劣等感を刺激されると他者に批判的になる

なぜが人から嫉妬されたり、批判されたりすることがあるけど、その相手から攻撃を受ける理由が思い当たらないというようなことはありませんか。
あなたが抱えておられる悩みは、この記事に書いてあるような心理的構造があるかもしれません。

なぜか他人から競争心や敵対心を向けられるという悩み

アスリートや経営者、その他仕事や人生が順調に言っている人、自分の目的を持って頑張っている人からの相談として多いのが、周囲の人から勝手に競争心や敵対心を持たれて攻撃されてしまうという悩みです。

劣等感があり自分は不遇だと思っている人は、地位や名声、財産、人望など、その人が欲しているものを持っていると感じる相手に対してうらやましいと思った時、うらやましいという気持ちを素直に表現せずに反抗や否定という形で攻撃してしまいます。

この攻撃は、直接的なものもあれば間接的なものもあり、相手に対して自分を認めろという意図や引きずり下そうという意図が含まれていることもあります。
このようなことをする人は、自分の劣等感が攻撃性に代わっているということに気づいていないことが多いです。

うらやましいと言えない人は他人を攻撃する

本当はうらやましいという本心を素直に伝えることができればいいのですが、それを自覚できていなかったり、認めることができていない人は、本心を大義名分や相手への批判に変えて自分の要求を通そうとしてしまいます。

このような形でいきなり敵対心を向けられてしまった人は、その理由がわからずに困惑したり、言葉にしがたいストレスを感じます。
それは、自分が目的や自分の責任を意識して日々を過ごしている中で、いきなり意識をしていない方向から攻撃を受けるのだから当然です。

本来は、他人の劣等感によって理不尽な攻撃を受けてしまっているのに、自分に非があるのではないかと考えてしまう人もいて、そのような人はストレスレベルが高くなりやすく、心身に異常が現れることもあります。
人間関係の悩みでカウンセリングに来られている人の中には、他人から理不尽な攻撃を受けて悩んでいる人もおられます。

嫉妬に負けないためのカウンセリングへ

スポーツや仕事などを頑張っていたり、基本的には周囲の人から良い評価を受けているのに、一部の人から理不尽な攻撃を受けていてストレスが溜まったり、気持ちが沈んでいるという方はカウンセリングを受けることを検討してみて下さい。

他人から理不尽な形でストレスを感じる対応をされている人は、我慢し続けると自尊心が低下して精神的に不健康な状態になってしまいます。
そうなってしまうと、仕事や勉強をしていても集中できない、職場や学校に行きたくなくなるということが起きてしまいます。

本来は、仕事や勉強に意欲を持っていたり、周囲の人とも上手く接することができているのに、1人からの理不尽な仕打ちのために生活に支障をきたしてしまうことはやり切れないでしょう。

自分の尊厳を守るためのカウンセリング

理不尽な形で他人から攻撃を受けている人からの相談に対しては、その人の自尊心が回復するように努めます。
ストレスによって精神状態が悪くなってしまうと、本当は自分は悪くないのに自分を責めるようになってしまう人もいるので、その人が悪くないということを再確認して理不尽なことから心を守ることができるようカウンセリングの中で働きかけます。

カウンセリングによって自尊心が回復していくこと、ストレスを受ける原因が自分にはなく、理不尽な攻撃を受けたことを認識できると自分の尊厳も守られます。

相談に来られている人たちも、自分はその人から非難や批判を受ける必要はないと思えるようになることで、自分の日常を取り戻されています。

理不尽な対応を受けて悩んでいる、心が疲れているという人はカウンセリングを活用して下さい。

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ