うつ病なのか?うつ状態なのか?

調子が悪いので精神科に行ったら、うつ病だと診断されると思っていたのに
【うつ状態という診断を受けたことがあるという人は少なくないと思います。
そして、良いお医者さんに診てもらっていた場合、少しだけしか薬がでない
こともあります。

お医者さんからうつ状態だと言われても、詳しい説明を受けない限りうつ病
だと受け取ってしまう人は多いです。
しかし、うつ病とうつ状態は、自覚症状は同じようなものが表れますが、
症状が出た原因、治るための条件などに違いがあります。

抑うつ気分、不眠、食欲低下、不安や焦燥感、疲労感や倦怠感などは感じて
いるけど、うつ病なのかどうかよくわからないという方は、下記の説明に
目を通してみて下さい。

いろいろなタイプのうつ病

外因性うつ病

外因性のうつは、身体因性うつとも言われていて、身体の不調に伴いうつ症状や
うつ気分が表れることが特徴です。
例えば、認知症や脳血栓等の脳の病気、脳挫傷などの頭部のケガ、甲状腺機能
の低下、糖尿病などの病気、アルコール、 薬物が原因となります。
また女性では、PMS、PMDD(月経前気分障害)、産後うつ病、更年期障害などが
原因となって発症することもあります。

治療は、それぞれの症状の治療や緩和と並行して行っていく必要があるので、
原因である症状に対する専門医に診てもらいながら、うつに対するケアも同時に
行ってもらうことが望ましいと言えます。
カウンセリングについては、治療の経過で表れるストレスの緩和という補助的な
位置づけとして活用して頂くことも有効ですが、基本的には原因となっている
病気の治療を優先するべきです。

 

内因性うつ病

遺伝や体質が原因で発症するうつです。
いわゆる『うつ病』と言われるのは内因性のうつのことです。
発症の原因にストレスが影響することもあるようですが、ストレスの影響が
なかったり、少なくても発症する可能性があります。

心因性のうつの人が、自分はうつ病だと公言するのに対して、内因性のうつの人は、
自分がうつ病であることを認めたがらない傾向があり、精神科の受診が遅くなって
しまうこともあります。
また、うつ症状を感じて辛い思いをしていても、それを周囲に隠そうとする傾向
もあり、うつ病のつらさを一人で抱え込んで自殺をしてしまうというケースが
あるので、うつ病の早期治療を促すことは医療やカウンセリングの分野の専門家
の課題であると言えます。

内因性のうつ病の場合は、薬物療法が主になるので精神科を受診して適切な薬を
もらい飲み続けること、再発しないように何を気を付けるべきかを教えてもらって
実行することが必要です。

 

心因性うつ病

簡単に言うとストレスが原因でうつ症状やうつ気分が表れるうつです。
大きなストレスを受けた場合でもじわりじわりとストレスを受け続けている場合
でも発症します。
心因性のうつ病は、うつ病ではなく『うつ状態』と言われています。
うつ病に比べ、うつ状態というと大したことないように思われるかもしれませんが、
症状が出ている原因が違うだけで、症状自体のつらさはうつ状態でも重くなること
はあり、決して安易に考えられるものではありません。

心因性のうつは下記のように分類することができます。

 

疲憊性うつ病

人間関係や仕事などで、感情が揺さぶられるストレスを受けて発症するうつ症状
やうつ気分が発症します。
別の言い方をすると不快感を感じ、それが続くことによって精神状態が悪く
なってしまうタイプのうつです。

反応性うつ病

家族やペットとの死別、災害、犯罪などの被害によるストレスによって発症する
うつです。
場合によってはPTSDにもつながる恐れがあります。

神経症性うつ病

これは神経の疲労によってうつ症状やうつ気分が発生するうつです。
神経の疲労とは、その人の性格傾向によって生まれる思考パターンによって
脳が疲労するケースや同じ作業を続けることによって脳が疲労するパターン
があります。
抑うつ神経症と言われるのは、このうつのことです。

 

上記のいずれも、内因性のうつとは発症の原因が異なるため、精神科では
うつ状態として診断を受けることもあります。
改善には、ストレスが原因なので、ストレスをケアするためのカウンセリング
を受けることが望ましく、反対に薬物療法は効果が表れにくいと言えます。

症状が重い場合は、それを緩和するために薬が有効ではありますが、薬を
飲むだけでストレス原因が取り除かれていなければ、症状はなくならない
ため、カウンセリングを受けることが必要です。

うつ病の診断と薬の服用

薬は本当に必要なのか?

心身の不調を感じ、精神科や心療内科に行ってうつ病やうつ状態と診断された方の
中には、薬は飲みたくないという方は少なくありません。
うつになると病院に通って薬を飲まないといけない、薬を飲み続けることになると
いう先入観を持っている方もおられますが、決してうつの改善=薬で治療ではない
のです。

確かに、うつ病の改善には薬は有効である場合も多く、むしろうつ病の場合は症状
の重さによっては薬を飲んだ方がいい場合もあります。
(飲み続けた方がいいわけではありません)
しかし、うつ状態の場合は、その原因はストレスである場合が多いので、薬では
改善されないためストレスの自覚とケアが必要になります。

カウンセリングには、うつ状態の方がたくさん来られますが、それはうつ状態が
ストレスが原因の症状であるためです。

 

うつ病の薬の役割と薬を飲みながら習慣化すべきこと

カウンセラーという仕事をしているとうつ病の方ともうつ状態の方ともお会いする
ことが多いのですが、その方たちの持っておられる先入観は、薬を飲まないといけ
ないというものであり、薬を長く飲んできた方は薬を飲んでも良くならないと感じ
つつ、薬しか頼れないと思ってしまっているということが多いのです。

しかし、一生薬に頼らないといけないということは決してありません。
それは、うつ病の原因は脳内の神経伝達物質の働きが弱っていることであり、
生活習慣の改善で脳の働きを活性化することは可能だからです。

うつは、神経伝達物質の中でもセロトニンという物質が関係しているのですが、
このセロトニンは太陽光を浴びると増えることもわかっていますし、うつにつき
ものの不眠も太陽光を浴びることで改善されるということもわかっています。
また、神経伝達物質は薬で補給するものでなく、食物に含まれる栄養によって
体内でつくられるものなので、最終的には薬ではなく、食生活が重要になって
くるのです。

そのため、うつ病の方が薬を飲む必要があるのは、まず日常生活の習慣改善に
取り組むまでに症状を回復させる場合と不安であれば適量の薬だけ処方して
もらう場合なのです。

 

話を聴いて欲しい場合はカウンセリングへ

うつ病で通院されている方も、自分はうつ病だと感じた方もカウンセリングには
たくさん来られています。
うつ病であっても話を聴いて欲しいと思っておられる方は、精神科の通院と並行
してカウンセリングを利用しておられます。

カウンセリングでは、しっかりお話を聴かせて頂くのでうつ病の方にも、うつ状態
の方にも、それぞれに合ったアドバイスをさせて頂きます。

当事務所のカウンセラーは食生活、運動、睡眠など、いろいろな観点からうつ病や
うつ状態の対策について知識を持っておりますのでご安心ください。