なぜ、心が不安定かわからない

日常の生活の中で漠然とした不安や生き苦しさを抱えている人たちがいます。
またどうしても止められない行動がある人、他人と上手く人間関係を築くことが
できない人、体の凝りや疲れ、頭痛が取れないという人などがいます。
上記のような問題は、心の不安定さが表面化している可能性があります。

自分の心が不安定な理由ははっきりとわからないけど、ずっと不安定な気がする
という場合は、その原因は親子関係や家庭環境にある可能性があります。
子供の心の成長にとって問題のある家庭で育ち、心の歪みを抱えることになる
現象をアダルトチルドレンと言いますが、この記事を読んでいただいている方の
中にもアダルトチルドレンに当てはまる人がいるかもしれません。

もしかしたらアダルトチルドレンかもしれない

もし子供の頃や学生時代から、心が不安定になることが多いということで
この記事を読んでおられるのなら下記の項目が当てはまらないか確認してみて
下さい。
当てはまる項目が多いほど、アダルトチルドレンである可能性は高いと言えます。

アダルトチルドレンのチェックリスト
  • いつも何か原因のよくわからない生き苦しさを感じている
  • いつも同じようなパターンで人間関係が悪くなってしまう
  • 他人を信用できないが、でも自分は愛情をもっと受けたいと思っている
  • 子供に感情的に接してしまったり、すぐに叩くなど手をあげてしまう
  • パチンコ、アルコール、買い物、恋愛などへの依存傾向がある
  • いつも自分が悪い、自分はダメだと責めてしまう
  • ちょっとしたことでもすぐに傷ついてしまう
  • 他人に異常に攻撃的になったり、他人に批判的な感情が浮かぶ
  • 常に自分を犠牲にしないといけないと思っている
  • 生活の中でリラックスしたり、楽しむことが出来ない
  • 常に孤独感、疎外感を感じている

このような悩みを抱えている原因を自覚できている人もいますが、カウンセリング
で相談を受けている中では、原因はよくわからないけど、いつからか悩みや行動が
生じていたという方も少なくありません。
ただ、カウンセリングの中で話を進めていくと、その原因が幼少期からの親子関係
だということに辿り着く場合があります。

親子関係が心の歪みを作る理由

親子関係が心の不安定さや歪みを生み、アダルトチルドレンにつながるのか・・・。
それは、親子関係が人間の人格形成に大きな影響を与えるということ
人間の性格は環境を生き抜くための防衛戦略であるということが関係しています。

人間は、脳が未発達のまま生まれてくるので、親や祖父母などの養育者から受ける
影響によって脳がどのように成長するかが違いが生じます。
どんな家庭に生まれるかによって、脳がどのような刺激を受けるかという環境に
違いがあるのです。

そして、脳は受ける刺激によって発達の方向が違ってくるのですが、脳がもともと
持っている重要なプログラムは環境の中で生き抜くことであるため、強いストレス
を受ける環境、ストレスを受ける機会が多い環境だと、脳は自分を守るための働き
を強化しようとします。
例えば、ストレスの多い環境で育つ子供の脳は、下記のような強化の方法を無意識
に選択しています。

アダルトチルドレン5つのタイプ

アダルトチルドレンには5つのタイプがあるのですが、それらは子供にとって安心
することのできない家庭環境で育ち、環境に対する防衛手段として身に付いた癖が
強化されたものです。
まだ心が未発達なうちにストレスを受け続けて育つと、下記の5つの特徴のいずれ
かが強化されてしまうのです。

アダルトチルドレンの5つのタイプ

このような振る舞いは、ストレスが多いほど強化され、子供の人格の特徴として
形成されていきます。
そして、その特徴が強くなり、自分ではコントロールできないレベルになると、
本心を抑え込んででも無理な態度、行動を選択するようになるので、心にさまざま
な問題が生じてしまうのです。

 

アダルトチルドレンとは何か

親の影響によって、性格に過度な防衛パターンを持って育ち、大人になってからも
その防衛パターンが悩みや疲労の原因となってい現象をアダルトチルドレンといい
ます。

アダルトチルドレンという言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、これは
病名ではありませんし、1人の人間の変わることのない特徴を指す言葉でもあり
ません。
幼少期に養育者から受けた影響とその影響によって大人になってからも生き辛さを
抱えることになった状態のことを指す言葉です。

カウンセリングに来られる方は、アダルトチルドレンという言葉を知っていて、
自分がそうであると自覚している人も悩みは自覚しているがアダルトチルドレン
という言葉をカウンセリングに来るまで知らなかったという方もいます。

ただ、親子に対しては共通する認識を持っています。

  • 自分は親に愛されていなかった、愛情を十分に感じられなかった
  • 大人になっても親に優しさや思いやりを持って接することができない

アダルトチルドレンである人は、悩みと一緒に主に上記のどちらかの感覚を
抱えています。

アダルトチルドレンは、心の不調、人間関係の問題、仕事での問題など、
さまざまな問題につながっているので、自分はアダルトチルドレンかも知れない
という方は、カウンセリングで過去を見つめ直し、過去に受けた影響と現在を
切り離していくことが必要です。

アダルトチルドレンのカウンセリング

 

カウンセリングの予約|大阪のAXIA
カウンセリングは大阪のAXIAへ