偏屈な人は人間関係を築くのが苦手

世の中にはストレスが増加するほど偏屈になっていく性格傾向の人がいます。
偏屈というのは、頑固で素直ではなく、ひねくれているという様を表す言葉ですが、
このような特徴が強い人は、どうしても他人から避けられてしまい孤立してしまい
ます。

もしかしたら自分は偏屈なのかもしれないという方は、以下の4つ特徴がないか
自分を振り返ってみて下さい。

特徴1 嫌味なことを言う

偏屈な人は、すぐ嫌味を言ってしまうという特徴があります。
素直に気持ちを表現することができないため、本心を嫌味という形で他人に伝え
ようとしてしまうのです。
しかし、嫌味は回りくどくなってしまうだけでなく、他人への攻撃的な言葉でも
あるので本心が上手く伝わることはありません。

特徴2 他人の意見に耳を貸さない

偏屈な人は、自分の考えに固執してしまう傾向があるため、他人が良かれと思い
助言をしても耳を貸そうとしません。
自分の考えが正しいという思いが強いため、何を言われても拒絶してしまいます。
相手の意見が自分の考えに近くても、他人を疑いやすいという特徴もあるので
素直に相手の言葉を受け入れることをしません。

特徴3 他人を見下すような発言が多い

偏屈な人は、自分の知識に自信を持っている人が多く、知識のない人を軽蔑する
傾向があります。
そのため、無意識に他人を見下すような発言をしてしまうのですが、他人からは
怖がられたり、嫌がられてしまいます。

特徴4 協調性がない

偏屈な人は、基本的には一人でも平気な人が多いため、協調性に欠けていること
が多いと言えます。
協調性が低いと孤独になりがちですが、偏屈な人は孤独に強いという傾向もある
ので自分がそれでよければ問題はないのですが、他人と強調する必要がある時に
支障が出てしまうことがあります。

偏屈な性格とカウンセリング

実は、偏屈な性格の人がカウンセリングを受けに来られるということはあまり
多くありません。
他人を頼らない、他人を疑う、自分の知識に自信があるという傾向が強いので、
悩むことがあっても自分で解決をしようとします。
さらにカウンセリングの中で比較的多い相談である人間関係の悩みを持つことが
少ないという点もカウンセラーに相談する機会の少なさと関係していると思います。

ただ、もし自分が偏屈なのではないかと悩んでいる場合はカウンセリングを受けて
みて欲しいと思います。
カウンセリングでは、ストレスのケアを行いつつ、偏屈だという悩みは本当に偏屈
であることから生じているのか見極めていきます。

話を聴いて悩みの傾向がわかったら、性格の特徴に合わせ必要なアドバイスをする
などして悩みの解決を目指します。

性格の悩みに関するコンテンツ

  1. 1.神経質な性格が悩みだという人のカウンセリング
  2. 2.他人と衝突しやすい性格に悩む人のカウンセリング
  3. 3.他人に嫉妬しやすい性格の改善カウンセリング
  4. 4.ネガティブな性格を改善するカウンセリング
  5. 5.偏屈な性格を改善するカウンセリング
  6. 6.心配性な性格で悩んでいる人のカウンセリング
  7. 7.困難から逃げる性格を改善するカウンセリング
  8. 8.攻撃的な性格をコントロールするカウンセリング
  9. 9.怠惰な性格を改善するカウンセリング

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ