薬物が止められない2つの理由

ニュースで芸能人、有名人の薬物依存が取り上げられることが多いのですが、絶え間
なく誰かが薬物所持や使用で逮捕されたと報道されていることからも薬物依存症の
怖さを感じさせられます。

依存性薬物と言われるものは、服用すると精神依存や身体依存が生じます。
そのため、いつか止めなければならないと思っていても心や体が薬物を欲してしまう
ため止めることができないのです。

ちなみに精神依存とは、止めなければならないとわかっていても止められない状態、
自分によって害だと感じていても薬物を使用してしまう、薬物使用へのツよ欲求が
あるという状態です。
身体依存は、薬物の使用、減薬や断薬によって離脱症候群が表れます。
その症状は使用薬物によって違いがあります。
身体依存があると、離脱症状を抑えるためにまた薬物を使用してしまいます。

さらに依存症の人は、否認の心理というものも強いため、
『いざとなればいつでも止められる』、『自分は逮捕されないだろう』と
現実を認めずに都合の良い考えをしやすい傾向があります。

薬物の依存性と依存の心理から、あれだけニュースで薬物所持や使用で誰かが逮捕
されても薬物を断つことができずに逮捕されるまで続けてしまうのです。

薬物が止められない理由には、薬物が持つ依存性と依存症の人の中で
強くなっていく否認の心理があるからです。

 

薬物の種類と依存

依存性のある薬物はたくさんあります。
そのすべてが麻薬に該当するわけではありません。
麻薬と言われている薬物は下記のとおりです。

麻薬と呼ばれている薬物

アヘン、ヘロイン、コカイン、モルヒネ、MDMA、LSDなどが麻薬と呼ばれています。
麻薬は麻薬及び向精神薬取締法で規制されています。
大麻や覚せい剤は、麻薬には含まれず、大麻は大麻取締法、覚せい剤は覚せい剤取締法
によって規制されています。

精神依存を引き起こす薬物

モルヒネ、ヘロイン、コカイン、MDMA、LSD、大麻、マリファナ、覚せい剤
などです。
実は精神科や心療内科で処方されている薬も精神依存を引き起こす成分が入って
いますが、お医者さんは病気を改善する効果と精神依存を引き起こす効果の
バランスを調整して薬を出してくれます。

身体依存を引き起こす薬物

モルヒネ、ヘロイン、MDMAなどは身体依存も生じます。
違法でないものでは、ニコチンやアルコールも身体依存になる依存性薬物です。
これらは精神依存も生じます。
心の病の薬も身体症状を引き起こす成分が入っています。

 

耐性という薬物が持つ怖い特徴

依存性薬物には耐性という特徴があります。
耐性とは、薬物を繰り返し使用することによって、薬物から得られる効果が弱く
なっていくため、同じ効果を得るにはより多くの薬物を使用しなければならなく
なるという特徴です。

薬物依存症の人は、薬物を使い始めたころに使用していた量では満足することが
できずに使用料が増え、どんどん心も体も害していってしまうのです。

違法薬物は、依存性、耐性ともに強く、使い始めると自分によって害があると
感じたり、周囲から様子がおかしいと言われても止めることができなくなって
しまう怖さがあります。
そのため、絶対に手を出さないということが肝心です。
人生の中で薬物使用を進められるような機会があったとしても、強い意志を持ち
絶対に使用しないという決断をして下さい。

補足

違法薬物ほどではありませんが、心の病の薬にも耐性があり、精神依存、身体依存
を引き起こす効果もあるので、精神科や心療内科に通っておられる方は、薬の服用
はお医者さんの指示をしっかりと守って行って下さい。

お医者さんの指示を守っているのに、なかなか症状が良くならない、副作用が強い
ため辛いという方は、セカンドオピニオンを使用して下さい。

 

カウンセリングの予約|大阪のAXIA
カウンセリングは大阪のAXIAへ