カウンセラーと合わない時は・・・

カウンセラーとの相性

カウンセリングを受けるのに、どのカウンセラーに相談をするのかという
ところは悩みどころです。
カウンセラーというのはお金をいただいているのなら、それは職業であり、
プロとしてのサービスを提供することになるので、クオリティは高めて
おかなければなりません。

しかし、その反面カウンセラーも人間なので、個人の持つ印象、雰囲気は
変えることができない部分もあります。

カウンセラーを見つける時、まずはカウンセリングを受ける前にホーム
ページのプロフィールを確認して、一人の人として会ってみたいと感じる
かどうかは、カウンセラーとの相性に関わるポイントになります。

その段階をクリアしたなら、実際にカウンセラーと会って話をしてみて
また会いたいと思えるかどうか、会いたいと思えるのなら相性はいいと
言えるのではないかと思います。

ただ、普通の人間関係と一緒で、最初は良かったけど何度も合っている
うちに疑問を感じたり、感情が落ち着かなくなるようになることもある
でしょう。

そんな時、別のカウンセラーを選んだ方が良いのか、それを判断する
ポイントについてお伝えしたいと思います。

 

別のカウンセラーを選んだ方が良い場合

  • 明らかに軽蔑、批判、攻撃だと感じる言動が繰り返される 
  • カウンセリング以外の時間に会いたいと言われる
  • カウンセリングルーム以外の場所で会いたいと言われる
  • 明らかにカウンセラーの愚痴や偏った考えを聴かされる
  • カウンセラーが体に触れようとしてくる

上記のような場合は、迷わず別のカウンセラーを探して下さい。
カウンセリングにはお金も時間もかかるので判断は早い方が良いでしょう。

 

カウンセラー安易に変えない方が良い場合

  • カウンセラーの言葉を悪くとらえてしまう 
  • カウンセラーの指摘やアドバイスが批判に感じてしまう
  • カウンセラーにお願いしたいことがあるが言いにくい
  • カウンセリングの方向性が見えない

 

上記のような場合は、カウンセラーを変えるのかどうかを再検討する余地
があります。
それは、決してカウンセラーを変えない方が良いということではなく、
カウンセラーに上記のことを突っ込んで話してから判断した方が良いと
いうことです。

カウンセリングは、解決の糸口が情報の積み重ねから見えてくることも
多いので、自分の本来の悩みだけでなく、カウンセリングの経過の中で
感じたことも話をして、その上でどのカウンセラーに相談するかを決めた
方が良いのです。

 

クライエントがカウンセラーとの対話の中で感じること、思うこと自体も
悩みを解決するための重要な要素です。
腕の良いいカウンセラーほど、クライエントのさまざまな訴えを悩みの
解決につなげていけるので、心の中にある感情や思考を遠慮せず出して
下さい。

上記の4つのポイントに当てはまる理由でカウンセラーを変えようと
思っている時は、なぜ自分がそう思っているのかをしっかりと洞察する
こと、その上でカウンセラーとしっかり話をした上でカウンセラーの
選び直しをして下さい。

 

カウンリングを受ける上で気をつけること

カウンセリングは、決められた時間、場所、人間関係などがあってこそ
カウンセラーとクライエントにとって安全、安心なものとなります。
そのため、カウンセリングのルールを破って、いつでもメールをして
返信を求めたり、急に相談の電話を掛けたりすることはしてはいけません。

もしルールを守らない行動をとっているのに、それを受け入れてくれ
ないカウンセラーが悪く、自分とは合わないと思ってしまっているので
あれば、どんなカウンセラーのカウンセリングを受けても悩みは解決
しないでしょう。

ルールを逸脱した行為を何でも受け入れて、いつでも相談に対応して
くれるカウンセラーがいて、そのカウンセラーへの相談を続けたら、
悩みが解決しないだけでなく、心に大きな負担を負うことになったり、
余計な費用を使うことになってしまうので、気を付けていただきたい
と思います。
 

カウンセリングとは何か  ・カウンセリングのルール       ・カウンセリングの効果
カウンセリングの副作用  ・病院とカウンセリングルームの違い  ・カウンセリングの卒業
無料カウンセリング

カウンセリングオフィスAXIAのトップページへ

カウンセリングの予約