ギャンブルが止められない

ギャンブルを止めるならカウンセリングへ

ギャンブルを止めることができないという方のカウンセリングを行っています。
ギャンブル依存症は、個人やその家族の財産だけでなく、関係性にも問題が生じます。
問題が大きくなる前に、止めることが肝心です。
パチンコ、スロット、競馬、競艇など、ギャンブルが止められない人はカウンセラー
にご相談ください。

ギャンブルを止めようと思ったことがあるが止められなかった、人にお金を借りてでも
ギャンブルをしてしまう、ギャンブルをしていて約束の時間に遅れたことがある、など
ギャンブル依存症は、自分の行動のコントロールができなくなってしまいます。
あなたがギャンブル依存症かもしれないと感じておられるなら、今が止めるべき時です。
カウンセリングは、ギャンブルを止めて新しい生活を構築するための取り組みです。

ギャンブルから抜け出せない心理的理由

パチンコ、スロット、競馬、競艇は、射幸心を刺激する要素があります。
射幸心とは、幸福になりたいという思いですが、ギャンブルにはまってしまう人は、
お金を得られることを幸せととらえていて、パチンコ、スロット、競馬、競艇を
することでお金が増えるというイメージを強く抱き、その時に脳が興奮状態になり、
本来はリスクと背中合わせだということを目を向けずにギャンブルを繰り返して
しまいます。

ギャンブルの怖いところは、パチンコ、スロット、競馬、競艇を繰り返すほどに、
それらの行為をすることを想像すると、どんどん射幸心が強くなるという傾向が
脳に身についてしまう点です。
さらに負けた分を取り返すには、一発逆転しかないという思いも重なることで
ギャンブルをする意欲が高くなってしまいます。

人間の脳の根本的な働きは共通であり、射幸心も誰もが持っているものなので、
ギャンブルをするということは誰もが依存症になる可能性があるということです。
しかし、ギャンブル依存症の人に限って、依存しているのも関わらず自分は依存症
ではないと言い張る傾向があります。

ギャンブルと否認の心理

ギャンブルでお小遣いを使い切ってしまう、ギャンブルで生活費まで使ってしまう、
借金をしてギャンブルをする、というギャンブルに依存した状態の人ほど、
『自分は依存症ではない』 と言います。

この言葉自体が、依存症であることを決定づけていると言っても過言ではありません。
それは、依存症の人に強い心理的傾向として否認の心理というものがあり、自分の
行動の間違い、考え方の歪みなどを認めないという特徴が『自分は依存症ではない』
という言葉に表れているからです。

ギャンブル依存症のカウンセリング

ギャンブル依存症は、当事者がカウンセリングを受けることが望ましいのですが、
最初は家族の方が相談に来られることも多いです。
そのため、自分の意思でギャンブルを止めようと考えている人、家族に促されて
カウンセリングに来た人、そしてギャンブル依存症者の家族へのカウンセリングを
行うことができます。

依存症の当事者のカウンセリング

ギャンブル依存症を止めるためには、止めるという決意を持ってカウンセリングを
受けていくことが必要になります。
ギャンブル依存症の人が、もうパチンコやスロット、競馬や競艇を止めようと決め、
一定期間ギャンブルをしない日が続くと改善したと思ってしまう場合がありますが、
行動を止めた期間だけでは改善したとは言えません。
行動を止めているうちに、自分がギャンブルに依存した経緯や理由、ギャンブルを
したい衝動への気づき、これまでギャンブルで誤魔化してきた心理的課題について
考え、ギャンブルをしてしまう理由を潰してしまわなければなりません。

依存症は、特有の心理的特徴がいくつかあるので、カウンセリングでは意思の力で
ギャンブルを止めてもらっている間に心理的特徴を改善していきます。

家族にギャンブル依存症の人がいる方のカウンセリング

家族の中にギャンブル依存症の人がいて困っている人へのカウンセリングも行って
います。
本人にカウンセリングを進めても行こうとしない場合は、家族からでも良いので
カウンセリングを受けて、本人に対する対処法を得て下さい。
依存症の人は、自分に問題があることを認めないという特徴があるので、ご家族に
対してアドバイスをさせて頂きながら、本人に間接的に影響が与えられるように
話を進めていきます。

家族がギャンブル依存症で、カウンセリングを受けることには抵抗を示すという
場合は、ご家族がカウンリングを受けて下さい。

ギャンブル依存症チェックテスト

ギャンブルが止められない人はチェックしてみてください。

○ギャンブルによって仕事や学業が疎かになっている
○生活に必要なお金を使ってまでギャンブルをしてしまう
○ギャンブルをするのために借金をしたことがある
○ギャンブルをすることで人の信用を失ったことがある
○ギャンブルをした後に後悔や自責の念を感じることがある
○休日はギャンブル優先で予定を立てている
○ギャンブルに負けると『負けを取り返さなければ』という思いになる
○財布の中のお金が無くなるまでギャンブルを続けることがある
○ギャンブルにお金を使いすぎて生活に必要な支払いを止めたことがある
○嘘をついて家族からギャンブルをするお金をもらったことがある
○ギャンブルには行かない、行っていないと嘘をついたことがある
○嫌なことがあるとギャンブルに行くという傾向がある
○ギャンブルをすると嫌なことが忘れられるという感覚がある
○ギャンブルをするためにお金を盗んだことがある
○ギャンブルが原因で自殺をしようとしたことがある
●自分はギャンブル依存症でないと思っている

テストの結果はいかがでしたか?
ギャンブル依存症の特徴は、ギャンブルをすることで問題が生じてしまうほど
冷静な判断ができないという点があるので、上記の〇の項目の中のいずれかが
当てはまる場合は、ギャンブル依存症の可能性があると言えます。
多くの項目が当てはまるほど、深刻な状態だと言えます。
また〇のいずれかが当てはまった上で、●が該当している場合は深刻な状態です。
チェックテストの結果をしっかりと受け止めてカウンセリングで改善を目指して
欲しいと思います。

カウンセリングをご希望の方へ

料金設定
※料金はすべて税込み価格です

面談カウンセリング
代表が担当
・60分コース  10000  ・90分コース  13000
スタッフが担当
・60分コース  8000   ・90分コース  11000

カウンセリングの時間超過について10分 1000円(税込)の延長料金をいただいて
おります。
詳しくはこちら

電話カウンセリング
代表が担当
・30分コース  7000  ・60分コース  10000
スタッフが担当
・30分コース  5000  ・60分コース  8000

カウンセリングの延長はできません。
詳しくはこちら

カウンセリングの方法・料金一覧

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングの予約|大阪のAXIA

カウンセリングは大阪のAXIAへ