万引きは止めることができる

AXIAには、依存症の相談が多いのですが、最近増えているのが、万引きを止めたい、
万引きを止めさせたいという相談です。
万引を止めたいということでカウンセリングに来られる方は、自分の意思で止めようと
努力したけど、何度か失敗している人が多いです。
しかし、それでも止めたいという思いがあるからこそ、カウンセリングという手段に
たどり着いて相談に来られているため、私達もその思いに応えるべくカウンセリングを
行っています。

万引を止めたいという方、家族が万引きをしていて止めさせたいという方は、相談に
来ていただけばと思います。

万引は窃取癖という心の病気

万引きに関する相談は、子供から大人まで幅広い人から寄せられます。
年齢が高い人ほど、長い間万引きを繰り返してきた回数が多く、止めようと思っても
止められないという体験をしています。

なぜ万引きを自分の意思で止めることが難しいかというと、万引きが窃取症という
心の病だからです。
窃取症は、別名クレプトマニアとも呼ばれている依存症の1つです。
物を盗るという行為に依存している状態です。

自分の意思で止めることが難しいことが依存症だと言える理由の一つなのですが、
適切な努力をすれば止めることに成功した人がいるとも言えます。

万引きが止められないという悩み

倫理的や道徳的な観点から万引きをすることは良くないのは当然なのですが、
万引きをするメリットとデメリットを比較しても、普通ならデメリットが大きいと
わかっているので多くの人はしません。
しかし、万引きが止められなくなっている人は、このメリットとデメリットを比較
する感覚がおかしくなっているので、何度でも繰り返してしまうのです。
これが依存症の怖さなのです。

万引きを止めるためにカウンセリングを受けておられる方の中には、常習の人だけ
でなく、1、2回万引きをしてしまったという人も増えました。
これは、依存症のメカニズムから考えても非常に良いことです。
万引きを何度も繰り返すことによって、脳内の依存症の回路が強くなる前に相談に
来て頂けた方が、万引きという依存行為の克服の可能性は高いからです。

万引きは依存症の1つでもあり、窃盗癖(クレプトマニア)の1つです。
依存症という点では、ギャンブル依存、買い物依存、性嗜癖などと根本的な
メカニズムは同じです。
万引きをしてしまっている人、万引きをしている人が身近にいるという人は、
その深刻さをよく理解してカウンセリングを受けて頂きたいと思います。

 

万引きを止めるためのカウンセリング

依存症の改善は、依存行動が後悔や反省の念、止めたいという思いで止まって
いる間に根本的な心理的原因や行動の改善にアプローチする方法がカウンセリング
です。

どのような依存症も、ご本人の意思や家族や社会の制約の中で一定期間は止まる
ことがあります。
依存症を改善するためにカウンセリングを受けに来られている方は、依存行為
を一時的に止めている状態です。
カウンセリングでは、その状態の時にストレスの緩和、心理的作用の軽減など
を行って依存行為を行う必要性を根本から無くすことを目指します。
また、多少依存行動をしたい衝動が生じても、気持ちを切り替える手段を身に
つけて頂くための時間がカウンセリングでもあります。

表面的に万引き行為を止めていることは、もう改善したとご本人もご家族も
勘違いしてしまうことが多いのですが、本当の改善とは依存症の心理的作用を
抑えることと衝動をコントロールする方法を身につけておくことが必要です。

依存症は、さまざまな種類がありますが万引きに関しては、比較的改善率が
高いとカウンセリングの実績の中で感じています。
ご自身、もしくはご家族が万引きを繰り返しているという方は、その状態を
放置せずカウンセリングを受けて下さい。

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA