不登校、引きこもりから抜け出すには

カウンセリングでは不登校児の話を聴くという形でも、不登校児の親御様から話を
聴くという形でも相談を受けております。

子供が不登校になる理由はさまざまです。
そのため、学校けるようになるということが解決だという視点では、子供を心を
追い込んでしまう可能性があります。

学校に行くとか行かないという視点かは離れて話を聴いてもらえる環境で、十分に
話を聴いてもらい自分を理解してもらうこと、自分自身を理解することで、子供達
は自分にとって大切な決断ができるようになります。

カウンセラーは、子供が不登校になるさまざまな理由に対してアプローチをする
知識を持っていますので、お子様が不登校、引きこもりになっているという方は
ご相談下さい。

 

不登校児・引きこもりのカウンセリング

不登校という状態は、学校に行かないではなく、学校に行けない状態であると
言えます。
そして、多くの子がが、『行けないけど、できれば行きたい』と思っています。
不登校・ひきこもりカウンセリングでは、この点を重要視しています。

脳科学では、子供も大人も、人間は心が健康であれば、友達、仲間と仲良く
過ごしたい、新しいことを学びたい、学ぶことで生きていくための能力を高め
たいという欲求を、本能的の持っていると言われています。
そういった観点から考えると、不登校児の心の中では、学校に行きたい気持ちと、
行けない気持ちが葛藤していると考えられ、単純に学校に行くべきだという
考え方を押し付けることは、子供の援助になりません。

もちろん、不登校児の中には学校に行きたくないと思っている子もいます。
ただ、その場合もどのような理由で行きたくないのかが解決のためには重要です。
不登校の形は、不登校児の数だけあり、子供がなぜ不登校という状態にあるのかと
いうことをよく理解した上で学校に行けるよう援助していくことが必要だと考えて
おります。

 

不登校・ひきこもりの原因と対策

不登校と一言で言っても、その原因は不登校児によって違います。
そのため、学校に通うための対策や通い始めてからの対策にも。

原因によっては、子供が学校に行きという意思を持つことが問題の解決になる
場合もあるし、反対に子供が通う意思を持ったとしても、学校側との連携で
通い始めてからの対策が必要な場合もあります。

カウンセリングでは、お子様や親御様の話をお聴きしながら、学校に通うこと
のサポートだけでなく、通い始めてからのことも視野に入れてアドバイスを
させていただきます。

 

カウンセリングで不登校・ひきこもりの解決を目指す

不登校、引きこもりの解決で大切なことは、カウンセリングを受けることを親御様
がしっかりと支えて頂くことです。
年齢が幼いほど、人間の脳は自分のためになる判断をすることが難しく、一時的
な逃避で問題から逃れようとしてしまいます。

子供にとっては、不登校、引きこもりという状態でいることは一種の自己防衛で
あるため、自分の意思だけでそこから抜け出す可能性のあるカウンセリングを
継続するという選択をすることが難しいのです。

カウンセラーは、学校に行くことを急がすわけではありません。
ただ、ご本人が自己防衛を緩めて、その人なりの方法で社会と関わって生きて
いく術を見出せるお手伝いをカウンセリングという形で行うのです。

不登校、引きこもりの相談に関しては、お子様を親御様がしっかり支えてあげて
欲しいと思います。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA