パチンコ、スロット、競馬、競艇への依存

パチンコ、スロット、競馬、競艇は、射幸心を刺激する要素があります。
射幸心とは、幸福になりたいという思いですが、ギャンブルにはまってしまう人は、
お金を得られることを幸せととらえていて、パチンコ、スロット、競馬、競艇を
することでお金が増えるというイメージを強く抱き、その時に脳が興奮状態になり、
本来はリスクと背中合わせだということを目を向けずにギャンブルを繰り返して
しまいます。

ギャンブルの怖いところは、パチンコ、スロット、競馬、競艇を繰り返すほどに、
それらの行為をすることを想像すると、どんどん射幸心が強くなるという傾向が
脳に身についてしまう点です。
さらに負けた分を取り返すには、一発逆転しかないという思いも重なることで
ギャンブルをする意欲が高くなってしまいます。

人間の脳の根本的な働きは共通であり、射幸心も誰もが持っているものなので、
ギャンブルをするということは誰もが依存症になる可能性があるということです。
しかし、ギャンブル依存症の人に限って、依存しているのも関わらず自分は依存症
ではないと言い張る傾向があります。

 

ギャンブルと否認の心理

ギャンブルでお小遣いを使い切ってしまう、ギャンブルで生活費まで使ってしまう、
借金をしてギャンブルをする、というギャンブルに依存した状態の人ほど、
『自分は依存症ではない』 と言います。

この言葉自体が、依存症であることを決定づけていると言っても過言ではありません。
それは、依存症の人に強い心理的傾向として否認の心理というものがあり、自分の
行動の間違い、考え方の歪みなどを認めないという特徴が『自分は依存症ではない』
という言葉に表れているからです。

依存症は反省と後悔では改善しない

世の中でギャンブルにはまってしまい、経済的に厳しい状況になる人がいることは
多くの人が知っていると思います。
しかし、実際に自分がギャンブル依存であるということ、夫や妻、子供が依存症と
いえる段階に陥っているとは思っていない人も多いです。
そして、借金を返済してあげて、もうしないと信じてあげたのに、また同じことを
繰り返されたということが起きてしまいます。

依存症は、人間の習慣に問題が表れる心の病気です。
習慣は、強く意識しなくても継続している行動なので、依存症になって習慣に問題
が生じている人は、簡単に依存症に戻ってしまいます。
いくら反省や後悔をしていても戻ってしまうのです。
これは多くの依存症者が同じ経過をたどっていて、自分だけが、自分の家族だけが
該当しないということはありません。

依存症になったらカウンセリング方へ

自分が、もしくは自分の家族が依存症である場合、カウンセリングを受けて下さい。
家族が依存症の場合で、本人が行こうとしない場合はご家族だけでもカウンセリング
を受けて対処方法をカウンセラーに聞いてください。
依存症を改善するにはカウンセリングを受ける必要がありますが、現状よりも悪く
しないためのアドバイスをすることは可能です。

依存症は、習慣に問題が生じる心の病であり、カウンセリングは習慣を良くすること
によって、その人の悩みが解決するように導く取り組みです。
そのため、カウンセリングは依存症の改善に適した方法なのです。
特に多くの依存症者を改善に導いてきた実績があるカウンセラーは、依存症に適した
カウンセリングを行うことができます。

AXIAでは、ギャンブル依存症、買い物依存症、恋愛依存症、万引き、性犯罪など
依存症に関してはかなり多くの実績があるため、安心して相談に来ていただければと
思います。

カウンセリングをご希望の方へ

料金設定
※料金はすべて税込み価格です

面談カウンセリング
代表が担当
・60分コース  10000  ・90分コース  13000
スタッフが担当
・60分コース  8000   ・90分コース  11000

カウンセリングの時間超過について10分 1000円(税込)の延長料金をいただいて
おります。
詳しくはこちら

電話カウンセリング
代表が担当
・30分コース  7000  ・60分コース  10000
スタッフが担当
・30分コース  5000  ・60分コース  8000

カウンセリングの延長はできません。
詳しくはこちら