過去に焦点を当てるカウンセリングの技術

精神分析は、人の無意識の奥に沈む心の傷に焦点をあて、クライエントが自分の
過去や心の傷向き合う手段で、過去と向き合うことから心の状態の回復を目指
します。
代表的な技法に、自由連想法といわれるものがありますが、現在は過去の手法の
まま行っているケースは少ないと思います。

精神分析は、フロイト、ユング、アドラーなどが有名で、専門的に心理学を
学んだ方でなくても知っている人はいるほどです。

精神分析の重要性

精神分析の理論は、時代とともに枝分れして現在でも各理論の正しさが専門家
によって主張されています。
また、そういった背景から、その有効性に対して批判的な意見もあります。

しかし、私は精神分析的なものの見方、人間の心理と捉え方自体は時代が
変わっても必要で、人間を理解するための重要な手がかりだと思っています。
それぞれの分析家の理論は、時代背景が影響している部分も多々あるので、
精神医学や脳科学などの知識も学んだ上で精神分析の理論にも触れることが
大切だと思います。

カウンセリングの中で精神分析の理論を活用するには、それだけに傾倒して
いるということは危険だと私は感じていますが、人の心を理解するためや
悩みの解決のために仮定を立てるための知識として有益な部分もたくさん
あるとも思っています。

カウンセリングへの活用

上記にも書いているように、精神分析学というものは、さまざまな流派が
生まれていて、理論に時代背景が影響を与えている部分もあるので、現代では
解明されている事柄と照らし合わせて学ぶ必要があります。
その上で、カウンセリングの中でクライエントの話を理解する受け皿となる
知識として活用することは可能だと思います。

カウンセリングは、どのようにクライエントを援助して、クライエントの
社会適応を実現させていくかということが大切なので、そのことを踏まえて
精神分析の知識を活かすことが大切であり、カウンセラーはそれをしっかり
心掛けておかなければなりません。

下記は、主な心理療法に関する説明です。
カウンセリングオフィスAXIAでは、来談者中心療法を主体としつつ、相談内容に
合わせて他の心理療法の理論を用いてカウンセリングを行っています。

来談者中心療法     ・条件反射制御法     ・自律訓練法     ・家族療法
認知行動療法      ・NLP         ・精神分析的療法

心理療法一覧