摂食障害だと思ったらいち早くご相談ください

拒食症と過食症は摂食障害という心の病です。
摂食障害になっている人は、男女比では女性が圧倒的いと言えます。

拒食症は、主に思春期以降に発症することが多いのですが、これは自我が強くなるにつれて、自分の見た目を気にし始めるということが関係しています。
早い人なら小学生、多くの人は中高生くらいに拒食症になることが多いのですが、学生時代に拒食症になった人は、成人後に過食症になって悩んでいる人、拒食症と過食症を繰り返している人もいます。

拒食症と過食症は依存症

拒食症も過食症も一種の依存症です。
だからこそ、自分の意思や家族からの言葉で一時的に止めていたとしても再発してしまうことが多いのです。

なぜなら、やせようとして拒食症になり、反動で過食症になる人はいますが、本当の目的は痩せることではなく自分の不安定な自尊心を保つことなので、拒食、過食という行動だけを止めても再発してしまうのです。

学生時代は、まだ自我の発達も不十分だからこそ、依存症になりやすく摂食障害も例外ではないのですが、自我の発達が未熟な年代だからこそ、その成長に合わせて拒食症と過食症の改善に取り組むべきなのです。

自我の成長に影響を与えるのは対話です。
カウンセリングを受けることが摂食障害の改善につながるのは、カウンセリングはクライエントの自我の成長を目的とした対話だからです。

しかし、学生は自分の意思だけでカウンセリングを継続することも難しいため、摂食障害のカウンセリングは家族で取り組んでいただくことが望ましいと言えます。

拒食症と過食症なら家族でカウンセリングへ

カウンセリングでは、拒食症や過食症の人に対していきなり食生活に対する改善を求めません。
摂食障害では、注意しておくべきことがあるのですが、その点に対してはご家族にお伝えして生活の中で対応していただきくようお願いしています。

摂食障害は、食べない、食べ過ぎるという行動に問題が生じていますが、その背景には心理的葛藤があり、その葛藤が親子、家族間の葛藤であることも多いため、家族で一緒にカウンセリングを受けていただき、家族間の葛藤の緩和を目指していただきます。

親御様の葛藤のカウンセラーがサポートします

家族間にある葛藤に目を向けるということは、親の負担も生じます。
子供のことを思っているからこそ葛藤が生まれていることも多いため、これまでの関係性を見直していくことに心理的な負担を感じる人も少なくありません。

子供の拒食症、過食症の改善のためには親の努力、忍耐も必要となるので、その取り組みをカウンセリングで話を聴く中で支えていきます。
摂食障害の改善は、ご本人、親御様、カウンセラーが一緒になって取り組むことが大切ですので、一度家族で相談に来ることをご検討ください。
最初は、親御様だけでお越しいただいても構いません。

摂食障害についての説明

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ