中学生、高校生のカウンセリング

大阪のカウンセリングオフィスAXIAでは、中学生、高校生からの相談にも対応
しております。
中学生、高校生に関しては、ほとんどが親御様からカウンセリングのご依頼が入り
ますが、カウンセリング自体はご本人だけで受けて頂くことは可能です。
もちろん、ご本人の了解のもと親御様と一緒に受けて頂くことも可能です。

守秘義務については、お子様が話された内容はご本人の許可なく親御様にお伝え
することはありません。
ただ、カウンセラーが親御様に伝えるべき内容だと判断した場合は、ご本人に
許可を得て親御様にお伝えしたり、カウンセリングに同席していただくように
しています。

中学生、高校生のうちに正しい悩み方を身に付ける

カウンセリングでは、中高生の話を聴きながら悩みの解決を目指しますが、
それだけでなく大人になった時に正しく悩み、正しい選択ができるための力を
養って頂くことも目的としています。

正しく悩む力とは、自分にどんな問い掛けができるかという力、自分への
質問力とその質問の先にある決断力です。

両親から本当の意味で自立し、世の中に出ていくためには、自分の悩みと向き
合って、適切な問い掛けを自分に向けながら、大切な決断をする力が必要に
なります。
そして、その力を養う方法がカウンセリングとして行う対話なのです。

中学生、高校生は本当は話をしたいと思っている

中学生、高校生は、思春期を経て自我の確立を図り始めている年代です。
この時期は幼いころに比べ口数も減る子が多いので、親からすると何を考えて
いるのかわからないと思うかもしれませんが、心の中では自分自身とたくさん
対話をしていて、親との関係についても今までとの違いを感じはじめている
時期でもあります。

だからこそ、たくさん話を聴いてもらいたいと思っている子が多いし、その
サインは不器用ながらに出している場合もあります。

しかし、親になかなか思っていることを言わないのは、自分のサインが上手く
伝わらずにどのタイミングで話をしていいかわらなかったり、幼少期からの
親子関係で、自分の両親は自分の意見ばかりで話を聴いてくれないと思って
いる可能性があります。

中学生、高校生の時期は自分の心と向き合う大切な時期

中学生や高校生の話をよく聴かなければならない理由は、いろんな思いは
生まれ始めているけど、まだまだ上手く言葉に出来ない時期だからこそ、
誰かがよく話を聴くことによって自分の思いを言葉にし、自分の心の状態への
自覚を強めていく必要があるからです。

自分の心を自覚することができるということは、大人になってから人生の課題
にぶつかった時、自分自身に問い掛けながら乗り越えていく手掛かりを知ると
いうことでもあります。
カウンセリングでは、簡単に答えを与えるのではなく、中高生に質問を向け
つつ、考える力を養ってもらいます。

不登校、思春期の悩み、人間関係の悩み、または問題行動等も含め、子供の抱え
ている悩みが表面化している時ほど、よく話を聴いてあげる必要があるのです。

私たちは中学生、高校生が、今抱えている悩みに対してカウンセリングという
手段で向き合う際に、悩みの解決と正しく悩む力の確立を目指してお話聴かせて
頂きます。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA