原因がわからない不安感、孤独感、焦燥感がある

時折感じる不安感、孤独感、焦燥感など、漠然とした心の悩みというのは確かに
あって、それに悩まされている人も少なくないと思います。
漠然とした悩みが、自身の生活に一度に大きく影響しなくても、その悩みが仕事や
人間関係の何らかの妨げになっていると感じていたとしたら、それをどう改善すれば
いかわからないのではないでしょうか。

漠然とした心の悩みというのは、具体的な悩みと比べ決して軽いものではありません。
漠然としているということは、その悩みの出どころがわからないということであり、
心にのしかかる負担は決して小さくはなく、あまり軽んじているとストレスが身体や
行動の異常になって表れることもあります。

不安感、孤独感、焦燥感から生じる3つの異常

不安感、孤独感、焦燥感があるということは、ストレスを抱えているということです。
そのストレスを抱え続けたままにしておくと下記のような異常が生じます。

・精神の異常・・・抑うつ感、パニック発作、恐怖症、不眠、無気力など
・身体の異常・・・アトピーの悪化、めまい、頭痛、難聴、体の凝りなど
・行動の異常・・・依存症、摂食障害、暴言や暴力、自傷行為など

上記のような異常の中には、病院で治療を受ける必要が出てくる場合もありますが、
ストレスとなっている不安感、孤独感、焦燥感が残ったままであれば、治療を受けた
としても、また異常が出てくる可能性があります。
そうならないように不安感、孤独感、焦燥感をケアすることが必要になるのです。

なぜ漠然としているのか?

漠然とした不安感、孤独感、焦燥感が心の中に生じるのは、受けたストレスの大きさ
やストレスを受けた時期なども影響します。

例えば、悩みの原因となった出来事から受けるストレスが大きすぎて、心が受け止め
きれずに不安感、孤独感、焦燥感として心に残っている場合や自分の中に客観的に物事
を捉える力が育つ前に、子育ての中で傷つけられた心など、過去に原因がある場合は、
それが不安感、孤独感、焦燥感として今も心の中に残っていたりします。

それらの感情が生じたきっかけはずいぶん前だったとしても、心の重荷となるのは感情
自体なので感情の整理ができていないとストレスが増加してしまいます。
そして、そのストレスが心や体の異常として表面化することがあるので、ずっと続いて
いる心身の負担というものを抱えてしまう人が出てくるのです。

心の中をカウンセリングで言語化する

不安感、孤独感、焦燥感が原因である心身の不調は、漠然としていた掴みどころの
ない思いを、少しずつ言葉にしていくことで和らぐことが多いです。
カウンセリングでは、その人の心の強さを見極めつつ、心に無理が掛らないように話
を進めていきます。

感情を言語化するということは、感情を整理して和らげることになり、感情が和らぐ
ことで心や体への負担も軽減されます。
不安感、孤独感、焦燥感は、それが生じたきっかけとなる出来事やそれらが生じやすい
自分の性格的な要因を含めて話すことが難しいので、話をしても自分の思いが伝わる
だろうかと感じてしまいますが、カウンセラーは感情や話の内容が整理されるように
促しながら話を聴くことができます。

「漠然とした悩みだから上手く話せそうにない」、
「自分が悩みを具体的にわかってないのに相談してもいいのだろうか」
と思っておられるかもしれませんが、安心してカウンセリングをご利用ください。

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングの予約|大阪のAXIA

カウンセリングは大阪のAXIAへ