辛い恋愛を繰り返えさないためのカウンセリング

恋愛依存症の相談は、ご本人が恋愛という行為や恋人に依存していることを自覚
している場合と自覚していない場合がありますが、両方を合わせると相談件数の
多いテーマです。

恋愛依存症になると、自覚してからでも抜け出すことは簡単ではありません。
一度、公開をするような恋愛をしても、また同じような相手を選んでしまうと
いう人も少なくないのです。
カウンセリングに来られている方の話を聴いてみると、今話している相談内容と
同じような恋愛を過去にも体験している人は多いです。

自分にとって辛いだけの恋愛、時間や財産を浪費する恋愛を繰り返さないために
恋愛依存症の対応経験のあるカウンセラーに相談して下さい。

AXIAは、恋愛や夫婦関係の相談、さまざまな依存症の相談が多く、恋愛と
いう関係性と依存という心理という観点から悩みの解決をサポートすることが
できるカウンセラーがそろっています。

大阪で恋愛相談ができるカウンセラーをお探しの方へ

 

その関係は恋愛依存症かもしれない

友達などに恋愛の相談をした時、『あなたは恋愛依存症かも』と言われたことは
ありませんか?

恋愛に依存している時は、幸せな恋愛だとは自分でも思えないのに関係を切る
ことが出来なかい、恋人がいない状態を想像しただけで不安で仕方ない、恋人の
ために自分は存在している…などという気持ちや考え方に陥っています。
そのため、相手との適切な距離を保てなくなる、疑いや不満が募り口論や喧嘩
になりやすい、ということもあり、お互いにとって辛いことの多い関係を作って
しまうケースもあります。

また、恋愛依存症の中には、相手が人格に大きな歪みを抱えているというケース
もあります。
その場合、暴力(DV)や、金銭のトラブルにも発展しかねません!
これらの状態では本来、恋愛関係は続きませんが、恋愛依存症に陥ってしまう人
の傾向として、自己価値・自尊心が低く、困っている人を支えることで、無意識に
自分の心の穴を埋めようとしてしまうので、自分の存在価値を見つけるためにも、
不安定な相手との関係を切ることが出来ないということが起こります。

恋愛関係も夫婦関係も、ある程度は依存しあう部分はありますが、それが、相手に
過度な負担や行動の制限を与えたり、損害をもたらすような負の依存関係であっては、
健全な恋愛関係も夫婦関係であるとは言えません。

もし、自分は恋愛依存症かも・・・と思われる方は、下記の項目を確認して下さい。

 

相談の多い恋愛依存症のパターン

・DV(ドメステッィクバイオレンス)をされていても別れられない

パートナーに暴力をふるうという事は、幼少期の体験が原因のパーソナリティの
歪みなのですが、そんな相手に暴力という不当な扱いを受けても付き合い続けて
しまうという人がいます。

・相手にお金を貢いでしまう

相手のためにと、借金の肩代わりをしたり、生活費を工面し続けてしまう状態で、
一時的にお金を貸すということは明らかに違います。

・一人でいると不安で、相手に何度も連絡してしまう

一人でいると寂しい、相手が浮気をしていないか不安になるなどの理由から、
一日に何度も電話やメールをしてしまうという状態です。
連絡が取れないと異常に不安が大きくなっていきます。

 

上記のような問題は、理性ではおかしいと思っていても、感情的に相手と
離れることに抵抗があるため、自分にとって良くない関係性だとしても
別れることを決断できません。
しかし、どうにかしたいという思いがあるからカウンセラーに相談する人
も多いのだと思います。

カウンセリングを受けることで、自分にとって本当に望ましい決断、自分
のことを大切にして生きるという意思決定ができるよう、カウンセラーは
お話聴かせて頂きます。

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約