幅広い分野で活用されている心理学 NLP

NLPとは日本語になおすと、『神経言語プログラミング』といいます。
これは、コミュニケーション学、心理療法、コーチングの知識や技法を取り入れ
体系化されたアメリカ発の心理学です。
アメリカでは大学の講義のカリキュラムに使われていたり、政治家やビジネスマン
も自己の成長に取り入れています。

現実に目を向け、行動パターンを順応させる方法

NLPでは、以下の3つの事を重要な事としています。

・自分が本当は何を望んでいるのか(方向性)
・今何が起こっているのか(現在の位置・状況を知る)
・変化・行動する為の選択肢を持つ(柔軟性)

漠然としていた思いや迷い、不安に感じていたことを意識的に考え明確にすれば、
本当に自分が進みたい方向にエネルギーを集中させて、行動が起こせるように
なります。

カウンセリングの中でも、クライエントに本心、現状、選択肢を確認してもらう
質問をすることがあります。
悩みを抱えているということは、求めているものがあるということでもあるので、
3つの視点を話を聴きながら確認して、クライエントにどうしていくのかを決断
してもらうことが必要になるのです。

カウンセリングへの導入

NLPでは“相手を尊重し、好奇心を持って接する”ことの重要性がとかられています。
これはカウンセリングでも大切なことであり、NLPをカウンセリングに活用して
いるカウンセラーもたくさんいます。

NLPは、自分のコミュニケーションパターンを振り返り、再構築していくことに
役立つちます。
人間関係、コミュニケーションで悩んでいる人は多く、その悩みの解決にNLPの
理論や手法は有効であると言えます。

下記は、主な心理療法に関する説明です。
カウンセリングオフィスAXIAでは、来談者中心療法を主体としつつ、相談内容に
合わせて他の心理療法の理論を用いてカウンセリングを行っています。

心理療法一覧