HSPの人は対人恐怖症になりやすい

対人恐怖症という悩みを抱えてカウンセリングを受ける人の中には、HSPの人が少なく
ありません。
HSPは、身に付いた考え方や価値観と混ざることによって対人恐怖症になりやすい特徴
がたくさんあります。

情報や刺激に対する敏感さは、周囲からの視線や思いの感じやすさです。
HSPの人は、生活をしている中でHSPでない人に比べると他人のしぐさや視線などに
気づきやすい可能性があり、他の人よりも多くの刺激の中で生活していると考えられます。

他人より多くの刺激を感じているだけで対人恐怖症になるわけではありませんが、そこに
下記で説明するような条件が加わることで
『他人の視線が怖い』、『自分は嫌われているかもしれない』
という自意識が芽生えるようになり対人恐怖症につながっているのではなかと感じます。

他人に対する不安、疑心を強くする固定観念

HSPの人は、他人からの影響を受けやすいという特徴を持っているため、自分が育った
家庭環境から受ける刺激にも他人への不安や疑いが強くなることがあります。

例えば、両親が他の人のことを疑ったり、否定したりする発言をすることが多い場合は、
それを聴いて育った子供は、『他人は警戒すべき存在だ』という固定観念が強くなって
しまう可能性があります。

家庭の中で他人を疑う会話、他人の批判をする会話、他人の問題点を指摘する会話など
が中心になってしまうと世の中の人は怖いと思うようになることがあります。
このようにして自分の外側に他人を警戒するべき理由を作ってしまうと対人恐怖症になる
可能性が高くなってしまうのです。

自己肯定感を弱くする親子関係

他人を警戒する気持ちが強くなり、自分の外側に対して警戒する理由を刷り込まれて成長
することも対人恐怖症になる要素ですが、自分の内側に対人恐怖症になる理由が作られて
しまうこともあります。

『バカ(アホ)』、『こんなこともできないのか』、『よその子に比べて・・・』、
『あなたにできるはずがない』、ということを親から言われ続けて育つと、その人の中で
自分を評価する基準が上記のような視点になってしまいます。

自分の心の中に他人から批判た否定をされるのは当然だと思うような自己意識が育って
しまうと他人の視線や表情、しぐさの理由が、自分の問題点にあると思ってしまうように
なってしまいます。
自分は人から非難や否定をされるはずだという認識で生活していると、生活の中で他人を
警戒する感覚が強くなってしまいます。

誰でも自分のことを否定されながら育ったら自己肯定感が上手く築かれないということが
おきますが、HSPの人の場合は親から受けた言葉がくっきりと自己意識として形成されて
しまう点が対人恐怖症になりやすい要素のように思います。

対人恐怖症がHSPであることを特性を教えてくれた

ある意味、HSPと対人恐怖症は親和性が高いのですが、自分は対人恐怖症かもしれないと
感じてカウンセリングを受けに来られる人は、それがきっかけで自分がHSPであることを
知るということが多いです。

自分がHSPであることを知ることで、これまで抱えていた生きづらさの理由がわかって
気持ちが楽になるという人も少なくありません。
また自分がHSPだと思うことで、自分をコントロールするヒントが見つかって心理状態
が安定するようになったという人もいます。

カウンセリングで対人恐怖症への認識を正す

カウンセリングで大切にしていることは、『HSP = 対人恐怖症』ではないということ
を認識していただくことです。

HSPである特性は生まれ持って身につけているものですが、他人や社会への固定観念、
自己意識は生まれてから身に付いている部分が多いので、自分の努力で変えることが
できる部分と変えることができない部分を整理して対人恐怖症の克服を目指すことが
大切です。

カウンセリングがきっかけで自分がHSPであることを知り、自分が抱えている悩みを
分析できるようになることは、対人恐怖症を克服するためには有益な経過です。

HSPに関するコンテンツ

HSPの相談ができるカウンセリング|大阪のAXIA