話を聴きながら分析する力

人の心の悩みと、それに伴う症状は、いくつかの要因によって生み出されています。
カウンセリングでは、話を聴きながらその人の悩みが生み出されている要因を分析
する力がカウンセラーに求められます。
カウンセラーに悩みを生み出している要因を分析する力がなければ、アプローチも
適切に行うことができないため、悩みが解決に至りません。

まずは、何が悩みを生み出しているのかという知識を持ち、その知識を持って人の
話を聴く訓練をしてみて下さい。

悩みを生み出している要因

悩みは、何らかの刺激(きっかけ)を受けて発生するのですが、同じ刺激を受けた
からと言って同じ悩みを持ったり、同じ心理的ダメージを受けるわけではありません。
カウンセリングでは、話を聴きながらその人に起きた出来事とその人が持っている
要因が、どのように悩みにつながっているのか分析します。
その時にカウンセラーが話を聴いている時に意識している要因は下記のようなもの
です。

性格

生まれつき性格、狭義の性格、習慣的性格、役割的性格を見極め、悩みとの関係を
考える。

認知

認知に歪みがあると、感情、思考、行動、身体にも影響が生まれる。
クライエントの持っている認知に歪みがないか、歪みがあれば正すために何をする
必要があるのかを考える。

感情

クライエントが抱えている感情、抱えてきた感情、抑え込んでいる感情など、感情
を理解するように努める。

思考

思考が未熟な場合、ストレスに対処できないので、心の病になりやすい。
クライエントの思考パターンを知り、成長に導くことが大切。

行動

行動は、自らストレスを生む原因を作ることがある。
行動に問題があると人間関係が壊れたり、悩みが大きくなったり、健康にも支障が
出てくる。

身体

クライエントが感じている身体的な問題はないか注意して話を聴く。
ストレスは身体的な問題を生むこともある。
また身体的な疾患が、心の病を引き起こすこともある。

ストレスが生み出す3つの異常

カウンセリングの中で話を聴いていても、ストレスがあるという自覚がある人もいれば、
全く自覚がない人もいます。
明らかにストレスによって問題が生じているのに、それに自覚がある人とない人がいる
理由は、ストレスによって表れる異常には3つのタイプがあるからです。

精神の異常

感情が負の状態になり心に表れる異常

身体の異常

ストレスを我慢し続けた結果、体に表れる異常

行動の異常

ストレスに無自覚なため、行動日表れる異常

ストレスは、大きく分けると上記のような異常を生みます。
ストレスと3つの異常については下記に詳しく書いてあるので参照して下さい。

ストレスから身を守るための知識

カウンセラーはストレスと病の関係も知っておく必要があります。

ストレスが万病の元である理由

まとめ

カウンセリングは、心の病を作り出している要因やストレスがどのような異常を生み出すかを
わかっていないとクライエントの話の大切な部分を把握できず、必要なアプローチをしないと
いうことになってしまいます。

ただ、黙って話を聴くのはカウンセリングではありません。
専門知識を持って、クライエントの話を分析して悩みの解決につなげる聴き方をしつつ、話を
聴いてもらったクライエントに『話を聴いてもらってよかった』と感じてもらえる聴き方が
できてこそプロなのです。