学校でいじめが起きる原理

学校でいじめが始まる理由はいろいろあると思いますが、今回は仲良しグループ
からいじめが生まれる原理について説明したいと思います。

学校生活の中で、下記のような体験をしたこと、クラスで下記のようなことが
起きていたことははありませんか?

 

3者関係の葛藤がいじめの始まり

AはBと仲がいい、AはCと仲がいい、BはCと仲がいいという3人グループが
あって、その中である日を境にAさんがBさんに不満を持つようになります。
そして、その不満をCさんに話すようになりました。
何度もAさんからBさんの不満を聴き続けているCさんは、Aさんのことは好き
出し、Bさんにも不満はなかったけど、Aさんとの関係を維持するためには同調
した方がいいと無意識に感じてしまい、いつの間にかCさんもBさんに不満を
持つようになってしまいました。

AさんとBさんの間には、Aさんが不満を感じる出来事があったのは事実ですが、
BさんとCさんの間には、CさんがBさんに不満を持つような出来事は起きて
いません。
しかし、仲の良いAさんから、Bさんへの不満を聴き続けていると、いつの間
にかCさんもBさんへの不満を持つようになってしまったのです。

 

バランス理論

バランス理論とは、対人関係において3人以上の関係性において、3人の間の
認知関係のバランスを保とうとする人間の心理が生じるという理論です。

もともと3人はお互いに友好的な感情を持っていたので、3者関係はバランス
が取れていたのですが、Cさんにとっては、AさんともBさんとも仲が良いが、
AさんとBさんの関係は悪化しているという状態では、AさんとCさんは仲が
良いのに、Bさんに対しては異なる感情を持っていることになるので、Cさん
はAさんと同じような感情をBさんに向けた方が、Aさんとの関係は安定する
ため、3者関係のバランスを取るためにCさんはBさんに不満を抱くように
なるのです。

バランス理論からいじめへ

2人の人が、1人の人に不満を抱き、その思うを共有することによって不満
は正当化されながら大きくなっていきます。
本来は、AさんとBさんが話し合えば収まる不満だったとしても正当化され、
大きくなってしまうと、不満が無視、陰口、仲間外れという行動に形を変え
てしまいます。

自分達の不満が正当化してしまうと、自分達の行動まで正当化してしまう
ようになり、いじめという自覚なくいじめが始まってしまうのです。

そして、この状態からクラスメイトをどんどん巻き込んでいくようなことに
なると、Bさんはクラス全体からいじめられるという状態になってしまう
恐れがあります。

 

仲良しグループからいじめを生まないためには

仲良しグループの中でいじめを生まないためには、上記のAさんがBさんに
不満を持つようになり、その不満をCさんに話すようになった時のCさん
の態度が重要になります。

Aさんとも仲良くしたいCさんは、ついAさんに同調してしまいがちになる
のですが、Aさんが持っている感情はあくまでAさんのものであり、自分の
感情ではないと自覚しながら、Aさんに共感はしても同調はしないように
話を聴いてあげることが大切です。

いじめを生まないための共感力

共感は、Aさんの思いを感じながら、理解できるということを態度によって
示すことです。
そして、Aさんの気持ちが共感してもらったことで鎮まることが理想です。
それに対して同調は、Aさんの感情に合わせて、自分の感情も高揚させたり、
同じ意見だと伝えてしまうことです。

人間は、身近な人の感情に自分の感情が引きずられやすいので、同調では
なく、共感しながら話を聴くことは難しいのですが、いじめが生まれる原理
を頭の片隅に入れておいて、自分にも同じようなシュチエーションがやって
きたら、共感を意識して不満を持っている人の話を聴いてあげて欲しいと
思います。
その心掛けと行動がいじめを生まないための大切な取り組みです。
 
カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA