恋愛におけるモラルハラスメント

カウンセリングでは、付き合い始めたら彼の態度が変わったという相談を受ける
ことが多いです。
あなたも恋愛経験の中で、相手の男性が付き合い始めた途端に急に豹変したという
ことはありませんか。
優しいと思っていたのに、嫌味を言う、束縛をする、暴言を吐く、暴力を振るう
というような変化です。

モラルハラスメントから恋愛依存へ

付き合う前は「きれい」、「かわいい」ということをたくさん言ってくれたり、
プレゼントもしてくれていたのに付き合い始めると、それらをしなくなったという
ような程度ではなく、罵声を浴びせてきたり、思いやりの無い態度で接してくる、
ひどい場合は暴力まで振るうという程に豹変するということで悩んでいる女性がいます。

このような状態になると、女性は当然理由がわからなくなります。
そして、「自分が何か悪かったのかな」、「何をしてあげればいいのだとう」、
「私はダメな女だ」と自己価値を低下させてしまいます。

そんな中、他人には女性のことを自慢の彼女だと言っていたり、時々優しい言葉
を掛けてくれたり、プレゼントをしてくれたりすると、やっぱり優しいんだと
思ってしまいます。
しかし、また豹変した態度でひどい扱いを受け、また優しくされるというような
ことが繰り返されてしまうのです。

こんなことが続いているうちに、そんな彼でも別れるという決断は出来なくなり、
ダメな自分が頑張らないとと思って、相手に尽くすようになってしまうのです。
冷静になって考えれば、どう考えても理不尽で不当な扱いを受けながら・・・・

 

人格障害の人の恋愛パターン

急にモラルハラスメントが始まる恋愛パターンは、人格障害の男性がとる恋愛
パターンなのです。
人格障害の人は、基本的に自己価値が低いため、自分だけでなく他人が見ても
きれい、かわいいと感じる女性と付き合い、そのことで自己価値を高く感じよう
とします。
そして、そのために一生懸命アプローチをします。
その結果付き合うようになったら、ある日急に態度が変わり、相手の人権を
ないがしろにするモラルハラスメントを始めるのです。

それは、そういう男性がつきあいたがる女性の共通点は、容姿がきれいだけで
なく心遣いのできる優しさや賢さを持っている人であることが多く、その優秀
な女性がそばに居ると自分がみじめになるために、その人を批判したり、罵声
を浴びせたりして自己価値を下げようとします。
相手を下げることによって、自分の価値が上がったような錯覚を得て満足しよう
とするのです。

また、魅力ある女性は自分のもとから去っていくのではないかという不安感も
強いため、無意識ですが自己価値を下げることで自分のもとを去りにくくしよう
としている可能性もあります。

自己価値が落ちている時は決断力も低下しているので、モラルハラスメントを
することで、コンプレックスを刺激しない、そして自分から離れない女性になる
よう相手を追い込むことができてしまうため、モラルハラスメントをする男性と
別れられないという恋愛における問題が生じてしまうのです。

 

別れられないという苦悩

文章だけを読むと、そんなモラルハラスメントに当たる行為をする男性は絶対
に嫌だ、すぐに別れればいいのにと思う女性が大半だとは思いますが、その恋愛
の当事者は、わかっているけど別れられないという状態で悩んでおられます。

この状態から抜け出すには、深い洞察と自分への気づきが、そして自尊心を回復
させていくことが必要です。
カウンセリングの中では、モラルハラスメントをする男性から離れる決断が
できた女性もたくさんおられます。

もし、自分が付き合っている人の態度は恋愛関係におけるモラルハラスメント
だと感じたら、無理をせずカウンセラーに相談して頂きたいと思います。

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA