自分の中の嫉妬心を改善したいという方へ

他人に嫉妬ばかりして卑屈になってしまう性格を改善したいという相談を受けることがあります。
世の中には、他人への嫉妬心が強くなりやすい人がいて、その人はストレスが増加している時や自尊心が低下している時は、他人への嫉妬心が高くなるという傾向があります。

他人への嫉妬心を努力によって解消しようとしている状態ならいいのですが、十分な努力もせずに成果を求めていたり、他人が失敗することを望むようになってしまうと成長が止まり、人間関係も悪くなるので、自分が嫉妬心が強いのではないかと感じるようになり問題意識を持つようになった人がカウンセリングに来られているように感じます。

嫉妬心が怠惰な生活につながることがある

他人への嫉妬心が高まり、他人の失敗を願うような気持ちが強くなっていくと努力をしなくなってしまいます。
そんな状況が長く続くと、どんどん怠惰になって自ら行動することなく成果を上げている人や幸せそうな人の批判ばかりするようになっていきます。

もし、自分の心の中に嫉妬心を感じていて、頭の中で他人の悪い点ばかりを探してしまうような思考に陥っていたら注意が必要です。

嫉妬心が人間関係を悪化させる

嫉妬心は、自分さえよければいいという発想につながるため、嫉妬心が強くなって行くことに気づかないままだと人間関係が悪化する可能性があります。

身近な人の批判をするようになったり、嫉妬心が向いている相手との距離を置こうとしてしまったり、自分を評価しない人達への批判的な感情が強まって人間関係が悪化してしまうのです。
そうなってしまう前に嫉妬というエネルギーを正しい方向に向けることが必要です。

嫉妬心を正しい努力につなげるカウンセリング

嫉妬心が生じやすいということは、生まれ持った性格傾向が関係している可能性があります。
その場合、嫉妬心が生じること自体を否定するのではなく嫉妬というエネルギーを適切な努力の原動力となるようにする必要があります。

カウンセリングでは、話を聴いてストレスの緩和や心の整理を行た上で、嫉妬心が適切な努力に向かうようにサポートしていきます。
嫉妬心が強い人は努力ができる人も多いので、努力によって他人からの評価を得て心が安定していく傾向にあります。
努力が成果につながるようになると、他人に対する信頼感が強まり人間関係も良い方向に向かいます。

嫉妬心が高い人は、カウンセリングによって自分の心のエネルギーの行き先を調整することが大切です。

嫉妬心を無くすのではなく努力に変える

嫉妬心はが強くて困っているからと言って、嫉妬心を無くそうと心掛けても上手くはいきません。
嫉妬しやすいかどうかは、生まれ持った性格傾向が関係しているところがあるので、無くそうとするのではなく自分の成長につながる行動に変えることが望ましい解決策だと言えます。

行動のモチベーションが嫉妬心から生まれたとしても、行動によって得られた成果を感じることを積み重ねていけば努力をすることの必要性を実感します。
そして嫉妬心が生じると努力をするという習慣が身に付いてくると、生活の中で嫉妬心が強まったとしても選択する行動が良くなります。


カウンセリングでは、嫉妬心を無くすことではなく、嫉妬心が生じたら自分を成長させる行動を選択するという習慣づけを目指していきます。


性格の悩みに関するコンテンツ

  1. 1.神経質な性格が悩みだという人のカウンセリング
  2. 2.他人と衝突しやすい性格に悩む人のカウンセリング
  3. 3.他人に嫉妬しやすい性格の改善カウンセリング
  4. 4.ネガティブな性格を改善するカウンセリング
  5. 5.偏屈な性格を改善するカウンセリング
  6. 6.心配性な性格で悩んでいる人のカウンセリング
  7. 7.困難から逃げる性格を改善するカウンセリング
  8. 8.攻撃的な性格をコントロールするカウンセリング
  9. 9.怠惰な性格を改善するカウンセリング

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ