抑うつ気分、うつ症状が続いているという方へ

悩み、抑うつ、パニック

頭がスッキリしない、眠れない、朝が辛い、食欲がない、
仕事に行けない、趣味や娯楽への興味が湧かないなど、
いずれかの症状が続いているのは、脳の働きが低下して
いる可能性があります。
もし、上記のようなうつ気分、うつ症状が生じている
のなら、うつ病、もしくはうつ状態になっているのかも
知れません。
また、それらの入り口に立っているのかも知れません。

うつ病の改善は正しい認識から始まる

うつ病は、脳内のセロトニンという神経伝達物質の伝達が上手くいっていない状態で
あると言われていますが、何がきっかけでうつ気分、うつ症状が表れるかは人によって
違いがあります。
そのため、改善するために取り組むべき内容に違いが出てきます。

またうつ病は、自分がうつ病だと自覚することが難しいケースもあるので、治療を
始めるタイミングが遅れてしまうことがあります。
女性の方が通院して治療を受けている人が多いのですが、自殺者は男性の方が多いと
いう傾向からも、自分がうつ病であることを自覚できていない、否定してしまう人が
いることの表れだと感じています。
うつ気分、うつ症状があれば、早いうちに精神科やカウンセリングルームに通って
ください。

あとうつ病は、『心の弱い人がなる病気ではない』という点を理解しておいていただき
たいと思います。
うつ気分やうつ症状が出る理由はさまざまなので、誰がいつうつ病になるかわからない
のです。

うつ気分、うつ症状チェックテスト

あなたのうつ度をチェックしてみて下さい。

1、気分について
○無気力感があり、何もする気が起らない状態が続いている。
○理由はないのに焦りを感じてしまったり、何かに追われている感じがする
○孤独感が強く、さみしい気持ちになる。
○悲しい気持ちになることがある、または悲しい気持ちが続いている。
○集中力が低下している気がする。
○何かを決断することができす、決断することに不安を感じやすくなっている。
○最近、後悔することや自分を責めることが多くなった。

2、食事、胃腸の調子について
○食欲がなく、食事をとらない時が多い。
○朝、出勤前になると吐き気がする、または吐いてしまう。
○食事を食べた後、胃がむかつくことが多くなった気がする。

3、睡眠について
○寝付くまでに60分以上かかったり、朝まで寝れない日が週に半分以上ある。
○寝ても夜中に目が覚めるし、十分に睡眠をとれた気がしない日が続いている。
○朝起きることができず寝すぎてしまう。

上記の項目の中で、該当するものはいくつありましたか?
1の項目で2個、2、3の項目で1つずつチェックがついた方は、うつ傾向
であると言えます。
該当する項目が多いほどうつである可能性も高いので、一度専門家に自分の
状態を話して下さい。

うつ気分、うつ症状が続いている方はカウンセリングへ

カウンセリングには、
医師からうつ病だと言われたけど、薬を飲むことに抵抗がある という方や、
精神科に通っているけど、うつ病がよくならない という方
薬を飲んでいるけど、話も聴いて欲しいという方が来られています。

うつ病という病気は厄介で、目に見える異常があるわけではないので、周囲の人に
辛さを理解してもらえなかったり、自分でも元気になりかけたと思っても何かが
きっかけで症状が出てしまい、その結果長くうつを患ってしまうことがあります。

うつ気分、うつ状態が長引く理由

うつが良くならないという方は、下記のような理由がある可能性があります。
うつ気分やうつ症状でお悩みの方は、当てはまることろはないか確認してください。

うつ気分、うつ状態が改善しない原因
  • 薬を飲む必要があるうつ病なのに、病院に通っていない
  • ストレスが原因でうつ症状が出ているのに薬を飲んでいるだけ
  • 飲んでいる薬が症状と合っていない
  • うつの改善に必要な生活習慣が身についていない
  • 専門家から間違ったアドバイスを受けている

うつになるとなかなか治らないという認識を持っている人も多いですが、理由まで
把握している人は少ないと言えます。
ただ漠然とうつは怖いものだ、治らないものだという認識ではなく、何がうつ気分
やうつ症状を長引かせるのかはあくすることが改善するために必要です。

精神科医やカウンセラーに伝えるべき自分の『うつ』の傾向

自分がどんなタイプの『うつ』なのかで、改善への取り組みは違ってきます。
うつ気分、うつ症状はあるけど、自分がどんなタイプのうつかわからないという方は、
下記を見て確認してみてください。

自分の『うつ』のタイプを確認する
  1. 何事に対してもやる気が起きないが、とりあえず仕事や家事はしている
  2. 仕事や家事はできていないけど、外出や趣味はできている
  3. うつが悪化していて、今は何もやる気が起こらないし、何もできていない

精神科医やカウンセラーは、うつで悩んでいる人の話を聴く時に、上記の状態を確認
したいと考えています。
専門家に相談する際には、自分がどの状態なのかを正直に精神科医やカウンセラーに
伝えてください。

うつになっている原因やうつ気分やうつ症状の程度によって精神科に行くべきなのか、
カウンセリングを受けるべきなのかは違ってきます。
カウンセリングでは、話をお聴きしてどちらを主に改善を目指すことが望ましいかと
いうアドバイスもしています。

うつ病、うつ状態の改善を目指すカウンセリング

うつ気分、うつ症状がある場合に、何が原因でそれらが発生しているかによって
取り組むべき内容に違いがあります。
おおまかに分けると、うつは下記の3つの分類できます。

克服方法から見たうつの違い
  • 脳の働きを整える、回復させることで良くなるうつ
  • 環境を変える、ストレスから逃れることで良くなるうつ
  • ものの考え方や習慣を変えることで良くなるうつ

うつ気分やうつ症状が続いている時に、その原因によって改善のために必要な
取り組み方が違ってきます。
カウンセリングでは、カウンセラーが話を聴かせていただきながら原因を把握
して、改善に必要な取り組みを提案いたします。

うつ病、うつ状態を改善するための方法

うつ病、もしくはうつ状態である場合は、下記のいずれかの方法を組み合わせて
改善を目指すことになります。
うつ気分、うつ症状を生み出している原因によって取り組むべき内容に違いが
あるので、カウンセリングを受ける際にはたくさん話をしていただくことで、
どのような取り組みが望ましいかがわかってきます。

うつを改善するために必要なこと
  • 薬を飲み、しっかりと休養を取る
  • 生活習慣を整えて、脳の健康状態を維持する
  • ストレスを回避、緩和して脳へのダメージを減らす
  • 自分の認知を変えて生きやすい考え方を構築する

もし、うつが良くならないと悩んでいる方がおられたら、良くならない原因はタイプ
に合わせた改善の取り組みが出来て良い階からかも知れません。
うつで悩んでいて、改善の方向性が見えないという方は一度カウンセリングにお越し
下さい。