結婚したいけど、できない女性

結婚をしたいという気持ちはあるが、結婚できないという人は何らかの心理的な
要因を抱えておられることが多いです。
その中でもカウンセリングをしていて強く感じるのが下記のような要因です。

・失敗することを過度に恐れていて、結婚に踏み切れない
・彼氏に結婚の意思があるのかどうか聞けない
・付き合った男性のことを卑下してしまう
・男性が信じられずに束縛してしまう

 

結婚できないという悩みを持った女性の特徴は、自尊心が低いということです。
そのため上記のような心理的要因が生まれてきます。

結婚できない女性は自尊心が低い

自尊心が低くて、完璧主義的なところがあると結婚しても上手くいかなかったら
どうしよう、本当にこの人でいいのだろうかと根拠の乏しい不安で頭がいっぱいに
なり決断できなくなってしまいます。

また相手の男性がはっきりした答えを出せない人で、結婚をほのめかすような話を
してものらりくらり返すような態度を取られても、それを黙認してしまったまま、
別れることもできずズルズル付き合ってしまう。
さらに挙句の果てに分かれることになり、年齢だけ重ねてしまった・・・。

あとは、自分と付き合った男性のことを周囲の人に卑下して話してしまう。
彼氏と一緒に友達とかと会っていると、彼氏に悪態をついてしまうなどして、男性
の自尊心を傷つけてしまい関係が壊れてしまうという方もおられます。

さらに、誰と付き合っても男性が信じられずに束縛してしまい、相手が耐えられず
に別れることになってしまう、ということも結婚できないという悩みを抱えた方の
心理的特徴です。

 

自尊心の回復から行動、性格改善へ

結婚できないと悩んでいる方は、薄々気づいてはいるけど自分の自尊心の低さが
原因であるということと向き合うことは避けておられます。
その心理と向き合うことは決して楽なことではないからです。

しかし、自尊心の低さは、本人が悪いわけではありません。
幼少期からの親子関係が原因であったり、生まれ持った性格が自尊心が高まりに
くい性格だったという場合も十分に考えられます。

どのような場合でも、自分と向き合ってその理由をはっきりさせることで、自分
を受け入れられるようになったら自尊心も安定するでしょう。
自尊心とは何なのか、自尊心を安定させるには何が必要なのかということを理解
しているカウンセラーに話を聴いてもらえば心は少しずつ軽くなっていきます。

自尊心が回復すれば、日常の言動が変わってきます。
日常の言動が変化して、それが定着すれば人間関係が変わってきます。
さらに自分自身の人格にも変化が生まれ、強く意識しなくても自然と良い人間関係
を築ける言動ができるようになっていきます。

 

カウンセリングをきっかけに幸せな結婚へ

実際にカウンセリングを受けたことで、恋愛をする相手のタイプが変わってきたり、
恋愛中の自分の心理状態に変化が生じたりして、相手といい関係を築けるように
なった方もおられます。
そして結婚することができたという方もおられます。

カウンセリングを受けて生まれる心の余裕は、日常の人間関係には強く影響を
及ぼします。
自分が何のためにカウンセリングを受けるのかを明確にして取り組んでいただけ
れば、カウンセラーはその思いに応えていきます。
その先に日常の人間関係の変化があり、そして恋愛、結婚にもつながっていくの
です。

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA