抑うつ気分に悩まされているという方へ

くよくよと思う悩む日が続いている、気持ちが重く沈んでいる、むなしい気持ちになる、
憂うつ感が続き気分が晴れない、という抑うつ気分に悩まされている人は、無理をして
活動しようとするのではなく、一度カウンセリングを受けてみて下さい。

抑うつ気分になる原因はさまざまで、対処方法も違います。
カウンセリングでは、抑うつ気分が続いているという人の話をよく聴いて、何が原因かを
考えアドバイスをしています。

原因によっては、精神科に行って薬を出してもらう必要があったり、カウンセリングを
継続して日常のストレスへの対処を考えていく必要がある場合、生活習慣を改善する必要
がある場合があります。

うつ病の抑うつ気分

うつ病になると抑うつ気分が表れることがあります。
うつ病は抑うつの程度も重く、自殺を考えてしまうこともあります。
気持ちが落ち込むきっかけが思い当たらないこともある。
趣味など楽しいことからできなくなっていき、悪化すると仕事をすることも難しくなる。
薬物療法と休養で改善を目指すことが望ましい。
精神科に通って薬を飲み始めて症状が緩和してきた人には、カウンセリングでは生活習慣
を中心に心の健康を維持するためのアドバイスを行っています。

持続性抑うつ障害の抑うつ気分

持続性抑うつ障害は、以前は気分変調症外と言われていたもので、うつ病に比べ症状は
軽い場合が多く、自殺を考えることも少ない。
ただ、気分の落ち込みが長く続き、その中で症状が重くなっていく場合には後から
うつ病と診断を受けることもある。
気持ちが落ち込むきっかけが思い当たる場合が多い。
趣味や楽しいこと、仕事などをしていると気分の落ち込みがまぎれることがある。

抑うつ気分の程度によっては薬を飲んだ方が良い場合もあります。
体質によって抑うつ気分になりやすい人もいるので、カウンセリングでは自分の体質と
上手く付き合っていくためのアドバイスをしたり、生活の中で生じるストレスに対処
するためのアプローチを行っています。

適応障害の抑うつ気分

適応障害とは、社会生活の中で生じるストレスが原因で抑うつ気分を含めたさまざまな
症状が表れる心の病です。
症状は、うつ病や持続性抑うつ障害とあまり違いはありませんが、ストレス要因が無く
なったり、ストレス耐性が強化されることによって症状が改善するという傾向があります。
ストレス要因が無くなってから6か月以内に症状が改善される場合は適応障害であったと
言えます。

カウンセリングでは、話を聴いて適応障害であると感じたら、ストレスケアとストレス
耐性の強化を目指したアプローチを行っていきます。

抑うつ気分が続くときにカウンセリングを受けた方が良い理由

抑うつ気分が続く時にカウンセリングを受けた方が良い理由は、カウンセラーが話を聴いて
抑うつ気分の原因を一緒に考えてくれるということです。

カウンセリングを受けた上で、場合によっては精神科に行った方が良いという判断になる
こともあれば、カウンセリングを中心に改善を目指した方が良いということになる場合も
あります。

まずは精神科に行くという判断もありますが、カウンセリングの場合はじっくりと話を聴く
ことができるので、抑うつ気分のことも相談したいけど、いろんな話を聴いて欲しいという
場合はカウンセラーに相談することをお勧めします。

薬物療法に抵抗がある人へ    心の不調と脳の状態

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングの予約

カウンセリングは大阪のAXIAへ