月曜日に仕事に行くのが辛いという悩み

ブルーマンデー症候群というものを聞いたことがありますか?

これは、日曜日の夕方から会社に行くことを考えると憂鬱になる、日曜日の夜はあまり
よく寝れない、月曜の朝は吐き気や腹痛に襲われる、月曜日の午前中は仕事に集中でき
なくてミスも多い、などが当てはまる状態のことを言います。

休み明けの出勤は、少し憂鬱な気分になるという人は少なくないと思いますが、
ブルーマンデー症候群は憂鬱感や気分の落ち込みが強く、集中力も大幅に欠けている
状態で、場合によっては吐き気や腹痛などの症状も月曜日に強く表れます。
また、自殺者も月曜日は他の曜日に比べて1.3~1.5倍ほど多いというデータも
あるようです。

ブルーマンデー症候群の人は怠け者ではない

カウンセリングでも、ブルーマンデー症候群だと思われる人が相談に来られますが、
会社に行くのが辛いという思いがある反面、休むわけにはいかない、責任を果たさ
なければならないという思いで、辛い心と体にムチを打って出勤しているという方
が多いように思います。

そのため、仕事への責任感の強さから、ブルーマンデー症候群に近づいている自分
の状態を把握することができないまま過ごしていて、ある日急に心身に掛かって
いる負荷をドッと感じて仕事に行くのが辛くなったという体験談をよく聴きます。

他人が「毎週月曜日になると会社に行くのが辛いと感じる」という話を聞いたら、
この人は仕事への意欲が低い怠け者かもしれないと思うかもしれませんが、
責任感が強く、他人の期待に応えようと頑張ってきた人で、その上で自分の本音
を相手に伝えることが苦手なため、多くの仕事を抱えてしまっているという場合
が多いのです。

月曜日とストレスと条件反射

ブルーマンデー症候群の人は、毎週日曜日の夕方から気持ちが沈むようになって
いるのですが、これは会社に行くこと、仕事を抱えて過ぎていること、職場の
人間関係が辛いなどのストレスがあり、月曜日というものがストレス反応を高める
条件反射のスイッチとなっています。

そのストレス反応が、ストレス源である会社から自分を遠ざけるため会社に行く
こと、働くことの意欲を生まないと形で表れている状態がブルーマンデー症候群
なのです。

責任を放棄しようとしているわけでもなければ、自分が休むことで周囲に迷惑を
掛けても良いと思っているのではなく、月曜日を連想するとやる気が起こらなく
なるという条件反射が身に付いているのです。

ブルーマンデー症候群への対策

ブルーマンデー症候群にならないためには、日頃から抱えている不満を話せる相手
がいるということが望ましいと言えます。
仕事は辛い、苦しいと思うことがあってもおかしいことではないので、それを言葉
にして吐き出すことも必要だからです。

また、余暇の過ごし方を見直すことも大切です。
仕事終わりや休日に時間が取れる人は、その過ごし方を見直すことで月曜日の気持ち
が変わってくることもあります。

さらに仕事へ意識や仕事のやり方を変えることも対策の1つです。
職場で生まれているストレスがブルーマンデー症候群を引き起こしているので、仕事
の見直しが可能なのであれば、見直しに取り組みましょう。

 

どのような対策が効果があるかは、その人の置かれている環境やストレスの原因など
によって違いがありますが、状態が悪化するまでに相談に行くことが大切です。
また、現在ブルーマンデー症候群だと自覚できる状態である場合も専門家に相談する
ことをおすすめします。
状態が悪くなっているほど、適切な対策が必要となるからです。

長いサラリーマン生活の中で、心が着かれてがんばれない時には少し立ち止まって
みることも必要かと思います。
月曜日に会社に行きたくない、気持ちが落ち込んでしまうという方はご相談下さい。

 

類似記事の紹介

サザエさん症候群 ~日曜日の夕方が辛い~

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA