あがり症という悩み

ビジネスマンやお医者さんなど、仕事で人前で発表する機会のある人から、
緊張して人前で上手く話せないという相談を受けることがあります。

『人前で失敗することはできない』、『厳しい指摘をされないだろうか』
という思いが、脳を混乱させ、口も上手く動かなくなり、準備していたことが
飛んでしまったり、言葉が上手く発せないという状態になってしまうという
悩みで、いわゆるあがり症というものです。

 

あがり症になってしまう人の心理

あがり症になってしまう人には、以下のような心理的特徴があります。

緊張の捉え方

あがり症になってしまう人の特徴として、緊張することは良くないことだと
いう固定観念を持っています。
緊張とは何かを正確に知らないために、緊張によって生じる体の反応を悪い
ものだと思って、心臓がドキドキしたり、呼吸が荒くなったり、手に汗をかく
ことで、緊張しているから上手くいかないのではないかという不安が増加
してしまう傾向があります。

他人からの評価への囚われ

人前で話す時、自分が何をするかということよりも、他人が自分のことをどう
評価するのだろうかということに意識が囚われてしまっています。
自分がコントロール可能なのことではなく、自分の力ではコントロールでき
ないことに意識が向いてしまっています。

以前の失敗から生じるトラウマ

過去に人前で話した時に上手くできなかったという思いが強く、人前に立つ
とどうしてもその記憶が頭に浮かんできて、呼吸が浅くなり、頭が真っ白に
なって、言葉が出なくなてしまう人がいます。

あがり症と性格

あがり症になってしまう人は、上記のような心理的特徴がありますが、その
特徴を身につけやすい性格的特徴もあります。

真面目で失敗を知ることへの抵抗感が強い完璧主義者。
そして、物事を良いか悪いか、失敗か成功かという二極的に捉えてしまう。
また、他人からの評価を気にしやすく、他人の評価が自分の人生を左右する
という思いが少なからずある。

このような性格の人は、他人からの言葉や一度の失敗によって、あがり症に
なってしまう心理的特徴が強くなりやすいと言えます。
ただ、性格と心理状態は影響し合うものですが、イコールではないので、
上記のような性格の人でもあがり症を克服することは可能です。

 

あがり症を克服するカウンセリング

あがり症の克服のためのカウンセリングは、まずは話を聴かせて頂き、
あがり症の程度や状態、緊張して話が上手くできなくなり始めた経緯などを
確認させて頂きます。

その上で、緊張を受け入れることができるための知識の提供、緊張をコント
ロールするためのトレーニングを行っていきます。

AXIAには、強い気持ちでスポーツに取り組む学生や実業団やプロのアス
リートも相談に来られていて、緊張やあがり症を克服をサポートしてきた
実績が豊富です。
緊張やあがり症で悩んでおられる方は、一度ご相談下さい。

対人恐怖症に関するコンテンツ

対人恐怖症のカウンセリング|大阪のAXIA