会社に行きたくないという悩み

日曜日の夕方、サザエさんが始まる時間帯になると月曜日に仕事に行くことを考えて
憂鬱な気持ちにになる状態のことをサザエさん症候群と言います。
倦怠感を感じる、体調不良になる人もいるほどで、うつ症状の一つの形でもあります。

日曜日の夕方になると憂鬱になる

わかりやすく言うと、日曜の夕方になると『月曜日が嫌だな』と思っている状態で、
月曜日に仕事に行きたくない、または行けなくなるブルーマンデー症候群の一種が
サザエさん症候群なのです。
中には頭痛、腹痛、吐き気など具体的な症状が表れる人もおられます。

日曜日の夕方になると、
『もう休日も終わりに近づいていて、明日出勤しなければならないという現実』
と憂鬱感を感じることが多くなっているようなら、サザエさん症候群に陥っている
かもしれません。

 

会社に行きたいくない気持ちは心からのサイン

会社に行きたいくないと頻繁に思うようになっていたり、実際に出社拒否をして
しまったという方は、心がストレスに耐えきれなくなってきて、SOSのサインを
出していると思って下さい。

その原因は、過度な業務量かもしれませんし、人間関係のストレス化も知れません。
何らかの原因でストレスを受け続けていて、そのケアが十分に出来ていない時、
心は限界が来る前に何らかのサインを発します。
サザエさん症候群はそのサインの一つでもあります。

サザエさん症候群は、今のうちにストレスをケアすれば大きな問題にはならないから
早いうちにケアをして欲しいという脳からのサインです。
会社に行きたくない気持ちや何度か出社拒否を続けている状況を放置せずにストレス
を発散して下さい。

カウンセリングは、そのための有効な手段です。
カウンセラーに相談して頂くと、悩みを聴かせて頂きながらストレスへの対処や人間
関係を乗り切るアドバイス、時には転職のアドバイスなどを行っていきます。
話を聴かせて頂き、クライエントの状況と状態を良く確認した上で、その人のとって
何が望ましいのかを考えてカウンセリングを進めていきます。

 

サザエさん症候群を放置すると

会社に行きたくない、出社拒否という状態を放置し続けると問題が大きくなっていく
可能性があります。

・うつ状態が悪化し、本当に出社できなくなる
・仕事をサボるようになり、社内での信頼を失う
・ストレスが蓄積して言葉がきつくなったり、暴力的になる
・スリルを求めて問題行動を起こすようになる

 

上記はほんの一例ですが、カウンセリングに来られた方のお話を聴いていると、
会社に行きたくないという思いを誰にも相談できなかったため、ストレスが
さらに大きな心の問題、心身の不調、行動の異常化を招いたというケースも
あるので、会社に行きたくないという思いを自覚している段階で相談に来て
頂ければと思います。

早い段階でカウンセリングを受けに来られた方は、当然改善までの時間も
少なくて済む場合も多いのでサザエさん症候群の兆候を感じたら専門家に
ご相談下さい。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA