パチンコ、スロットを止めるために

パチンコ、スロットを止めるためのカウンセリング

パチンコやスロットが止められないというのは依存症に
なってしまっているからです。
止めるためには自分がパチンコ、スロットに依存している
ことを認めなければなりません。
自分が依存症であることを認めたことを表す第一歩の行動
がカウンセリングを受けることなのです。

パチンコ、スロットへの依存度症チェック

自分が、もしくは家族がパチンコ、スロットに依存しているかを判断するために、
下記のチェックリストを活用してください。
該当するものが多いほど依存症であると考えられます。
特に末期症状に該当している場合は、依存度合いがかなり高いと言えます。

パチンコ、スロットへの依存度チェック
  • パチンコやスロットをして、財布の中にあるお金を使い切ったことがある
  • 持っているお金を使いきった後、銀行にお金をおろしに行ったことがある
  • 休みの日は、一日中パチンコやスロットをしていることがある
  • パチンコ、スロットをして、「何をしてるんだろう」と情けなく思うことがある
  • 生活費や貯金を崩してでもパチンコ、スロットをしている
  • パチンコ、スロットをしていて、人との約束に遅れたり、約束を忘れたことがある
  • デートや家族と出かける時にパチンコ屋さんにいくことがある
  • パチンコ、スロットで負けても、負けていないと見栄を張ったことがある
  • パチンコ、スロットをしている頻度を家族には少なく伝えている

パチンコ依存症の末期症状チェック

  • 仕事中なのにパチンコ、スロットに行くことがある
  • パチンコ、スロットで負けて、消費者金融や知り合いにお金を借りたことがある
  • 借りたお金はほとんど返せていない、さらに借金は増えている
  • パチンコ、スロットをするために職場のお金を横領したり、盗んだことがある
  • パチンコ、スロットで負けても、いつかは大勝ちして取り返せると思っている
  • 借金や盗んだお金は、買った時に返せばいいと思っている

パチンコやスロットへの依存は犯罪行為にまで発展する

パチンコ依存症の相談に来られている方の中には、多額の借金をしている方や会社
のお金を横領して解雇になってしまったという方もおられます。
パチンコ依存症は、脳が正気が失われるような働きになるため、常識的な判断では
なく欲求を優先する行動をする状態になっています。
依存症である期間が長いほど、その脳の働きが強化されているので、パチンコを
したいと思った状態で正気を失う状態になり、パチンコやスロットをしていると
その状態はどんどん悪化してしまいます。

そのため、パチンコやスロットをしたいと考えている時は、正常な判断ができない
ため多額の借金をしてしまったり、職場のお金を横領したり、他人のお金を盗んだり
してしまいます。

パチンコ依存症の人は否認の心理がとても強い

パチン依存症ははもちろん、依存症全般に言えることなのですが、依存症の人は否認
の心理が非常に強いです。
否認の心理とは、自分は病気ではない、反省もしているから一人で改善できる、後悔
しているから全体にもうしない、すぐにもう改善できたと自己判断をする、という
ような心理です。

依存症が改善しない理由は、否認の心理が改善の取り組みを邪魔するからです。
依存症の人は、日常生活は普通に遅れている状態であり、思考レベルが低下している
わけではないので、カウンセリングに真面目に取り組めば、カウンセラーの言っている
ことの理解も早いし、改善の取り組みも実行できます。
そういう意味では、しっかりとカウンセリングを継続することが、改善の可能性を非常
に高くしてくれるのですが、すぐにカウンセリングに通わなくなるという特徴もあります。

この否認の心理は、さまざまな依存症の中でもパチンコ依存症の人は強い方なので、改善
するためのはしっかりと改善するという意思を持って取り組まなければなりません。

カウンセリングでパチンコ、スロット依存症の改善

AXIAには、依存症の相談に来られる方が非常に多く、その分だけカウンセラーは依存症
の改善ノウハウ、依存症の人が改善していく経過を知っています。

依存症の中でもパチンコ、スロット依存症の方は、否認の心理が強くて勝手にカウンセリング
に来なくなることが非常に多いので、カウンセラーの提案をしっかりと聴いてカウンセリング
を受けて頂きたいと思っております。

私たちは、多くの依存症の方と関わってきた経験から、依存症の方の改善の経過、再犯の兆し
などを知っており、改善のためのノウハウも確立しています。
パチンコ、スロット依存症を改善したい、家族にパチンコ依存症を改善してほしいという方は
カウンセリングにお越しください。

再発の兆しは勝手にカウンセリングを中断すること

パチンコ、スロットを止めてカウンセリングを続けていたのに、再発してしまう方の特徴は、
カウンセリングを受けるべき頻度をカウンセラーに提示されていたにも拘らず、その頻度を
勝手に変えたり、カウンセリングを自己判断で止めてしまう人です。

さらにカウンセリングの中では、「全くパチンコやスロットをしたい気持ちにならない」と
嘘をついていることが多いです。
カウンセリングをしていても、またパチンコやスロットをしたい気持ちが出てくることは
仕方のないことなので、その気持ちもカウンセリングでお伝え下さい。

自分の気持ちを正直に受け止め、行動化しないようにしていくこともカウンセリングの目的です。
パチンコやスロットをしたい衝動と向き合いながら止めていくことは簡単ではありませんが、
依存症改善のために取り組んで行きましょう。
カウンセラーがしっかりとサポートしていきます。