます。

行動化させないためのカウンセリング

小児性愛者のカウンセリングでは、衝動が表れても行動化させないようになることを目的に進めていきます。
行動を抑止するために必要な条件反射制御法の指導をしたり、生活の中で自分の性嗜癖が刺激された時にどんな行動を取るかを決めたり、認知の歪みが強くなるような習慣を明らかにして止めていくことを決めたりということを、話を聴きながら進めていきます。

カウンセリングには、小児性愛という性嗜癖を行動化させないための習慣が定着させることを意識して取り組んで頂きたいと思います。
明確な目的意識がカウンセリングの効果を高めてくれるので、性嗜癖をコントロールする力を養って下さい。

犯罪をしたい衝動はないが念のため予防したい方へ

小児性愛という性嗜好を持った方の中には、犯罪はしたことはないし、そんな気持ちも今のところ生じることはないが、念のため予防することは必要だと考えている方もおられます。

そのような方には、カウンセリングを受けて頂くことも手段の1つですが、まだ何も問題が生じていないのにカウンセリングを受けるほどでもないという場合は、弊社が性犯罪抑止のための知識を提供しているメールマガジンを活用して下さい。
性犯罪を抑止するために必要な知識、具体的な方法などを配信しています。

性犯罪を抑止するためのメールサポート


性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ