職場のストレスに負けないために

会社員のために職場のストレスを言葉にしてもらうカウンセリングを行っています。
職場のストレスに囚われていると、自分の仕事の仕方や今後のキャリア、可能性
などへの関心が低下して、ただストレスを我慢する日々を送るという状況になって
しまう場合があります。

職場は、1日の大半の時間を費やす場所なので、その場所でどのような精神状態で
働けるかということは心身の健康、人生の充実につながる大切な要素です。

心の健康が損なわれる職場のストレス

職場のストレスにより心の状態が悪くなり働けなくなる、場合によっては会社を
辞めないといけなくなったという人は年々増えているようです。
うつやパニック発作、動悸、不眠、焦燥感、恐怖感など、心の症状全般をメンタル
不全といい、職場のストレスが原因でメンタル不全を起こしている人が増えている
のです。

この現状の問題点は、社員がストレスによるメンタル不全を起こしてしまうという点、
メンタル不全が改善して職場復帰をしようと思っても、また同じ状態にならないか
不安で復帰でないということが起きるという点です。

職場のストレスによってメンタル不全になった人は、自分の体調の悪さは自覚できて
いても、なぜそうなったのかという点についてわからないので怖い、また心の調子を
崩したら周囲からどうおもわれるのかわからないと考えてしまうため、復帰すること
に抵抗を感じてしまうのです。

人間は誰しも不確かなものには恐怖を感じます。
その恐怖に負けないように自分がどういうことが原因でストレスを抱えていて、
どういう対策をすれば同じことにならないかを考える時間と機会が必要です。

では、メンタル不全に繋がる職場のストレスとは一体どんなものがあるのでしょうか。

・仕事量が多くて勤務時間が長くなり、気分転換をする余暇の時間もない
・会社、部署の方針が一貫せず、上司の指示がコロコロと変わる
・自分の立場に見合わない程の重い責任を負わされる
・納得のいかない人事評価が行なわれている

上記の4点は、職場のストレスを高める可能性の高い要因です。
職場のストレスで悩んでおられる方は、自分の職場や以前に勤めていた職場のことを
思い返した時に当てはまるものが複数あるのではないでしょうか。

 

カウンセリングで心の整理と決断をサポート

職場のストレスでメンタル不全を起こしている、起こしていたということは、精神は
その時一種の混乱状態にあると思っていただいていいと思います。
混乱状態であるため、自分の現状を整理してより良い選択をしていくことが難しいと
言えます。

私たちがカウンセリングという形で行なっていることは、大きく分けるとストレスで
乱れている心の整理と健康の回復、そして重要な決断のサポートです。

職場のストレスで悩んでいる人は、その職場で働き続けるべきか、転職すべきかで
悩んでおられますし、メンタル不全で退職を余儀なくされた方は、仕事に就くことに
ためらいがあり悩んでおられます。

そのため、決断と行動が必要になってくるのですが、精神的な混乱を抱えたままでは、
いい決断はできません。
カウンセリングではお話を聴かせて頂くことでまずは心の整理を行ない、その上で今後
のことを考えた決断に向けてサポートしていきます。

職場で働くために必要な心の強さは、ストレスに対する我慢強さではありません。
職場の状況を把握できる力、その中で自分が負うべきではないストレスを回避する力
が職場で働き続ける心の強さであり柔軟性です。
カウンセリングでは、職場の中でストレスに負けない状況把握能力、問題解決能力、
柔軟性が身に付くように話を進めていきます。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約