心の悩みを解決するためのアプローチ

カウンセリングは、内容は違えど悩みを解決したいというクライエントの目的と悩み
の解決と同時に同じに悩みに対する提供力を養ってもらいたいというカウンセラーの
目的を達成するためにさまざまな観点からアプローチをしていきます。
この記事は、カウンセリングの中で行われているアプローチについていくつかの観点
から説明しています。

カウンセリングの焦点とアプローチ方法

カウンセリングは、相談内容、人、カウンセリングの経過などによってアプローチを
すべき焦点は違ってきます。
そのため、カウンセラーはさまざまな焦点に対してアプローチができる力を養って
おく必要があります。
下記では、カウンセリングの中でアプローチすべき焦点と方法を紹介しています。

過去に焦点を当てる
精神分析療法、内観療法

現在に焦点を当てる
アサーション、認知行動療法、森田療法

未来に焦点を当てる
解決思考アプローチ

性格に焦点を当てる
エニアグラム、エゴグラム

行動に焦点を当てる
NLP、森田療法、認知行動療法

思考に焦点を当てる
NLP、論理療法

家族関係に焦点を当てる
家族療法

カウンセリングの中でのアプローチ方法

AXIAでは、基本的には心理療法やその他アプローチ方法は、カウンセリングの中で
自然と活用するものだと考えています。

クライエントに話をすることで何かを感じてもらうため、自分が何かを感じ気づき
を得ることができたことが悩みの解決につながっていったという認識をもってもらう
ためにも、カウンセラーが特殊な方法で悩みを解決したという風に思われないことが
大切だと考えています。

そのため、カウンセリングの中では会話の展開を考慮して、応答技法を行いつつ
自然と話の焦点をコントロールしていくようにしています。
そして、その中で必要だと感じる心理的なアプローチを試みます。

焦点を当てるべきものにあて、解決につながるアプローチをするために心理療法に
ついて無知ではいけませんが、クライエントの話をしっかりと聴かずにカウンセラー
が一方的に良いと思っている心理療法を行っても良くなりません。
カウンセラーは心理療法を学んだとしても、それに囚われては良いカウンセリングは
できないため、焦点と心理療法やその他アプローチの関係をよく理解してカウンセ
リングを行うことが大切です。