拒食症、過食症は承認欲求が歪んで表面化した病気

摂食障害という心の病があります。
ほぼ食べることをしなくなってしまう拒食症。
異常に食べ物を食べてしまう過食症。

摂食障害は、これらの症状の総称です。

摂食障害は女性に多い病気で、拒食や過食の悩みでカウンセリングに来られる方の
大半が女性です。

拒食症はほぼ食事をとらない状態ですし、過食症の人も、食べた後吐くケースが
多いので、栄養摂取という観点から見た場合でも、健康を損なう病気です。
また、精神面の不安定さ、内臓の損傷にも繋がります。

拒食症と過食症の事を摂食障害といい、2つの症状は、一見食べない、食べ過ぎる
といった全く別の行動をとっているように思えますが、摂食障害のベースは拒食症
にあることが多いと言えます。

まずは、表面上は痩せたいという理由で、食べないということをはじめ、そのまま
食べずにいるケースもあれば、食べることを我慢している反動で、過食が起こる人
もいます。
過食になる人の中にも、過食と拒食を繰り返す人もいれば、一度過食になってからは、
基本的には過食のまま続く人もいます。

 

摂食障害の原因

摂食障害の人は、ダイエット目的だとを言われることも多いのですが、本当はそんな
単純な動機ではなく、大きなストレスとストレスに関係する親子の関係が、症状の
背景に隠れています。

摂食障害は、人から受け入れられたいという承認欲求が歪んで表れた状態です。
そして、その承認欲求の本質的な対象者は両親です。
親に認められたい、受け入れられたいという思いが、幼少期から十分に満たされて
いないまま成長し、思春期あたりを基準に『痩せている人がきれい』だという世間
の偏った評価の影響を受け、痩せれば受け入れられるという間違った認知の形成
から摂食障害が始まるのです。

カウンセリングでの対応

摂食障害の克服を目指すカウンセリングは、まずはご本人やご家族のお話を聴かせて
いただくところから始まります。
カウンセリングでは、拒食や過食行為についてだけでなく、今の心境、学校や仕事の
こと、恋愛のこと、親子関係など、心の中で気になっていること、わだかまりとして
残っていることを話して下さい。

カウンセラーはもちろん、ご本人にも摂食障害と心の状態の関係性を理解することが
カウンセリングで最初に行うことです。

 

拒食症の人も過食症の人も、カウンセリングの中で最初からたくさん話すことは難しい
と感じる場合が多いようですが、自分のペースで話をしていただいて構いません。
あなたが話せそうなこと、話したいことをお聴きしながら克服に向けてカウンセリング
を進めていきます。

摂食障害が、思春期くらいから発症するケースが多いのは、まだ心が未熟だからこそ
生じる心の病であると言えます。
そのため、カウンセリングが進む中では、摂食障害に関する知識の提供、アドバイス
にも力を入れていきます。
拒食症や過食症への理解が進むことで克服へと近づきます。

摂食障害でお悩みの方はご相談下さい。

お子様が摂食障害だという方へ

摂食障害は思春期以降の女性が陥りやすい心の問題であり、中学生や高校生で発症
する人も少なくありません。
お子様が摂食障害である場合、カウンセリングを進めても受けようとしないことも
多々あります。
そんな時は、まずご家族の方からでもカウンセリングにお越し下さい。

摂食障害は親子関係が影響も強いので、まず親御様がカウンセリングを受けて現状
を整理し、知識を高めてお子様と向き合うことも改善の始まりです。
けっしてご本人だけがカウンセリングを受ける必要があるわけではない場合もあります。

 

親子関係が影響していると考えると、自分が悪かったのではと思われる方もおられる
かもしれませんが、カウンセリングでは誰が悪いかを考える場ではなく、摂食障害の
当事者だけでなく、ご家族のサポートも目的としています。

摂食障害は、孤独感や愛情への飢えが影響していることも多いので、摂食障害で悩む方
のためにカウンセラーもご家族も一つのチームとなって取り組んでいければと考えて
おりますので、お子様がカウンセリングを希望されない場合は、ご両親からでも構い
ませんのでカウンセリングに起こし下さい。

摂食障害チェックテスト

当てはまる項目がないかチェックしてみて下さい。

○分かっているけど食べられない、食べ過ぎてしまう
○食べ過ぎた後、太る恐怖から食べた物を吐いている
○最初はダイエットがきっかけで食べることを制限し始めた
○いくら体重が減っても、まだ太っていると感じてしまう
○ダイエットのことと食べることばかり考えている
○ストレスを感じた時に苦しくなるほど食べてしまう

 

テストの結果はいかがでしたか?
該当するものが1つでもあれば摂食障害の可能性があります。
自分では摂食障害ではないと思っても、摂食障害の人は自分が拒食症や過食症で
あることを強く否定するというのも特徴の1つなので、該当する箇所があれば
一度カウンセラーご相談下さい。

 

カウンセリングで対応している主な心の病

うつ     ・パニック障害    ・対人恐怖症    ・強迫神経症    ・摂食障害
依存症    ・解離性障害     ・PTSD     ・適応障害

カウンセリングの相談事例

性格改善        ・アダルトチルドレン    ・母親からの干渉     ・親との関係
子育ての悩み      ・子供のチック       ・学生の悩み       ・不登校
職場のストレス     ・出社恐怖症        ・サザエさん症候群    ・帰宅恐怖症
電車に乗れない     ・叫びたくなる衝動     ・現実感を感じない    ・多重人格
拒食と過食       ・記憶がない        ・無気力症候群      ・リストカット

万引き依存症      ・ギャンブル依存症     ・恋愛依存症       ・SEX依存症
買い物依存症      ・ネット依存症       ・虚言癖         ・盗撮の改善
雑談恐怖症       ・赤面恐怖症        ・自己臭恐怖症      ・異性恐怖症
発汗恐怖症

夫婦関係の悩み     ・離婚への迷い       ・SEXレス       ・男性心理心理と悩み
女性の浮気、不倫    ・結婚できない       ・マリッジブルー     ・失恋の悩み
回避依存症       ・家庭のDV、モラハラ    ・恋愛とモラハラ     ・LGBT、同性愛
自分のことが嫌い    ・マインドコントロール   ・性犯罪被害の心のケア   ・五月病
吃音症

 

カウンセリングの予約