アダルトチルドレンかを判断するための知識

アダルトチルドレンという状態の人がいるのではなく、アダルトチルドレンという心の病があるわけではありません。
アダルトチルドレンとは、心の病や人間関係の問題の原因になっている心の課題のようなものです。

自分はもしかしたらアダルトチルドレンかもしれないという方は、このページやサイト内の関連するページを読んでみて下さい。
知識をつけることは自分の心を守ることにもつながるので、ぜひ読んで頂ければと思います。

アダルトチルドレンに関するブログ記事

アダルトチルドレンという心の課題

アダルトチルドレンという心の課題を背負う人がいる原因は家庭環境です。
アダルトチルドレンは、過去の親子関係の感情体験が今現在にも影響していて、心の状態が安定にしにくい、感情が抑えられないことが多い、人間関係が上手く築けない、自分に自信が持てない、何事にもやる気がでないというような悩みを抱えておられる方が多いです。
このような場合、1人で考えて心の癖を弱めて乗り越えていくことは難しいです。

私たちカウンセラーが担当する相談の大半は親子関係が影響しています。
そのため、アダルトチルドレンに関する相談は自然と対応することが多くなるので経験も豊富になります。
『自分はアダルトチルドレンかも知れない』と思われる方は安心してご相談下さい。

自分の過去と向き合うカウンセリング

カウンセリングに来られる方には、過去の家庭環境から生じた悩みにより、現在も辛い思いをしておられるという方も少なくありません。
それを、ご本人が自覚している場合と自覚しておられない場合がありますが、原因がよくわからないイライラや不安、焦り、または息苦しさ、人から見捨てられるように感じる思い、対人恐怖、異常なほどの相手への依存などを抱えておられる場合もあります。

幼少期のからの家族関係が、現在の心の病や悩みに影響している心理的要因のことをアダルトチルドレンといいます。
ただ、似たような家庭環境でもアダルトチルドレンと言えるような思いを抱き育つ子供とそうでない子供がいます。

それには、子供の性格が大きく関係しているので、アダルトチルドレンという心理的要因によって悩みを抱えている人のカウンセリングは、その人の家庭環境がどうだったかという事実と、それをどう捉えているかという感覚を理解するためにも、しっかりと話を聴かせて頂く事が大切だと考えております。

自分の過去を話して頂く事で記憶や気持ちの整理をしていただく事や、新たに気付きによって現在が良くなっていくお手伝いをすることがカウンセラーの仕事です。
ただ、自分の過去を話すという事は、決して楽な事ではないので、話せそうな事からゆっくりと話して頂けるようカウンセリングを進めていきます。

生き苦しさ、辛さ、不安感や焦燥感など、いつも精神状態が不安定になりやすい方は、一度ご相談下さい。


カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ