ハラスメント防止対策|カウンセリングは大阪のAXIAへ(大阪 南森町)

「ありのままでいい」が許されない社会をどう生きていくか

ハラスメント外部相談窓口サービス

経営者の皆さんハラスメント対策は出来ていますか


「パワハラ防止法」とも言われている労働施策総合推進法により、企業にパワハラを防止するための措置を義務づけられています。
義務化は、大企業が2020年6月から、中小企業も2022年4月からとなっています。
その一環として相談窓口を設置することが求められています。
このページではハラスメント防止対策としての窓口設置について説明致します。

パワハラ防止対策について詳しくはこちらも参考にして下さい。
パワハラ防止対策の義務化と対策をするメリット

パワハラに関する相談窓口の設置


パワハラ防止対策の1つとして相談窓口の設置があります。
これは、パワハラ防止対策の中の相談(苦情を含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備に該当します。 その内容は以下の通りです。
  • パワハラ相談窓口を設置して周知すること
  • 相談窓口を社内に設置する場合は、担当者を定めて研修などを実施し適切に対応できるようにすること
  • パワハラ調査体制の整備が困難な場合、第三者機関に外部委託すること


相談窓口の外部委託という選択肢


パワハラ防止対策としての相談窓口の設置は、社内の人事部に設置している企業もありますが、相談窓口に相談があった場合に適切な対処ができることが重要になります。
場合によっては、窓口での対応が不適切であったことで問題が大きくなることがあるからです。
パワハラという問題が起きた時、従業員が安心して働くことができる職場を作ること、企業自体を守ることの両面から適切な対応をすることが望まれます。
そのため、外部の弁護士、社労士、公認心理師などが運営する専門機関に外部窓口を依頼する企業も増えています。

AXIAの外部相談窓口サービス


弊社は、メンタルサポート事業を行ってきたノウハウをもとにパワハラの外部相談窓口のサービスを行っています。
パワハラと疑われる問題が生じた時、問題が大きくなってしまう背景にはパワハラの被害者と行為者といった当事者同士、または当事者と企業との間で心理的な衝突、不満や不安の未解消が起きているからです。

弊社は、パワハラが生じた時にはカウンセリングの技術を活かしたヒアリングを行い、事実関係の調査をしながらも心理的ケアを行っていくことができる点が大きな特徴です。
その他にも弊社の外部窓口サービスには以下のような特徴があります。
  • 国家資格である公認心理師が行う外部相談窓口である。
  • 職場の人間関係に対する悩みへのカウンセリング実績がある。
  • パワハラの被害者に対し心理的ケアを含むヒアリングを行うことができる。
  • パワハラの行為者に対して、再発防止の心理的サポートを行うことができる。
  • 複数の弁護士事務所とつながりがあり、必要性が生じた時は連携が可能。
  • 月額費用と事案発生時のサポート費用が別のため、相談窓口の維持費用が抑えられる。

外部相談窓口サービスの料金設定

■基本料金
月額   5500円(税込)

社内の相談窓口設置のアドバイス、担当者との連携、相談の対応を行います。

■事案の調査+レポート提出
1件   33000円(税込)

ハラスメントの事案が発生した場合は、ハラスメントの行為者と相談者の双方から話を聴かせて頂き、確認した事実と公認心理師の心理的知見を交えたレポートを提出いたします。

法律的な観点からのレポートが必要な場合は、提携先の社会労務士法人をご紹介させて頂きます。
※案件対応に関する料金は上記と異なります。

■事案発生後のカウンセリング
1件   13200円(税込)

ハラスメントの行為者、相談者に対するカウンセリングを提供しています。
行為者には、ハラスメントを繰り返さないように自分の心理的課題と向き合うためのカウンセリングを受けて頂くことができます。
相談者には、ハラスメントによって生じた精神的な負荷をケアするためのカウンセリングを行うことが可能です。

相談方法
契約企業への訪問による面談、弊社への来談による面談、ZOOM、Skype。
※方法は案件発生時の状況によって弊社から可能な方法をご提案します。


法人向けサービス一覧