親に問題があるから子供が不登校になるのか?

子供が不登校になったら、
『甘やかしたからではないか』、『厳しくし過ぎたのだろうか』
と自分達の育て方や子供との関わり方を責めてしまう親がいます。

一方で、不登校の子供がいる家庭は、
『家庭環境が悪いのではないか』、『親が甘やかしているはずだ』、
『勉強をしろと言いすぎている』、
と思われるのではないかという不安を持ってしまう親もいます。

このような自責の念が強くなったり、世間の評価を気にしてしまうことによって
子供が不登校になったことを恥じてしまっている人がおられます。
そして、子供が不登校であることを周囲に隠そうとしたり、家族の中だけで対処
しようとしてしまいます。
時には、母親が子供が不登校になったことを自分だけで抱え込んでしまい、夫婦
で子供が学校に行けていないことについて話ができていないということもあります。

子供が学校に行かない理由は家庭環境や親が原因とは限らない

子供が学校に行かなくなる理由は、家庭環境や親の影響であることもあります。
また、いくつかの理由の中にそれらが入っていることもあります。
ただ、原因があるからと言って親が悪いと結論を出さないでほしいと思います。

不登校の原因に親子関係があったとしても、親の態度や育て方が悪いからではなく、
子供と親の性格の相性が不登校につながっていることもあります。
また、子供が学校に行けていない要因が親子関係以外であるということも少なく
ありません。

実際に不登校の要因としては、子供の無気力や不安・情緒的混乱が多いと言われて
います。

子供と一緒に不登校の理由や今後について向き合って欲しい

子供が学校に行かなくなってしまったら親としては当然心配になると思いますが、
子供が不登校になったことを【良いか悪いか】という評価をしないことが大切です。
親は自分に対しても子供に対しても、不登校は悪いことだという視点から評価をすると
自分たちを追い込んでしまいます。
大切なことは、不登校という状態をどうとらえて、今後どうしていくかということを
決めていくことです。

当たり前のように学校に通っていた日常から、学校に行っていないという日常に変化
したことに対して、新しい方針と方法を選択して実行することに意識を向けてください。

子供が不登校になったら実行してほしいこと

まずは、学校に行かない子供に対して、【なぜだろう】という疑問を持ってください。
この疑問は、子供に対して「なんで学校に行かないの?」と責めるニュアンスではなく、
子供と一緒に考えるという姿勢です。

そして、具体的な行動として実行してほしいことは以下の3つです。

  • 早寝早起きを基本とした規則正しい生活
  • 適度な運動で脳と体を刺激する
  • 親子で一緒に食事をする

学校に行けるようになることは視野に入れつつも、学校に行けない場合でもこの3つ
を実行することを子供と約束すること、そしてこれらを実行しやすいように親も協力
することから始めてください。

不登校になったことによって警戒しなければならないことは、不健康な生活習慣が
定着するということです。
不健康な生活習慣が定着すると、本来なら上記の3つを実行していれば自然と学校に
通えるようになったはずの子でも、学校に行けなくなってしまいます。

上記の3つを実行してもらうことは、不登校対策の土台となるので重視してください。

不登校の相談はカウンセリングを活用しましょう

子供が不登校になったら、学校のスクールカウンセラーに相談にいったり、民間の
カウンセリングルームに相談に行ってみてください。
不登校の相談に関する実績があるカウンセラーであれば、しっかりと話を聴いて
アドバイスをしてくれます。

子供が不登校になる原因はさまざまです。
原因によっては、人間の脳や心理に関する専門知識を持って対処する必要もあれば、
子供が直面している状況へのアプローチ方法が重要になることもあります。

家族だけ、親だけで問題を抱え込んで、適切な対処ができないままだと生活習慣が
乱れてしまい、社会に出ることが難しくなってしまいます。

大切なことは、学校に行くかどうかということより、自分のために自分に与えられた
時間を主体的かつ計画的に使うという習慣を身につけること、そして人とのつながり
を作り保てるようになることです。
学校はその習慣を身につける手段にもなりますが、学校以外でも適切な習慣を身に
つけたり、人とのつながりを作ることは可能です。

子供が不登校になったら、家庭内だけで問題を抱え込まずにカウンセリングを活用
してください。