生きることが辛いと感じる理由

世の中には、理由はわからないけど、生きることが辛いという感覚を抱えて生活をしている方がおられます。
その中には、負の感情が強くて人間関係や仕事も上手くいかないと生活に支障が出ている人もいれば、一見何の問題ないように生活しているけど心には生きることへの辛さを抱えているという人もいます。

カウンセリングの中で話を聴いていると、生きることの辛さのを抱えている背景には、アダルトチルドレンという問題があるというケースが少なくありません。
自分が抱えている心の問題の理由がわかることで、その問題に対処できると感じて人生が変わるということもあります。

自分の生きづらさの理由を知ることで、気持ちが楽になったり、自分の心への対処方法が分かるようになる人がいればと思いこの記事を書いています。

生きづらさという心のサイン

アダルトチルドレンとは、過去の養育者との関係の中で満たされないままの感情があり、その感情のコントロールが上手くできていないために生活の中でさまざまな問題につながっている状態のことを言います。

例えば、心が安定にしにくい、些細なことで感情的になってしまう、人の役に立つことをしていないと自分の価値がないと感じる、自分に自信が持てない、漠然とした生きづらさを持っている、などです。
生きづらさは、自分が抱えている心の特徴の偏りが生活に支障をきたしているというサインでもあるのです。

アダルトチルドレンだと自覚することは難しい

人間は家庭や職場などで生活するためには、他人との関係性をより良く保つために周囲とのバランスを取っていかなくてはなりません。
そのため、社会性や理性によって、周囲からの視線や評価を気にしたり、自分の本心を押さえたりしています。
また、そのようなことを親から教育されます。

人間が社会の中で生きていくための親からの教育というものは必要なのですが、親から子への関わり方によっては、自分の本心がどういう状態なのかということに無自覚になったり、常に本心より周囲に合わせることを優先してしまうようになります。
心が辛い、生きることが辛いと感じている方は、その傾向が非常に高いと言えます。