心の健康を保つカウンセラーの知識

カウンセラーは、心の健康状態が悪くなっている人の相談を受けることが多い仕事
です。
心の病だけでなく、ストレスによる不調や行動の異常などの悩みを抱えた方が改善
していく過程で、実生活の中での自己管理として心を健康にする知識を提示でき
なければなりません。

「自分は過去に心を病んでいたから、同じような境遇の人の気持ちがわかるから
カウンセリングをしている」
というカウンセラーがいますが、カウンセラーにとって大切なのは良い心の状態
を保つための正しい知識を持っていることです。

クライエントの悩みを理解するということは、自分の体験と重ね合わせることでは
なく、クライエントの境遇を想像することです。
そして、想像の先には、どうすればこの人の悩みが改善できるのかという方法の
イメージがあります。

そのイメージに基づいて提案できる知識がなければ、適切な改善の方向性を示して
あげることはできません。

このページでは、カウンセラーの助言として使える休養の知識についてまとめて
います。
心を癒す方法と一緒に読んで、カウンセリングに活かして下さい。

悩みを抱えている人にも役立つ知識

下記に紹介している内容は、心を健康にするために知識です。
カウンセラーはもちろん、ストレスや心の不調を抱えてこのサイトを見ておられる
方にも参考になる内容です。

自分の心を癒すためには、休養する時間が必要なのですが、休養の仕方は大きく
分けると2つあります。
それが積極的休養と消極的休養です。
まずは、その2つの休養の違いについて説明します。

ストレスケアのための積極的休養

ストレスのケアということで重要なのは、気持ちを切り替えること、体を休める
ことです。
気持ちを切り替えるというのは、仕事などの日常から意識を別のことに移して、
日常から心を離すことなのですが、これは自分の好きなことに集中する時間を
持つことがおすすめの方法です。

好きなことというのは夢中になれるし、夢中になるということは遊び心でそれに
打ち込むことができるので、日常から心を離しやすいのです。
世の中には趣味がないという方もおられますが、趣味のない方はストレスに対し
無防備であるということが言えます。

自分の過去を振り返ったりしながら、自分が夢中になれることで現在の生活の中
でも継続できそうなことを趣味として取り入れて頂きたいと思います。
そういうものが上手く見つからないという方は、それをカウンセラーに相談して
いただければ一緒に考えてくれるでしょう。

自分の心を日常から離してストレスを緩和する方法を積極的休養と言います。
体を完全に休めることも大切ですが、時には楽しいという気持ちに浸って過ごす
時間を自分に与えてあげることも、重要なストレスケアの取り組みなのです。

ストレスケアのための消極的休養

消極的休養というのは、体を休めることで、ダラダラした時間を過ごす、睡眠
をとって体の疲れをとることです。
積極的休養による気分転換も大切なのですが、それと同じくらい体を休めること
も必要で、積極的休養と消極的休養のバランスを取り、うまく組み合わせて休養
をとることが理想的です。

積極的休養により、好きなことに夢中になると気分転換だけでなく、神経を意図的
に高めることになりますが、そうした後に消極的休養という体をしっかり休める
ことをすると、何もしないでただダラダラしたり、睡眠を取るよりも疲労回復効果
が高いと言われています。

積極的休養で、楽しみの中でほどほどに体を疲れさせて、その後にゆっくりと
休むのが、理想の休日の過ごし方なのです。
休みの度にそんな生活ができるわけではないと思いますが、意図的にそういう時間
を持つようにするだけでもストレスは緩和されます。

悩みを抱えている人にも役立つ知識

下記に紹介している内容は、心を健康にするために知識です。
カウンセラーはもちろん、ストレスや心の不調を抱えてこのサイトを見ておられる
方にも参考になる内容です。

自分の心を癒すためには、休養する時間が必要なのですが、休養の仕方は大きく
分けると2つあります。

それが積極的休養と消極的休養です。
まずは、その2つの休養の違いについて説明します。

ストレスケアのための積極的休養

ストレスのケアということで重要なのは、気持ちを切り替えること、体を休める
ことです。
気持ちを切り替えるというのは、仕事などの日常から意識を別のことに移して、
日常から心を離すことなのですが、これは自分の好きなことに集中する時間を
持つことがおすすめの方法です。

好きなことというのは夢中になれるし、夢中になるということは遊び心でそれに
打ち込むことができるので、日常から心を離しやすいのです。
世の中には趣味がないという方もおられますが、趣味のない方はストレスに対し
無防備であるということが言えます。

自分の過去を振り返ったりしながら、自分が夢中になれることで現在の生活の中
でも継続できそうなことを趣味として取り入れて頂きたいと思います。
そういうものが上手く見つからないという方は、それをカウンセラーに相談して
いただければ一緒に考えてくれるでしょう。

自分の心を日常から離してストレスを緩和する方法を積極的休養と言います。
体を完全に休めることも大切ですが、時には楽しいという気持ちに浸って過ごす
時間を自分に与えてあげることも、重要なストレスケアの取り組みなのです。

ストレスケアのための消極的休養

消極的休養というのは、体を休めることで、ダラダラした時間を過ごす、睡眠
をとって体の疲れをとることです。
積極的休養による気分転換も大切なのですが、それと同じくらい体を休めること
も必要で、積極的休養と消極的休養のバランスを取り、うまく組み合わせて休養
をとることが理想的です。

積極的休養により、好きなことに夢中になると気分転換だけでなく、神経を意図的
に高めることになりますが、そうした後に消極的休養という体をしっかり休める
ことをすると、何もしないでただダラダラしたり、睡眠を取るよりも疲労回復効果
が高いと言われています。

積極的休養で、楽しみの中でほどほどに体を疲れさせて、その後にゆっくりと
休むのが、理想の休日の過ごし方なのです。
休みの度にそんな生活ができるわけではないと思いますが、意図的にそういう時間
を持つようにするだけでもストレスは緩和されます。

心を癒す方法とは