カウンセリングで転職を成功させた事例

さまざまな理由で転職を考えている人がカウンセリングを利用されています。
最初から転職について相談をしたいということでカウンセリングを受けに来る人も
いれば、別の悩みを相談に来た中で転職という課題が生じたというケースもあります。
下記は、これまで対応した中で比較的多い転職に関するキャリアカウンセリングの
テーマです。

転職相談のテーマ
  1. これまでの仕事の経験を活かしてキャリアアップしたい
  2. 職場の人間関係が悪いので転職したい
  3. 仕事とプライベートのバランスを見直したい
  4. 事情があって会社を止めなければならなくなった。

以下では、テーマごとに事例を紹介しています。
事例は、個人情報を守るため、職業や細かい転職までの流れなどの詳しい情報は省いて
紹介しています。

1.キャリアアップを希望するAさんの事例

これまでの仕事の経験を活かして、より良い立場、より良い給料を求めた転職の相談。
このケースは、過去の実績を整理して、応募する企業の性質に対してどのようにアピール
することが効果的かを話しました。

1つの会社で中間管理職まで上り詰めた方の話だったので、次も管理職として力を発揮
できる会社を探して応募しようとしているが、転職のためにも新しい会社で力を発揮する
ためにもこの機会にキャリアカウンセリングを受けたいという依頼だったので、これまで
の成果とその裏付けとなる能力の言語化ができるように自己洞察を深めるカウンセリング
を行いました。

このケースは、企業側からは求められる人材だったので、どこに応募するかということを
慎重に検討して話を進めました。

2.職場の人間関係に悩むBさんの事例

    Bさんのケースは、転職の相談ではなく人間関係の悩みとして相談から始まりました。
    話を聴くと職場の上司もその企業の体質も一人の社員が働き方を工夫したり、接し方を
    変えたりすることによって解決できる悩みではなかったため、カウンセリングを進めて
    行く中で転職という選択肢が出てきました。

    そのタイミングでは、Bさんの仕事内容、仕事に関する意識、能力などはある程度は
    把握することが出来ていたので、どんな業界、どんな業種に転職を試みるかを話し合い、
    履歴書の作成や面接へのアドバイスなどを行って、最終的に転職することができました。
    その後は、新しい職場で頑張っておられるようです。
    このように人間関係の相談から転職の話につながっていくケースは少なくありません。

    職場の人間関係の悩みでも、最初から転職を決断して相談に来られるケースもあります。
    その場合は、キャリアコンサルティングからのスタートを希望されることが多いです。

    3.ライフワークバランスを考え直したいという事例

      仕事とプライベートのバランスを見直すための転職の相談は、職場の悩みの相談から
      始まるケースもあれば、最初から転職を意識した形で相談が始まるケースがあります。

      前者は、仕事の負荷からストレスが溜まり、健康状態が悪くなってカウンセリングを
      受けて、話を進めていくうちに転職という選択肢を考えるようになるという流れです。
      このようなケースは、転職をしなくても悩みが解決する場合も多いのですが、職場の
      体質や上司の方針によっては、転職を考えた方が良い場合もあります。

      後者は、自分の人生設計について仕事とプライベートのバランスについては自分で
      考えた結果、転職という決断をした状態でカウンセリングを受けるという流れです。
      このようなケースは、最初からキャリアコンサルタントが担当するカウンセリングを
      行っていきます。

      ライフワークバランスを見直すことによって精神的なゆとりが生まれたり、人間関係に
      変化が生まれて人生が充実したという報告を受けています。

      4.会社を辞めなければならなくなった人たちの事例

        会社を辞めなければならなくなった人たちの転職相談については、人によって違う事情
        があります。
        うつ病やパニック障害などのメンタル不全、会社や上司の方針と合わないので辞めると
        決意した、会社のお金を横領したり、万引きや性犯罪をしてしまったという犯罪をした
        ことにより退職しなければならなくなったなど、人によって事情はさまざまです。

        メンタル不全や会社や上司と合わないという理由で止めるケースは、上記の2、3の
        事例と重なるところも多いのですが、特殊なのは犯罪が事情となっているケースです。
        犯罪をしたことによって転職しなければならなくなったケースは、同じ過ちを繰り返さ
        ないためのカウンセリングを行いつつ、転職についての準備を進めていくという流れ
        になります。

        このケースで転職することができ、今は新しい会社で周囲の信頼を得て働いている人
        もたくさんおられます。

        転職に関するカウンセリングの流れ

        キャリアカウンセリングは、最初から転職の相談を希望される方もいれば、相談の中で
        転職の話になる方もおられます。
        最初から転職を希望する場合は、キャリアカウンセリングとして相談に来てください。

        キャリアコンサルタントによる転職に特化したカウンセリングを行います。

        相談をしている途中から転職の相談の必要性が生じた場合は、担当しているカウンセラー
        のままで転職の相談を続けるのか、それとも転職の関する部分だけキャリアコンサルタント
        に相談をするのか選んでいただけます。

        キャリアコンサルタントのよるキャリアカウンセリングの場合のみ可能なサポートは
        ジョブカードの作成です。
        転職や転職後の働き方の指針となる自己分析をジョブカードという用紙に記載します。
        手元に文章化された自己分析の情報が残るので、履歴書の作成や面接にも役立てること
        ができます。

        転職活動に不安があるという方、働くという点においての自己分析をしっかりとしたい
        という方には、ジョブカードの作成も含めたキャリアカウンセリングを提案しています。

        キャリアカウンセリングに関するコンテンツ

        転職の相談・キャリアカウンセリング|大阪のAXIA