再犯後もカウンセラーが改善を支援します

性犯罪課題者のカウンセリングでは、何か月、何年と盗撮や痴漢などをせずに生活が
できている時に油断をして再犯をしてしまう人がおられます。
性犯罪を止めている状態は、改善までの経過の段階だと説明をしているのですが、
油断してしまうようです。

再犯をした後、再度カウンセリングを受ける人もおられますが、投げやりになって
しまう人もおられます。
一度刑務所に入った後などは、刑務所に入っていたから反省していると勘違いして
しまい、再度再犯をしてしまうという人もおられます。
性犯罪は、自己判断でもうしないと思わないことが重要です。

カウンセリングオフィスAXIAでは、再犯後も改善のために支援を致します。
一度相談をしていたのに再犯をしてしまうと、顔を合わせにくいという思いが
あるかもしれませんが、再度カウンセリングを受けてください。

性犯罪行為は治ったと思い込むことが危険

カウンセリングを受けることを止めた人たちは、おそらく自分でもう大丈夫だと判断
しています。
実際にカウンセリングの中でもそういう思い込みが感じられる発言が出ることもあり
それを指摘しますが、指摘も受け入れずにカウンセリングに来なくなり再犯をして
しまうのです。

性犯罪をする人は、否認の心理と言って自分の問題点や不都合な点を認めない、困難
な現実から逃げようとする傾向があり、その心理的特徴を克服しなければ、性犯罪を
再発する可能性が高くなってしまいます。

性犯罪加害者は、もう自分は同じようなことはしないと根拠のないことを考えたり、
発言している状態というのは非常に危険な状態なのです。

性犯罪の抑止と危機感

カウンセリングに通って順調に性犯罪の抑止ができていて、再犯の可能性が少なく
なっていっていると感じる人たちに共通する点は危機感を持っているという点です。

『衝動はないが、再犯しない保証はない』、
『自分の精神状態が悪くなれば衝動がでるかもしれない』

という危機感を持ち、カウンセリングに通うだけでなく、自分の生活を変えて
日頃の習慣から再犯の可能性を低くすることを継続しているのです。

そのため、明らかに生活に変化が生まれていますし、否認の心理も小さくなって
います。
そして仕事や夫婦関係、子供との関係、恋人との関係なども良い方向に変化が
生まれています。

再犯をしたらカウンセリングへ

再犯をした場合、中断したカウンセリングを再開することに勇気が要と思いますが、
カウンセリングを再開して下さい。
性犯罪も含め、依存症を改善したいのならカウンセリングが必要です。

性犯罪を犯しているということは、自分の意思で適切な行動を選択できないと
証明されているのです。
その人が、自分の意思だけで性犯罪を抑止し続けると考えるには無理があります。

自分は放っておいたらまた再犯をしてしまうかもしれない人間だという事実を
受け止め、二度と同じことをしないように取り組むことが必要です。
再犯をして罰を受けたとしても、それはもうしないという根拠にはならないので、
真摯にカウンセリングに取り組んでいただければと思います。

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ