回避依存症という悩み

カウンセリングには、いつも仲良くなると相手と離れたくなるので恋愛関係を
続けることができないという悩みで相談に来る方がおられます。
その方たちは、カウンセリングを続ける中で自分が回避依存症という心の問題
を抱えていることに気づいていきます。

人と深い関係が結べない人達

回避依存症は、子どもの頃からの親子関係、特に母子関係によって束縛や支配
を受けてきた結果、他人からの束縛や支配される関係を恐れ、人間関係で深い
関係を構築することを極端に避けようとする心の問題です。

回避依存症の人は、人と距離を縮めることが怖いものの、元々は 人に理解され
たいという思いや自分を受け入れてもらいたいという気持ちを持っています。
このような特徴が、恋愛関係を築くことの妨げになってしまいます。

 

回避依存症の人の恋愛傾向

回避依存症者は人と一定の距離を取りたがるのですが、恋愛では初めに理想的な
人物像で相手に近寄っていくという行動がみられます。
そうして、相手が自分を求めてくれるようになる状況をつくっていきます。

ただ、相手が自分に好意を持ち、関係性が構築されていくと離れたくなるのが
回避依存症で、「最近冷たくなった」と言われてしまうような態度を取るように
なっていきます。

付き合う前や付き合いだしたころは優しかったり、自分に関心を持ってくれて
いたのに、こちらの気持ちが高まるほど、相手はそっけない態度になったり、
自分と距離を置くようになってしまうのは、回避依存症の人の恋愛傾向です。

 

追いかけると逃げたくなるが、自分に関心は持ってほしい

恋愛関係は、多少なりともお互いに依存をしている状態で、依存の程度によっては、
支配欲や独占欲を強く示されるということなので、 回避依存症の人はそれを察知
して相手と距離を取りたくなります。
それにより「最近冷たい」と言われるような言動の変化が起きるのですが、 相手は
そんなことは分からないので、態度の変化に不安を感じるようになります。

相手は、当然不思議に思って、どんどん追いかけてしまうのですが、相手が関係を
深めようとするほど回避依存症の人は逃げていきます。

次第に、逃げられ続けた相手は寂しさから、他に自分の寂しさを埋めてくれる人を
探し始めますが、そうなると今度は回避依存症の人が、初めのような優しさや愛情を
見せていき、相手の興味を自分の方へ戻そうと動きます。
その変化を見て、相手は「やっぱり優しい、愛されている」と感るので回避依存症の
人の元へ戻ってくるのですが、そうなるとまた逃げたくなり距離を取る。 …という、
繰り返しになります。

 

回避依存症と恋愛依存症は惹かれ合う

上記で説明している恋愛傾向は、回避依存症と恋愛依存症の典型的なパターンです。
回避依存症の人と恋愛依存症の人は惹き合いやすく、カウンセリングをしていても、
「別れたいので別れられない」、「突然、恋人の態度が冷たくなった」という悩みや
回避依存症の人に対して恋愛依存症の人がストーカー行為を始めるようになって
しまったという相談を受けることがあります。

自分が回避依存症かもしれないということで悩んでおられる方は、なぜ自分が回避
依存症になっているのかをしっかりと考え、克服していくためにもカウンセリング
を受けることをおすすめします。

 

回避依存症とカウンセリング

回避依存症の相談は、恋愛に関する心理的問題と依存症の両方に対してアプローチ
ができるカウンセラーに相談することが望ましいと言えます。

恋愛という男女の関係性の問題だけでなく、依存という個人の心理的問題が重なり、
今抱えている悩みが生じていることが多いので、一人で解決しようと思っても同じ
ことを繰り返したり、正しい判断ができないという状態になってしまいます。

カウンセリングオフィスAXIAは、毎月何件も恋愛の相談依頼が入ってくるため、
恋愛の相談実績が豊富な上に、ギャンブルや買い物などをはじめとした依存症の
相談も非常に多いため、恋愛と依存の両方に関する専門性の高いカウンセラーが
そろっています。

自分は回避依存症かもしれないと悩んでおられる方は、カウンセリングをご利用下さい。

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA