SEXレスを解決したいという相談

日本は、セックスレスになるカップル、夫婦の数が世界でもトップクラスに多い国だそうです。
いろいろな情報を集めてみると、日本人がセックスレスになりやすい理由は、性に関する意識と忙しさがであるという点が共通していました。

セックスレスになるカップル、夫婦が多い中で、その状態に不満を感じていて、改善したいと思っている方も少なくないため、カウンセラーに相談することを選択する方も多いのだと思います。

セックスは、身体的な快楽だけでなく、パートナーとの関係の安心感、信頼感を生む行為でもあるので、心身ともに充実した生活を送るための1つの手段です。
そのため、セックスレスという状態を改善したいと思うことは当然です。

カウンセリングには、まず男性か女性のどちらか一方が相談に来られる場合と最初から2人で相談に来られる場合があります。
セックスレスの相談でカウンセリングを希望される場合は、パートナーと一緒に来る前に自分だけ相談したいという方はお1人で、最初から2人で相談を始めたいという方は一緒にお越し下さい。

SEXレスは恋人間、夫婦間だけでは改善が難しい

弊社は、心理的なカウンセリングを行っているので、セックスレスに関しても心理的な観点からアプローチをしていきます。
そのため相談の対象となるのは、心理的な要因がセックスレスを生み出している悩みとなります。

心理的な要因がセックスレスにつながっている場合は、心理状態が2人の関係や生理現象に与えている影響を考慮しながら解決を目指していくことになります。
セックスレスの要因が心理的なものであった場合、専門的な知識を持たずに解決を目指しても上手くいかないことが多いです。
それは、心理状態が人間の神経、欲求などにもたらす影響について考慮せずに解決させようとしてしまうからです。

SEXレスを解決する取り組みとパートナーの尊重

性欲は人間の3大欲求の1つであり、欲求を満たすという観点からもセックスは必要なものですが、人間の場合はコミュニケーションとしての役割もあり、自分のことを大切にしてもらっていると感じることができるという点から考えてもセックスは大切なものです。
そのため、2人の間でセックスレスになっていて、一方が解決を望んでいる場合は一緒に取り組んで頂きたい問題なのです。

一方でセックスはとてもデリケートな行為でもあるので、相手がセックスに抵抗がある場合は、その抵抗も尊重することが求められます。
なぜなら、抵抗を感じている理由が何かによっては、パートナー間でセックスの解決を目指すことが大きな心理的負担になることがあるからです。

カウンセリングでは、セックスレスの相談は2人の間でセックスが行えるようになることだけが答えとして解決を目指すのではなく、話をよく聴かせて頂きお2人とってより良い解決とは何かを模索しながら解決を目指します。

SEXレスの原因

SEXレスの原因は夫婦によってさまざまです。
自分達の原因に合わせて改善を進めていく必要があるので、カウンセラーに相談することが望ましいと言えます。

女性とのセックスで自信が無くなった、心が傷ついた経験がある

これはパートナー間の性生活の中で、男性は何らかの理由で自信が無くなったり、傷ついたりしていることがあるということです。
セックスは、人間の自律神経の働きが整っていることが理想なのですが、心理的な負荷を抱えていると自律神経の働きに乱れが出るため、セックスを行う際に身体が正常な働きをしなくなってしまうことがあるのです。

男性が女性に対して劣等感を持っている

日常の生活の中でのパワーバランスで、女性の方が主導権を持っていたり、職歴や学歴、家柄がいい場合に劣等感を感じる男性がいて、それがセックスレスに繋がることもあります。
劣等感を持っていると行為の際にプレッシャーが掛かってしまってセックスをすることが難しくなるのです。

男性が環境づくりができていないために、妻が応じてくれない

男性はセックスという行為自体を求めがちになりますが、女性はそこに至るまでの精神的余裕や夫婦関係があってこそ、セックス為をしようという気持ちになれます。
男性が環境作りに無頓着だと妻が応じてくれないということがあるのです。

SEXが楽しいものではなくなった

妊娠のためにSEXを続けたことであったり、一方がもともとSEXに関心がない場合にセックスが楽しいと感じられなりセックスレスになることもあります。

情緒的な会話が少ない

セックスもコミュニケーションの一つであり、身体的にだけでなく精神的な満足感や繋がりを感じられるものであることが重要です。
会話もコミュニケーションですが、自分の思いを伝えたり相手の気持ちに共感する情緒的なコミュニケーションが交わされていてこそ、身体的なコミュニケーションを安心して結ぶことができます。
そのため、情緒的な会話の少ない夫婦はセックスレスになっている可能性が高いと言えます。

SEXレスでお悩みの方へ

セックスレスの改善のためのカウンセリングは、まずお2人のお話をよく聴かせて頂きます。

人によってセックスレスの原因は違うので、お話をお聴きしてカウンセラーだけでなくご本人にも原因を理解して頂き改善のために一緒に取り組んでいきます。

最初に方にも書いてあるように、セックスレスの悩みは、パートナー間でも簡単に言葉にできないため、セックスレスである状況が長く続いて2人では話をすること自体に抵抗が生じるようになります。
そのため、カウンセリングという機会を使って話すこと自体が改善に繋がるということもあります。

実際、カウンセリングで数回相談に来た方が、カウンセリングの中では具体的な解決の糸口は見えていない段階なのに、ある日自然と夫とセックスができたという事例も何件かあります。

セックスレスでお悩みの方は、まずそれを相談できる場を確保して悩みを話す時間を持つことから始めて下さい。
カウンセラーに相談して頂ければ、お二人がセックスレスに勝っている心理的要因を考察してお伝えするので、自分達の状態を少し客観的に見る心の余裕も生まれます。
その心の余裕が、セックスレスを改善するために必要なものなので、お悩みの方はまずはカウンセラーに相談して頂ければと思います。


カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ