洗脳、マインドコントロール解いて欲しいという相談

私のところには、マインドコントロールを解いて欲しいという相談依頼があります。
年に5件弱はあるのですが、ほぼすべて当事者のご家族からの依頼です。

その中で一番多いのは、彼氏や彼女等、付き合う相手の言いなりになって学校に行かなくなった、仕事を辞めてしまった、言動がおかしい、お金を貢いでいるというケースです。

それ以外では、宗教家や占い師、カウンセラーやセラピストから洗脳されているというケースもあります。

ここで、マインドコントロールと洗脳は何が違うのかと思われた方もいるのでは無いかと思うので、その違いについて少し説明いたします。

マインドコントロールは心の隙をついてコントロールすること

マインドコントロールとは、孤独感や罪悪感、後悔など心が府の状態になっている時に相手に近寄り、相手を自分の思うようにコントロールすることです。
どちらかというと恋愛関係で起きていることが多いと言えます。
ただ、恋愛でもマインドコントロールという関係から、少しずつ洗脳に傾いて行くこともあります。

洗脳とは価値観のすり替え

洗脳とは、字のとおり脳を洗うかの如く、その人がこれまでの人生で身につけてきた価値観をきれいに洗い流し、そこに自分がその人をコントロールするために新しい価値観を植え付ける行為を言います。

価値観を洗い流すというのはどういうことかというと、その人を否定することでその人の価値観を壊してしまうことを言います。

私たちは、強さの程度に差はあれど何らかの価値観を持っていて、その価値観で自分を支えて生きているという側面があります。
それは、世の中の多くのことにははっきりとした答えがない場合が多く、それに自分なりの答えをつけて生きていく必要があるため、価値観が必要となるからです。

育った環境や培った経験によっても違った価値観が養われていくのは、価値観が自分を支えるものであり、生きるための自己防衛として身につけているものでもあるからです。
そのため、その価値観を全否定されてしまうと、心の状態が不安定になり判断力も低下してしまうため、別の価値観を刷り込まれやすくなってしまうのです。

洗脳とマインドコントロールの違い

洗脳とマインドコントロールは、どちらも相手をコントロールしているという点では、2つは延長線上にあるものだという考え方もできますが、その大きな違いは相手の価値観を壊して自分の価値観を植え付けるという意思の強さです。

恋愛関係では、相手を洗脳するという気があるわけではなく、お金を払わせたいと思っていたり、自分から離れないようにしたいと無自覚に相手をコントロールしているケースがありますが、洗脳の場合は、どのように相手に働きかければ価値観を壊して言うことを聞かすことができるのかを自覚しているケースが多いという違いがあります。

カウンセリングの方法とカウンセラーからのお願い

冒頭でも書いている通り、洗脳やマインドコントロールに関する相談はご本人ではなく、ご家族からの依頼で始まることが多く、最初はご家族だけが相談に来られて、何度かのカウンセリングの後にご本人が来談されるという流れになります。

そこでご家族の方にお願いしたいのは、ご本人がカウンセリングを受けることをしっかりとサポートしてあげて欲しいということです。
洗脳やマインドコントロールを受けている人は、簡単にその相手のところに戻ろうとしてしまいます。

そのため、家族がその相手との壁となりつつ、本人にカウンセリングを継続させるという根気のいる取り組みが改善のために必要となるのです。

以下は、なぜカウンセリングで洗脳やマインドコントロールから解放されるのかという点について説明しています。

良い洗脳と悪い洗脳

実は、極論を言えば子育ても一種の洗脳です。
私たちは、生まれてから価値観も定まっていない時に親の影響を受けて価値観を養っています。
しかし、本来子育てにおける洗脳は、子供の人生がより良くなるために、子供が自立していけるように行うものであり、親と離れてもしっかりと人生を歩んでいけるという自信の支えとなる価値観を与えるもので、それは良い洗脳でなのです。

それに対して、自分の都合や利益のために、相手の価値観を否定して新たな価値観を植え付ける。
新たな価値観を受け付けて洗脳をしてきた相手がいないと不安になるようにして、その価値観と相手を手放せないようにする洗脳は身勝手で悪い洗脳です。

悪い洗脳を受けている人は、周囲の人から見たら本人の人生にとって決して良くない思考、行動をしていることがわかるのですが、本人はその価値観を
手放すことに提供を示すし、洗脳してきた相手を信じようとします。

カウンセリングは洗脳の上書き作業

極論を言えば、カウンセリングは洗脳をされている人をさらに洗脳し直して最初の洗脳から解放するための取り組みです。

ただ、最初の洗脳との大きな違いがあります。
恋愛関係や本人が師事する相手からの洗脳は、本人が自分で考える力を奪い、自分の言うことを聞かせようとする洗脳です。
カウンセリングで行う洗脳は、物事を自分の基準で考える力を身に着けて自分自身の幸せのために自分で判断して生きていくための洗脳です。

後者の洗脳は、結果的にカウンセラーから離れることを目指してもらいます。
自分の私利私欲のためにご本人を洗脳した人、マインドコントロールをした人から離れ、そして最終的にはカウンセラーからも離れることができるように
なればカウンセリングは卒業となります。

洗脳やマインドコントロールの相談に来られた方の中には、現在も何かの悩みが生じた時には相談に来るという形でカウンセリングを利用されている方は
おられますが、それも必要性を感じた上での自己判断ができている状態です。
そこまで進めば一安心だと言えます。

ご家族が洗脳、もしくはマインドコントロールをされているという場合は、まずはご家族からでもいいので相談にお越し下さい。

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ