心の調子と神経伝達物質

心の病は、原因が何であれ結果としては脳の働きが乱れています。
脳の働きが乱れるというのは、私たちの心理状態と大きく関わりのある神経伝達物質
というものが増えすぎている、または足りなくなっている状態によって、脳の働きが
過剰になったり、鈍くなっている状態です。

主な神経伝達物質は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリン
などがあります。

うつ、躁状態というのは、セロトニン、ノルアドレナリンが影響しています。
セロトニン、ノルアドレナリンの減少は、うつを引き起こし、過度な増加は躁状態
つながります。
また、不安感は、ノルアドレナリンの減少による影響です。

ドーパミンは、多すぎると幻覚、幻聴を引き起こします。
統合失調症は、ドーパミンが関連している病です。
ドーパミンが少なすぎると、運動機能に支障が起きます。
代表的な病はパーキンソン病です。

アセチルコリンが、多過ぎるとパーキンソン症候群を引き起こします。
パーキンソン症候群は、パーキンソン病とそれに似た症状の総称です。
アセチルコリンの減少とアルツハイマー病は関連があると言われています。

 

上記の神経伝達物質の働きが乱れる要因は、生れつきの脳機能の弱さ、ストレス、
栄養不足、寝不足などさまざまで、働きを整える方法も要因によって違います。
心の調子と神経伝達物質に関する心の知識がない場合は、心の病で悩んでいる人
の話を聴いても、その人にとって今何が必要かを判断することはできません。

心の病の専門家は神経伝達物質の知識を持っている

心の病として同じような症状が出ていても、薬が必要な人、カウンセリングが
必要な人、栄養補給が必要な人、休養が必要な人、または環境を変えることが
必要な人など、改善のために必要なアプローチはさまざまです。

精神科医や心療内科医などの心の病のお医者さんは、患者さんの話を聴いて
神経伝達物質の状態を予測して、その人にとって必要な薬を選択して処方して
いるのです。
予測するというのは、脳内は医者にも見えないので聞いた話をもとに想像する
しかないということです。
そのため、病状、程度、症状が続いている期間などを丁寧に確認してくれない
お医者さんより、そのあたりを丁寧に聞いてくれるお医者さんに相談しましょう。

カウンセラーは、お医者さんのように薬を処方することはできませんが、心の病
と神経伝達物質に関する知識は必要です。
カウンセラーが正しい知識を持って話を聴けば、通院を勧めたり、栄養指導を
したり、生活習慣の見直しや改善の提案、指導も行っています。
カウンセラーが、心の病と神経伝達物質の知識も知らずに話を聴くと、的外れな
アドバイスをしてしまう恐れがあるのです。

心の調子を良くするのは正しい栄養摂取

神経伝達物質の原料は、食事からとれる栄養素です。
バランスの取れた栄養摂取を心がけることは、脳にとって大切なことです。
脳に必要な栄養素はたくさんありますが、ここでは主に重要なものを取り上げて
みたいと思います。

心の病は、いくら薬を飲んでも、休養を取っても適切な栄養を摂らなければ
上手く改善が進みません。
心の健康は栄養が支えていることを認識して下さい。

神経伝達物質の形成に重要な栄養素

グルタミン、フェニルアラニン、トリプトファンなどのアミノ酸

アミノ酸は、タンパク質が消化酵素で分解されてできたもので、アミノ酸が血液
を通じて脳内に運ばれビタミンB6 や各種ミネラルと結びつき、セロトニン、
ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリンなどが形成されます。

これを読んで頂けると、バランス良く栄養を摂取することが大切であると、なんと
なくわかって頂けたかと思います。
栄養素の中でも特にタンパク質は重要で、できれば動物性タンパク質をしっかり
と摂る必要があります。

日本では、ダイエットというと、タンパク質を減らすような風潮がありますが、
これは脳の健康にもダイエットにもマイナスで、ダイエットをきっかけに摂食障害
になる人は、正しい栄養補給ができてないために心のバランスが乱れて、 食事と
いう行動に異常が出ているとも言えます。

 

ビタミンB6も重要な栄養素で、ビタミンB6は上記のアミノ酸を神経伝達物質
に作り替えるのに必要なのです。
タンパク質だけ摂っていても、神経伝達物質は生成されず、ビタミンB6力を一緒
に摂取するように心掛けて下さい。

ビタミンB6を含む食材は、豚、牛、鶏のレバー、マグロの赤身、カツオ、サンマ、
ビーナッツ、ピスタチオ、ごま、ニンニク、バナナ、アボガド、ピーマン、きな粉、
ジャガイモ、サツマイモ、しいたけなどです。
心の健康のため、食生活にも注意してみて下さい。

 

カウンセリングの予約|大阪のAXIA
カウンセリングは大阪のAXIAへ