性犯罪者は間違った思い込みを持っている

性犯罪をしてしまう理由に関する思い込み

痴漢、盗撮、露出という行為を改善したいという方の中には、カウンセリングに
来られた時に
「性欲をなくしたい。性欲があるからあんなことをしてしまったんだ」
と言われる方がおられますが、性欲をなくしたいという意識は改善にはつながり
ません。
そもそも性欲があるから、痴漢、盗撮、露出をするということになってしまえば、
もっと多くの人が同じような行為を行なってしまうでしょう。

痴漢、盗撮、露出ができるという思い込み

心身ともに健康な男性であれば一定の性欲、女性への関心があるのは当然ですが、
それでも痴漢、盗撮、露出をしない人はたくさんいます。

では、痴漢、盗撮、露出をしてしまう人はどういう人かというと、
『自分は痴漢、盗撮、露出してもばれない』、
『痴漢、盗撮、露出で捕まっても罰金で済む』
というような発想があり、痴漢、盗撮、露出をすることは可能だという思い込み
を持っていて、その思い込みが行動を促進させてしまっています。

 

性犯罪者の思い込みを変えることもカウンセリングの目的

痴漢、盗撮、露出という行為を改善するためのカウンセリングでは、クライエント
の思い込みを変えていくことも重要な目的の一つです。
痴漢、盗撮、露出という行為に対する反省、衝動の我慢は必要ですが、長期的な
視野で再犯を防ぐためには、クライエントの思い込みが変わり、そして行動、
習慣が変わり、人格の変容という段階に至る必要があります。

当事務所は、何年も性犯罪加害者の改善のためにカウンセリングを行ってきた
実績があり、改善のために辿るべき変化の過程もわかっています。
痴漢、盗撮、露出などを続ければ続ける程、被害者はもちろん、自分や家族の
人生も狂わせてしまうので、表面的な改善ではなく、本質的な改善に取り組んで
頂きたいと思っています。

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪の抑止を支援するカウンセリング|大阪のAXIA

性犯罪を止めるために必要な情報をまとめた電子ブック
詳しい説明を確認するには画像をクリックして下さい。

性犯罪を止めるための読む電子ブック

カウンセリングの予約|大阪のAXIA
カウンセリングは大阪のAXIAへ